F-3】推力15t級ジェットエンジン完成
 ノースロップも参画希望

日本期待の新型エンジンXF9-1が完成しました
大和タケル
 
 
 
将来戦闘機用を目指したジェットエンジンの
プロトタイプ(XF9-1)を納入
IHI,XF9,ジェットエンジン,F3,JASDF,三菱,空自,第五世代機,戦闘機,ステルス,飛行機,乗り物,ステルス戦闘機ノースロップ,YF23,

株式会社IHIは防衛装備庁から受注し研究試作を行った, 
将来戦闘機用を目指した推力15t級ジェットエンジンの
プロトタイプエンジン/XF9-1を 瑞穂工場において,
防衛装備庁航空装備研究所に納入しました。 
 
XF9-1は,世界最先端のコンピュータシミュレーションを
駆使した設計技術や, 日本が世界に誇る材料技術・
加工技術を随所に採り入れた戦闘機用エンジンの
プロトタイプエンジンです。 
 
 
大まかな開発の流れ
 IHI,XF9,ジェットエンジン,F3,JASDF,三菱,空自,第五世代機,戦闘機,ステルス,飛行機,乗り物,ステルス戦闘機ノースロップ,YF23,
2010年度に防衛装備庁より「次世代エンジン
主要構成要素の研究試作」を受注
 
戦闘機用エンジンを提案し,圧縮機・燃焼器・
高圧タービンの試作などの要素研究を実施
 
2013年度に「戦闘機用エンジン要素の
研究試作」を受注しコアエンジン設計製造
 
2015年度に「戦闘機用エンジンシステムの
研究試作」を受注
 
2017年6月に防衛装備庁航空装備研究所に
コアエンジン納入
高圧タービン入口温度1,800℃に
おける作動健全性の確認が完了
 
2018年6月 設計製造したXF9-1の所定の
機能性能を確認し納入
IHIリリースより一部抜粋
 
 IHI,XF9,ジェットエンジン,F3,JASDF,三菱,空自,第五世代機,戦闘機,ステルス,飛行機,乗り物,ステルス戦闘機ノースロップ,YF23,
開発されたXF9-1はそれまでのXF5/49kNより
進んでおり15tの推力は147kNにもなる
とても強力なエンジンです
 
 
既成エンジンとの比較
F-2に搭載されているIHI/GE F110-IHI-129 
ターボファンエンジンがアフターバーナーの
使用時で推力131kN しかも単発なので
今後のX-2の発展型が双発でベクタードノズル
装備ということを考えると いかに強化される
かがうかがえます
 
また詳細は不明ですが F-22に搭載されている
P&WF119がエンジン重量が1770 kgあります
 
これに対して日本のお家芸であるスリム化により 
3割程度は軽量化しているとすると だいたい
1250kg程度の重量になります
 
それで推力はほぼ互角ですので 当然 推力/重量比も
向上した優れたエンジンだと思われます






 
さて もうひとつ 気になるネタが入ってきました
F-3開発計画にノースロップ・グラマンも参画希望か
という話題です
 
空自のF2後継機にノースロップが参画模索、
 
米防衛大手ノースロップ・グラマン/NOC.Nが、
約30年ぶりに戦闘機開発への復帰を目指している。
米空軍の主力機選定でロッキード・マーチン/LMT.Nに
敗れて以降は戦闘機製造から遠ざかっていたが、
空自のF2後継機開発への参画を模索している。 
 
同計画にはロッキードも名乗りを挙げる見通しで、
舞台を日本に移し、両社が再び火花を散らす可能性がある。 
 
F2は対艦攻撃を担う空自の支援戦闘機で、
2030年ごろから退役が始まる。
後継機は「F3」とも呼ばれ、防衛省は過去3回、
国内外の企業に開発に向けた情報提供を呼びかけた
関係者によると、ノースロップはこのうち2回、
防衛省に回答を提出し、提供可能な技術一覧を示した。 
 
また、実際に開発が始まれば、協力することになる
日本の防衛産業とも初期段階の意見交換をしている。
「ノースロップの関心は高い」と、関係者の1人は言う。 
 
ロッキードも「F22」と「F35」の両機ベース案を
非公式に打診した。 
 
ノースロップ、ロッキードとも米政府の許可を得たうえで、
近く日本の防衛省に正式な提案を行う見通しだ。 
米ボーイング(BA.N)や英BAEシステムズ(BAES.L)にも
情報提供を呼びかけている。 
reuters.comより一部抜粋
 
ロ社 vs ノ社の再戦なるか!?
IHI,XF9,ジェットエンジン,F3,JASDF,三菱,空自,第五世代機,戦闘機,ステルス,飛行機,乗り物,ステルス戦闘機ノースロップ,YF23,
ノースロップグラマンが参加の可能性がでてきました
トップガンで有名なF-14トムキャットを作ったグラマン
そしてF/A-18の原型であるYF-17やラプターと争った
YF-23グレイゴーストを生み出したノースロップですから 
技術力は折り紙付きですし デザインも洗練されています
 
YF-23はステルス性能ではF-22を上回っていたそうです
飛行中にパイパス比変更のできる可変サイクルエンジンや
ラダベーター(方向兼昇降舵)V字尾翼などの特徴がありました
 
 IHI,XF9,ジェットエンジン,F3,JASDF,三菱,空自,第五世代機,戦闘機,ステルス,飛行機,乗り物,ステルス戦闘機ノースロップ,YF23,
(ちなみに初期にはF-22がライトニングIIと流布されてました
その名残りのイタレリの箱絵です またYF-23のときは
ノ社はMDと組んで開発しました )
 
予算的に無理でしょうが YFー22とYF−23の
時みたいに二機種ほど実際に競合する試作機を作って 
徹底比較できれば理想だと思います
 
もっともスパコンの性能が上がっているので
各社に競合用3Dモデルを提出させて あらゆる
条件化でのバーチャルテストをしてもいいかもしれません
 
それに今回の競合に負けた側もYF-17が米海軍に拾われて
いまや看板になっているように別の需要がある
(例えば 各国の第四世代更新機など)かもしれません
 
最大の敵は予算か
 IHI,XF9,ジェットエンジン,F3,JASDF,三菱,空自,第五世代機,戦闘機,ステルス,飛行機,乗り物,ステルス戦闘機ノースロップ,YF23,
戦闘支援ドローンの装備も予定されているF-3

この記事の最後に "F3の本格開発防衛予算が
限られる中、先送り案が浮上している。
日本はF2以降、戦闘機を開発しておらず
開発決定の遅れは技術を継承できなくなる
懸念が広がる"とあります まさにその通りです
 
自民党は政府に防衛費増額を提言しています
多用途母艦」導入を提言=防衛費、対GDP2%めど
 
世界の防衛産業界からも注視されはじめたF-3計画
ここはひとつ ズバッといってもらいたいもんです
 

関連記事です


★F-3 ドローン搭載の大型ステルス戦闘機構想
 共同開発にF-22が名乗り



人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system