日本、マレーシアにP3-C供与など
ASEAN支援 米軍防護も実施 

哨戒機 マレーシアに無償供与へ 
 マレーシア,P3-C,供与,インドネシア,海洋レーダー,スシ海洋相,武器等防護,米艦防護,B-1,F-2,F-15

政府は海上自衛隊のP3Cのうち、使わなくなった
中古品をマレーシアに無償で供与する方針だ。
発展途上国に防衛装備品を無償供与できるようにする
法改正後に実施する。南シナ海での同国の監視能力の
向上を後押しし、海洋進出する中国をけん制する狙いだ。
サンケイ等より

インドネシアへは海洋レーダー
マレーシア,P3-C,供与,インドネシア,海洋レーダー,スシ海洋相,武器等防護,米艦防護,B-1,F-2,F-15
海域監視レーダーシステム

違法漁船の監視、取り締まりを強化するため、
海洋水産省が日本メーカー製海洋レーダーの
設置を検討している。

日本政府の無償支援で設置を実現したい考えだが、
レーダーは1基200万ドルと高額。
訪日したスシ・プジアストゥティ海洋水産相は
「(日本側には)中古レーダーを少なくとも6基
支援してほしいと要請した」という。

マレーシア,P3-C,供与,インドネシア,海洋レーダー,スシ海洋相,武器等防護,米艦防護,B-1,F-2,F-15

スシ海洋水産相は訪日中の大手通信機器メーカーの
日本無線の荒健次社長らと会い、高性能レーダーに
ついて話し合った。

日本政府は過去にも海洋レーダーを支援しており、
現在は東南スラウェシ州ワカトビ県で活用されている
じゃかるた新聞より一部抜粋 
画像は日本無線HPより






大和タケル
このP3-Cの無償供与は大判振る舞いと言っても
過言ではない太っ腹な援助です

確かに日本は新鋭のカワサキP-1の配備が進んでおり
P3-Cは用途廃棄になる運命ではありますが 
まだまだ十分に通じる性能を持っています
事実 台湾でさえ自国配備が始まったのは2013年の
9月からです それを無償供与とはかなりな男気です

マレーシアは2割が中国系住人で 当然、中国の影響も
強いわけですがここまでの話がまとまっているとなると
中国がフィリピン タイ等にせっせと餌をまいている間に
日本もある程度は巻き返しているのかなと思われます

マレーシア,P3-C,供与,インドネシア,海洋レーダー,スシ海洋相,武器等防護,米艦防護,B-1,F-2,F-15
またインドネシアへは海洋レーダー支援の話も進んでいます
こちらも高価ですが 不法中国漁船を爆破したスシ海洋相の
功に対して 報いたいものです

一方 日米軍事同盟は新たな段階に入りました  

海自艦、初の米艦防護へ 安保法制に基づき
マレーシア,P3-C,供与,インドネシア,海洋レーダー,スシ海洋相,武器等防護,米艦防護,B-1,F-2,F-15

 2015年に成立した安全保障関連法に基づいて、
平時から自衛隊が米軍の艦船などを守る武器等防護を
実施するよう、稲田朋美防衛相が初めて自衛隊に命じた
ことが分かった 米海軍の補給艦が防護対象という。
マレーシア,P3-C,供与,インドネシア,海洋レーダー,スシ海洋相,武器等防護,米艦防護,B-1,F-2,F-15

 米軍からのニーズが高かった任務で、自衛隊法に基づき
防護のために自衛官は必要最小限の範囲で武器を使える。
南スーダンの国連平和維持活動に派遣された陸自部隊に
「駆けつけ警護」の任務が加えられたのに続いて
安保法制に基づく自衛隊の任務が本格化する。

マレーシア,P3-C,供与,インドネシア,海洋レーダー,スシ海洋相,武器等防護,米艦防護,B-1,F-2,F-15

5月3日に行われた護衛艦「さざなみ」と
米海軍補給艦RICHARD E.BYRDの共同訓練の様子
マレーシア,P3-C,供与,インドネシア,海洋レーダー,スシ海洋相,武器等防護,米艦防護,B-1,F-2,F-15
画像等海自HP 

空自 B-1爆撃機をエスコート
マレーシア,P3-C,供与,インドネシア,海洋レーダー,スシ海洋相,武器等防護,米艦防護,B-1,F-2,F-15

米空軍の戦略爆撃機と航空自衛隊の戦闘機が
4月に入り、九州周辺空域で複数回にわたり
自衛隊機による爆撃機の護衛などを想定した
共同訓練を行っていたことが分かった

米軍爆撃機と自衛隊機の共同訓練は4月15日と
25日の少なくとも2回実施された
米側はグアムからB1戦略爆撃機が飛来、
日本側は15日に新田原基地のF15戦闘機、
25日には築城基地のF2戦闘機がそれぞれ参加した

訓練では、敵機が接近した場合に迎撃する自衛隊機が
B1とともに飛行する任務を想定。九州周辺空域で
両機が飛行した後、自衛隊機は韓国の防空識別圏に
入る手前で離脱して所属基地に帰隊したという
 

初の武器等防護実施 こちらもある意味で歴史的な
ミッションなんですが最近 大きな話題が続いたので
ちょっと隠れていました(騒がれすぎよりは よかったのかもw)
補給艦等は敵潜水艦の良い獲物になりやすいので
対潜の得意な海自にとってはふさわしい任務でしょう

これで軍事同盟国として確実に踏み出せる領域が広がりました

マレーシア,P3-C,供与,インドネシア,海洋レーダー,スシ海洋相,武器等防護,米艦防護,B-1,F-2,F-15
注これは3月のもの 4/25の画像は公開されていない

空自のB-1との共同訓練は既に何度もおこなわれていますが
SACの出番が来るのは戦闘でもよほどの時でしょうが 
B-1やB-52が侵攻するためには 相当の直衛戦闘機やECM等の
ジャマー機 チャフ散布等が必要になります 
こうした大規模爆撃ユニットを構成するためには
米軍といえども 支援はいくらでも欲しいはずです


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system