F-3 共同開発パートナー希望殺到
【かぐや姫状態

対中国でも防空の要「F3戦闘機」開発始動…
まずボーイングが名乗り、国内開発か国際共同開発か


航空自衛隊が保有するF2戦闘機の後継機となる
F3戦闘機開発をにらんだ企業選定作業が始まった。
世界最大手航空機メーカーの米ボーイングが
先陣を切り日本政府と三菱重工業に対し、ステルス機となる
F3の共同開発を提案した。 
ライバルのロッキード・マーチンも参画に意欲をみせる
一方で 欧州メーカーの名前も挙がっている

F3の総事業費は約4兆円 
防衛装備庁は今夏、F3開発を検討するに当たって、
技術供与などの情報を提供する企業の募集を行った。
英国の軍事情報誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウイークリー」
などによると、ボーイングとロッキード・マーチンが名乗りを上げた 

 この米2社に加えて、英国やドイツなど欧州4カ国が共同で
開発したユーロファイタータイフーンを製造する英BAEシステムズ、
最新の多目的戦闘機グリペンを公開したスウェーデンのサーブの
名前も取り沙汰されている。 



 総事業費が最大で400億ドル(約4兆円)ともいわれる
F3は、2030年ごろから退役が始まるF2の後継機として
30年近くは活躍することが期待されている。
サンケイ系より抜粋 






大和タケル
元記事にはF2に関して 米国から搾取された顛末も
書かれていますが航空技術の蓄積に関しては
ちょっと仕方ない部分もあるでしょう

一例に過ぎませんが 米国は1947年11月にXC-99という
超巨大輸送機を完成し また現在のB-2の始祖たる
全翼型ジェット爆撃機YB-49を1948年10月に飛ばしています

1947年頃といえば 日本は戦後の混乱から食料すら
事欠く状況でした

なにを言いたいのかというと それだけの蓄積の差が
ある以上 日本単独で次世代制空戦闘機を開発する
というのは マーケット等まで含めればリスクが
あるということです

また日本向けF35Aがロールアウトしたので
なかなか頼もしい画像も載せておきます

空自のF35、1号機を初公開 
航空自衛隊に配備される最新鋭ステルス戦闘機
F35A型の日本向け1号機が23日、米テキサス州で
初公開された  /47news.jpなど

トップページへ

▲Page Top



コピーライト/大和タケル
inserted by FC2 system