日本 電子戦装備開発導入へ マルチロールな
大型電子戦機登場の可能性も!?

 日本が新たに電子戦装備を開発した上で 
大型機に搭載することになりました 大和タケル

政府、敵のレーダーや通信を無力化する
「電子攻撃機」を開発する方針を固める
電子戦,P1,C2,輸送機,電子戦機,電子攻撃,電磁波,ECM,デコイ,レーダー波,
 
電子攻撃機の開発は、防衛計画の大綱に掲げられた
「日本へ)侵攻を企図する相手方のレーダーや通信等の
無力化」を可能にする態勢の強化を本格化させるもの
 
具体的には、航自の輸送機「C2」と海自の哨戒機
「P1」に電波妨害装置を搭載した型を開発する方向だ
C2を基にした機種は2027年度の導入を目指している

P1については開発スケジュールを含めて検討する
P1は操縦の制御に、妨害電波の影響を受けない
光ファイバーを使用しており 電気信号を使う他の
航空機に比べ、電子攻撃機として高能力が期待される。
 
開発に乗り出す背景には、中国軍やロシア軍の
電子戦能力の急速な向上がある。
 
電子戦,P1,C2,輸送機,電子戦機,電子攻撃,電磁波,ECM,デコイ,レーダー波,
ロシアがウクライナ南部クリミアを併合した際、
ロ軍の電子攻撃によってウクライナ軍の通信や、
電子制御されている砲弾の信管などが機能不全に
陥ったとされる。
中国軍も軍事拠点化を進めるスプラトリー諸島に
電波妨害装置を設置している。併せて電波情報の
収集活動も強化する方針/Yomiuriより一部抜粋
 
非常に興味深い記事です
 電子戦,P1,C2,輸送機,電子戦機,電子攻撃,電磁波,ECM,デコイ,レーダー波,
EC-1でおまっ!

電子戦機は大別して 電子妨害機とSEAD機
そして電子偵察や訓練等をおこなう機体に
分類できますが 日本はこれまで電子偵察用の
EP-3 YS-11EA 電子戦訓練機のEC-1等を
保有しているだけでした
 
そこに大型の電子妨害機が加わるというのは
大きな意味があります

もっともこうした装備は電子装備研究所において
電磁波の妨害・欺瞞に関する研究が進められています
こうした研究の発展型が搭載されるものと思われます
では次にECMについて少し見てみましょう
 
 ジャミングの具体例
 電子戦,P1,C2,輸送機,電子戦機,電子攻撃,電磁波,ECM,デコイ,レーダー波,
電子攻撃(EA / ECM)は複雑な装置などを用いて
行われる電磁気的な妨害手法です
 
具体的な例で見て行きましょう
図は上の黒い円がジャミング無しの状態で
下はスポットジャミングのノイズで真っ白く
なって 何も映らなくなっているパターンです
 





スポットジャミングはご覧のように強力なんですが
特定の波長に対して 全力攻撃をかけているので
発信側が frequency-agile radarでレーダーの
動作周波数を素早くシフトしてしまうと効果がありません
 
 電子戦,P1,C2,輸送機,電子戦機,電子攻撃,電磁波,ECM,デコイ,レーダー波,
スィープジャミングは複数の周波数に対して
すばやく効果的に妨害する方式です
 
これらはジャミング方式のほんの一部で 
利用される波長域も赤外線域など多種にわたります
こんな風にして 相手側のレーダーに目潰しを
していくわけです 

電子戦,P1,C2,輸送機,電子戦機,電子攻撃,電磁波,ECM,デコイ,レーダー波,
考え方としては ラジオなどの送受信ではいかに
ノイズを減らしてクリアな音や情報を搬送するかが
問題ですが電子攻撃では 逆にいかに向けられた 
レーダー波にノイズを加えて相手が受け取り難く
するかという相反する内容になっているわけです
 
そしてこうした能力を付加した大型航空機を
日本で作ることになったわけです
 
大型というところが重要だ
電子戦,P1,C2,輸送機,電子戦機,電子攻撃,電磁波,ECM,デコイ,レーダー波,
ここで重要になってくるのが 今回の候補機が
C-2とP-1という点です
 
どっちもカワサキの年式の新しい機体なんですが
実は大型の電子攻撃機というのは米空軍も
米海軍も新しいものはもっていません
 
米空軍には大型の電子戦機EC-130Hというのが
あるんですが もう更新の時期に入っています
EB-52SOJという超大型機は開発中止になりました
 
となれば この日本の次世代型大型電子戦機には
米軍も興味を示すかもしれません
 
P-1ならSEAD能力も持ったマルチロール機になるかも!?
電子戦,P1,C2,輸送機,電子戦機,電子攻撃,電磁波,ECM,デコイ,レーダー波,
管理者が作成した アンチミサイルを搭載した
洋上迷彩のEP-1の想像図
 
またもう一つの候補であるP-1はご承知のように
対潜哨戒機ですが 機外に対艦ミサイルを装備できる
ようにもなっています
 
これを利用すればSEAD能力も付与できるかもしれません
SEADというのは ECMが電磁気的な攻撃なのに対して
対レーダーミサイル等で 施設などを粉砕してしまうことです
元はベトナム戦争中に運用され始めた 対SA-2/AAA部隊 
ワイルドウィーゼルやアイアンハンド隊を始原とする
サイト潰しのスペシャリストでした
F-100.F-105.F-4と能力が強化されて 現在では米空軍の
F-16CJ や米海軍のEA-18Gという機体に発展していきました
 
電子戦,P1,C2,輸送機,電子戦機,電子攻撃,電磁波,ECM,デコイ,レーダー波,
グレイの実機の前を進む そっくりの欺瞞デコイ

P-1はこれらの機種とは種別も能力もまったく異なり
ますし もちろん搭載兵器の射程などにも拠りますが 
例えばロングレンジの対レーダーMや 米軍が配備している
マルドデコイのような戦闘機の反応を示すデコイミサイルなどの
プラットフォームに進化できれば世界的にもあまり類のない
大型マルチタスク電子戦機になる可能性も出てくるでしょう

また目立つデコイ部隊の後を パッシブなF-35が続けば
敵レーダー群に対しても 相当な攻撃力になることは
間違い無いでしょう
 


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system