離島防衛に新戦力 
F-35B導入へ 搭載はいずも改修

「空母」運用機を本格検討
短距離離陸のF35B導入
F35B,ハリアー,ステルス,VTOL,空自,海自,護衛艦,空母,戦闘機,離島,

防衛省が将来的に海上自衛隊のヘリコプター
搭載型護衛艦で運用することも視野に、
短距離で離陸できるF35B戦闘機の導入を
本格的に検討していることが24日、
政府関係者への取材で分かった。

既に導入を決めた空軍仕様のF35A計42機の
一部をB型に変更する案、別に追加購入する案
があり、来年後半に見直す「防衛計画の大綱」に
盛り込むことも想定している/共同より一部抜粋

護衛艦「いずも」空母化離島防衛の拠点に
F35B,ハリアー,ステルス,VTOL,空自,海自,護衛艦,空母,戦闘機,離島,

 政府は、海上自衛隊最大級の護衛艦「いずも」を、
戦闘機の離着艦が可能となる空母に改修する方向で
検討に入った。 

2020年代初頭の運用開始を目指す。
攻撃型空母は保有できないとする政府見解は維持
し離島防衛用の補給拠点など防御目的で活用する。
米軍のF35B戦闘機の運用を想定しており、
日米連携を強化することで北朝鮮や中国の脅威に
備える狙いがある。 

複数の政府関係者が明らかにした。
いずもは広い甲板を持つ空母に似た形状の護衛艦で、
全長248m満載排水量約2万6000t
空母化すれば、F35Bを約10機搭載
できる見通しだ。 
改修では、F35Bのジェットエンジンが
発する熱に耐えられるように甲板の耐熱性を上げる。
yomiuriより一部抜粋

これは良い知らせが年末に入ってきました
大和タケル

F-35A型に続き B型も導入する動きが出てきました
B型は第五世代のステルスS/VTOL機で導入すれば
日本の防衛にもかなり幅がでてくるでしょう

離島防衛にはもってこい
F35B,ハリアー,ステルス,VTOL,空自,海自,護衛艦,空母,戦闘機,離島,
現在 尖閣や沖縄等の離島が近隣国との
摩擦の原因となっていますが 沖縄はともかく
離島に展開するには整った滑走路等が少なく
そうした場合でもS/VTOLのF-35B型なら 
ある程度は展開しやすいこともあります 

F35B,ハリアー,ステルス,VTOL,空自,海自,護衛艦,空母,戦闘機,離島,
実際にフォークランド紛争での英国の勝因の
1つに初代S/VTOL機のハリアーの活躍が挙げられます
(ちなみに同紛争でハリアーは自損以外の損害 
つまり被撃墜はゼロだった)

性能以外にも手に入る大きな物
F35B,ハリアー,ステルス,VTOL,空自,海自,護衛艦,空母,戦闘機,離島,
こんなにかっこいいのにほとんど飛ばなかった
Xシリーズきっての困ったちゃん XFV-12


こうした固定翼のS/VTOL機に関しては 
日本は開発も運用も経験が無いジャンルです
(STOLだけなら 飛鳥などがある)

F35B,ハリアー,ステルス,VTOL,空自,海自,護衛艦,空母,戦闘機,離島,
二重反転ターボプロップ搭載のポゴ
搭乗には はしごを使う


あの航空大国アメリカでさえ戦後すぐに開発を
始めてコンベアXFY-1ポゴやロックウェルXFV-12 

F35B,ハリアー,ステルス,VTOL,空自,海自,護衛艦,空母,戦闘機,離島,
よせあつめパーツのテスト機としてはいい結果を
残したX-14 通称 豚鼻さん

ベルX-14といった珍機迷機を多数送り出した挙句 
失敗を繰り返しその結局 実用に耐える機体は
ハリアーの出現まで待たなければなりませんでした

それがF-35Bを導入できれば一気に最先端の機体を
運用できるわけで 

とりあえず いずも改修
F-35Bと護衛艦改修が続けざまに入ってきました
いずもでの対応はこれまで疑問視する声が多く
耐熱甲板はともかく スキージャンプ台が難しいなど
欠点もかなりあると自分も思っていました
こう一転して話が進むとは 切迫した事情がうかがわれます
(もっとも記事中にある攻撃型空母という表現は
あまり意味が無いです)

また予算的にはA型は退役するF-4後継であって
きっちりと査定済なので減らすのはちょっとどうでしょうか?






おおすみ型も輸送艦から揚陸目的の護衛艦に改修されましたが
思うに この改修型は戦後のブランクを埋めるための
ステップであり 次には初めから運用を想定した
本格的な固定翼機搭載護衛艦が登場する可能性があるでしょう

そこで別途ですが 部隊運用となれば当然パイロット
整備 補給等が必要となります

この第五世代機をジェット戦闘機の運用経験の無い
海自がいきなり行うのはどうかと思われますし
このへんの割り振りも注目でしょう

さらに将来的可能性
F35B,ハリアー,ステルス,VTOL,空自,海自,護衛艦,空母,戦闘機,離島,F35,Harrier,Stealth,VTOL,Fighter,JASDF,JMSDF,LightningII,
いずもの次の26DDH等では もっと可能性がでてきます
整備ハンガーから スキージャンプ台まで持った
固定翼機対応型護衛艦です
ちょっと想像図も作ってみました
ここでは仮に"あかぎ"としておきましょう

強力な空母群を擁する米海軍も最近は太平洋や
南シナ海、中近東と哨戒が増える一方で 
先の衝突事故でも人員と錬度の両方が足りないこと
認めています

F35B,ハリアー,ステルス,VTOL,空自,海自,護衛艦,空母,戦闘機,離島,
そこで日本がこうした艦船を持てば 例えば
米軍のFA-18隊が空爆ミッションに集中している間は
NIFCAでリンクした日本側のF-35B隊が空母群の
エスコートをするといった お助けミッションも
できるようになる可能性があります


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system