中国爆撃機 グアム爆撃演習
 HOTなアジア情勢

大和タケル

トランプ大統領来日と共に空母3隻が揃うなど 
半島の緊張状態は続いていますが その裏で
着々と攻守の準備を進めているのが 中国です

油断も隙もない中国の動きを
まとめましたので ご覧ください

グアムは北朝鮮だけでなく、太平洋の覇権を
狙う中国の脅威にもさらされている
中国軍,H6爆撃機,グアム,攻撃,ハワイ,中国,南シナ海,資源,スプラトリー,尖閣,漁船団,沖縄米海軍,イージス,東風,ミサイル,

米軍関係者は10月31日、米領グアム島の
米軍基地を標的にした軍事演習を中国が
実施したと明らかにした

緊張が続く太平洋上で軍事活動を活発化させる
中国の動きに、米国防総省は警戒を強めている。

中国軍,H6爆撃機,グアム,攻撃,ハワイ,中国,南シナ海,資源,スプラトリー,尖閣,漁船団,沖縄米海軍,イージス,東風,ミサイル,
米国防総省の関係者は米軍事専門紙ディフェンス
ニュースへのブリーフィングで、中国軍のH6爆撃機が
「グアム攻撃」を想定した「異例の」飛行訓練を行い、
ハワイ島近くにも爆撃機を飛ばしたと明らかにした。

中国軍,H6爆撃機,グアム,攻撃,ハワイ,中国,南シナ海,資源,スプラトリー,尖閣,漁船団,沖縄米海軍,イージス,東風,ミサイル,

中国軍,H6爆撃機,グアム,攻撃,ハワイ,中国,南シナ海,資源,スプラトリー,尖閣,漁船団,沖縄米海軍,イージス,東風,ミサイル,

グアムとハワイの基地 米アジア太平洋戦略の要

中国の急速なアジア太平洋進出は、米の安全保障を
脅かす行為だと、ジョセフ・ダンフォード米合同
参謀本部議長はみる。
ディフェンス・ニュースによればダンフォードは、
アメリカが太平洋上で軍事プレゼンスを保つ重要性を
繰り返し強調した。

中国軍,H6爆撃機,グアム,攻撃,ハワイ,中国,南シナ海,資源,スプラトリー,尖閣,漁船団,沖縄米海軍,イージス,東風,ミサイル,
「太平洋上から米軍を排除しようとする人々がいる
彼らに伝えたい。アメリカは太平洋の大国だ。

これからもここに留まる。アメリカの経済的繁栄は
この地域の安全保障と政治にかかっている」


ダンフォースはさらに「中国の脅威が念頭に
あると受け止められても構わない。
これが、国際秩序に沿ったやり方だ」「アメリカの
国益を最大限にすることに焦点を絞っている。
そのためには一切妥協しない」

グアムを狙う中国兵器群
中国軍,H6爆撃機,グアム,攻撃,ハワイ,中国,南シナ海,資源,スプラトリー,尖閣,漁船団,沖縄米海軍,イージス,東風,ミサイル,
グアムにとって、北朝鮮以上に脅威なのは中国だ。
中国軍は2015年9月、核搭載が可能な中距離弾道ミサイル
「東風26」を公開した。グアムを核攻撃し無力化できる

中国軍,H6爆撃機,グアム,攻撃,ハワイ,中国,南シナ海,資源,スプラトリー,尖閣,漁船団,沖縄米海軍,イージス,東風,ミサイル,
中国初のミサイルで、中国の国防アナリストらは
「グアム・エキスプレス」や「グアム・キラー」と呼んでいる

中国軍,H6爆撃機,グアム,攻撃,ハワイ,中国,南シナ海,資源,スプラトリー,尖閣,漁船団,沖縄米海軍,イージス,東風,ミサイル,
これは中国の巡航ミサイル 長剣

トーマス・シュガート元海軍指揮官は今年2月、
「ウォー・オン・ザ・ロックス」という自身のブログで、
中国は以前から「デコイ」(おとり)を使って太平洋上の
米軍基地や艦船へのミサイル攻撃を想定した
実戦演習を行っていた、と明らかにした。





米軍が中国のミサイル攻撃に反応する時間は
「10〜15分程度」しかないという。
中国はまた、日本や韓国の米軍基地に撃ち込むため
様々な射程の強力なミサイルも保有している。
ニューズウィークより一部抜粋

U.S. defense officials disclosed Tuesday 
that China has conducted bombing drills meant 
to target the U.S. island territory of Guam,
 raising Pentagon concerns about Beijing's
growing strength in the tense Pacific.
原文の一部

かなり危機的な状況
中国軍,H6爆撃機,グアム,攻撃,ハワイ,中国,南シナ海,資源,スプラトリー,尖閣,漁船団,沖縄米海軍,イージス,東風,ミサイル,
北はしょせん中国の前衛に過ぎません
しかし その北も限定的とはいえ 核能力を持ち
また中国自体も南シナ海等での 人工島による
要塞化を完了し 大幅に陣を固めました

中国軍,H6爆撃機,グアム,攻撃,ハワイ,中国,南シナ海,資源,スプラトリー,尖閣,漁船団,沖縄米海軍,イージス,東風,ミサイル,

一方で アメリカ軍の戦力は減少傾向だった上に
IS等への展開が続き 手薄な状態となっています

関連記事見出し

●米空軍は戦闘機パイロットの人員不足に
直面していると明かした 

●米陸軍、3月の現役将兵の数は47万9172名で
WW2開始来の最低水準まで低下

これらは2016年の記事でトランプ政権で予算は
大幅に復活したものの 当然 タイムラグが発生します

そうした人的 物的ストレスがイージス艦連続事故に
見える錬度不足をもたらした一因でしょう 

一方で日本も仲立ちをしたインドやベトナムなど
米国としこりのあった国々との関係改善は進んで
いるのが幸いです


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system