F-35A 日本人パイロットが年内に飛行へ

日本向けステルス戦闘機「F-35」
日本のパイロットが年内にも飛行へ
パイロット,F-35A,ライトニングⅡ,ステルス戦闘機,三菱,航空自衛隊,F3,新型戦闘機,第五世代機

日本のパイロットが年末までに、F-35A
「ライトニングⅡ」戦闘機の初飛行を実施する

日本向けに製造する第1陣のF-35ステルス戦闘機4機が、 
今年11月にテキサス州フォートワースの量産化ラインで
ラインオフすると述べた。 


大和タケル
いよいよF-35Aの日本人パイロット誕生が近づいてきました
今回のインタビュー記事は 重要な情報を含んでいるので
要約してみます





ロッキード・マーティン社の広報担当者
F-35国際渉外部長エリック・W・シュネイブル氏談

F-35の教習について
「空自パイロットはアリゾナのルーク空軍基地で
初飛行を行い 最終的訓練は日本で実施される  
 F-35の整備についてはフロリダ州エグリン空軍基地で学ぶ 

第1陣のF-35パイロットは機種転換組だったが 
最近は空軍も海兵隊も飛行学校卒業後のパイロットに
そのままF-35を操縦させている」

F-35Aの配備について
「フォートワースで今年43機が生産され
残りの38機の日本向けF-35の初号機は、来年度
名古屋でラインオフして 三沢基地に配備される 」

F-35Bについて
「海兵隊は日本の岩国航空基地にF-35の来年度配備の
ための準備を進めていて 空母と強襲揚陸艦への
離着艦試験をすでに終えている
日本配備後、その能力を示すことになるだろう」
パイロット,F-35A,ライトニングⅡ,ステルス戦闘機,三菱,航空自衛隊,F3,新型戦闘機,第五世代機

在日米軍のケネス・ホフマン報道官
海兵隊は最終的に、F-35Bを岩国のF/A-18
「スーパーホーネット」の後継機にする 

星条旗新聞より

F-35はステルス機ということばかり注目されますが
実はこの第五世代機は これまでと訓練システムも異なります

パイロット,F-35A,ライトニングⅡ,ステルス戦闘機,三菱,航空自衛隊,F3,新型戦闘機,第五世代機

いままでは まず複座機かあって後ろに教官が乗って
色々とチェックや指示を出して 教習する方式でした

空自のT-4の映像など見ると飛行中の厳しい指示や
デブリーフィングでのダメ出しチェックなど見れますが
F-22もF-35も単座しかありません

パイロット,F-35A,ライトニングⅡ,ステルス戦闘機,三菱,航空自衛隊,F3,新型戦闘機,第五世代機

では どうするのか?といえば 高度なVRシステム応用の
フライトシュミレータでおこなうわけです


*F-35のフライトシュミレータ

そのシステムの動画がありますが でかい油圧のブームとかない
かなり小型のコックピットスタイルとなっています
パイロット,F-35A,ライトニングⅡ,ステルス戦闘機,三菱,航空自衛隊,F3,新型戦闘機,第五世代機

日本は既にこのシステムを2基をFMSで取得する予算をとっています
生産一号機のロールアウトも近づき 楽しみな状況となってきました

それとF-35Bの配備もほぼ計画通りにいっているようです
かつて海兵隊は陸軍などより 一世代前の装備で戦うことが
常でしたけど 近年はオスプレイをはじめ むしろ新鋭機が
優先配備されている感があります

このへんにも 水陸戦闘能力向上の動きが現れています


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



コピーライト/大和タケル
inserted by FC2 system