最新巡航ミサイル 導入へ加速!

迫る半島危機に対して 対応の遅かった
日本もようやく腰をあげようとしています
大和タケル

敵基地攻撃が可能な巡航ミサイル、
複数導入へ…政府が方針
2018年度予算に関連経費を計上へ
巡航ミサイル,JSM,ミサイル,防衛,新兵器,

政府は、戦闘機から地上の目標や海上の艦船を
攻撃できる複数の種類の巡航ミサイルを導入
する方針を固めた 

有事の際に奪われた離島や敵艦船を攻撃することが
主目的だが、性能上は敵基地攻撃が可能になる。
重層的な防衛態勢を取ることで、核・ミサイル開発を
進める北朝鮮に対する抑止力強化につなげる狙いもある

巡航ミサイル,JSM,ミサイル,防衛,新兵器,
18年度予算にノルウェーが主体となって開発中の
ジョイントストライクミサイル/JSMの取得費と
米国が開発した「JASSM―ER」の調査費を
計上する方向で最終調整している。 

巡航ミサイル,JSM,ミサイル,防衛,新兵器,
JSMは最新鋭ステルス戦闘機「F35」に
搭載するために開発中で、空対地と空対艦を兼ね、
射程は約300キロ・メートルとされる。
政府が取得するのは試験用ミサイルになるとみられる
ヨミウリより一部抜粋

巡航ミサイル,JSM,ミサイル,防衛,新兵器,
 政府は同じく島嶼防衛用と銘打ち、地対地の
「高速滑空弾」や新型の対艦ミサイルの研究開発
に着手する方針も決めており、来年度予算に
関連予算を計上した/サンケイより一部抜粋

管官房長
「現実を踏まえ、さまざまな検討を行っていく
責任が政府にはある」と述べた。






前回もトマホーク関連記事を載せたんですが
その中で取り上げていたF-35用のJSMと
米海軍が開発を続けていたJASSM―ERの
両方が候補となっていて どっちも涎がでる
代物です

JAMはF-35Aとの組み合わせ
巡航ミサイル,JSM,ミサイル,防衛,新兵器,
記事にある通りJSMは対艦等の攻撃ミサイルで
これと英との共同開発のミューティア改AAM 
(サイズはAMRAAMとほぼ同じ)が加われば 
多分 日本のF-35Aは世界最強レベルの牙を
もつ可能性があります


新型対地ミサイルJASSM
巡航ミサイル,JSM,ミサイル,防衛,新兵器,
もうひとつは形式名称がAGM158B 
JASSM―ERと呼ばれる対地ミサイルです 
このERとはExtended-Rangeの略で燃料タンクの
大型化等である程度 足が長くなっており
飛行性能は速度M0.8/1000km/h程度で
100Kgの弾頭炸薬量を持っています

ただ残念ながら これはF-35に搭載できません
ですから日本の場合は配備されたならF-2等に
よる運用となるでしょう

巡航ミサイル,JSM,ミサイル,防衛,新兵器,
いい突入角してますねぇ  GJ!

更にステルス等の回避能力が付与されている
のも新世代ミサイルの特徴です 

一方でトマホークは口の悪い中には完全に
枯れた技術と評している人もいますが 
ガルフウォー等の実戦で幾度も使用されて
きた安定実績があります

ただ射程が1500から3000Kmと政治的に
飛びすぎる?点もあるかと思います

また精密誘導に関してもいろいろと
いわれていまして その点では国産化が
最良なんですがどうでしょうか
別途 開発予算も認められたようなので
JAMに日本の技術の加わった完成体に
進化できれば 最高なんですけど

ただ半島にはチャイナファクターもあります
半島付近では下記のように中国も軍事演習を始めました

中国が朝鮮半島付近で始めた軍事演習は
米韓への警告
巡航ミサイル,JSM,ミサイル,防衛,新兵器,
「中国空軍は黄海、東シナ海で偵察機による
遠洋訓練を行いこれまで飛行したことのない
ルートを飛び、到達したことのないエリアまで行った」
中国空軍の申進科報道官

英紙デイリー・テレグラフより抜粋

事態はあまり猶予がなく果断が求められます


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system