空自に執拗に因縁をつけ
挑発を続ける中国 

妨害弾発射で中国と戦争する気か?
日本は決意がないなら「虚勢を張るな」
空自,爆撃機,中国海軍,南シナ海,フレア,F15,F2,J10,戦闘機

中国軍機6機が10日、宮古海峡を通過したことに
対応して航空自衛隊の戦闘機が緊急発進したが、
これに対して中国メディアのを掲載し、「日本側に
本気で中国と戦争をする意志がないのなら虚勢を
張るべきではない」と論じている。
環球時報社説より

フレア発射に関する中国側のしつこい
いちゃもんが続いています 
妨害や虚勢とは一体 どういう意味なのか?
まったく根拠のない戯言でしょう
大和タケル

対立する日中双方の言い分

中国国防省・楊宇軍報道官
「これまでの多くの危険行動について確実な
証拠を持っているが軍事秘密に関わるため
総合的に考慮する」

航空自衛隊トップ
「現場から 危険あるいは妨害するような
ことはしていないとの報告を受けているので
その通りだと思っている」 

空自,爆撃機,中国海軍,南シナ海,フレア,F15,F2,J10,戦闘機
この件を最初に明らかにしたのは織田元空幕長の記事でした
しかし 他でも述べられている通り フレアは
IRシーカーのロックを妨害するためだけの純粋な
防御装備であり これで妨害などとは奇妙な言い草です






またフレアを使うような状況になったとすれば
それは相手国である 中国に問題行動があるということです

また 要塞島の武装強化の続く南シナ海方面ですが
今度は爆撃機まで展開していくようです

中国、南シナ海に爆撃機派遣
トランプ氏の台湾会談けん制か

空自,爆撃機,中国海軍,南シナ海,フレア,F15,F2,J10,戦闘機
複数の米メディアは12日までに、中国が先週
核兵器の搭載可能なH6爆撃機を南シナ海上空に
派遣したと報じた。 

空自,爆撃機,中国海軍,南シナ海,フレア,F15,F2,J10,戦闘機
 トランプ次期米大統領が2日、台湾の蔡英文総統と
電話会談したことを受け、中国政府は台湾を中国の
一部とした「一つの中国」原則を無視したとして反発
爆撃機の派遣には、トランプ次期政権をけん制する
狙いがあるとみられる。 
ワシントン時事

空自,爆撃機,中国海軍,南シナ海,フレア,F15,F2,J10,戦闘機
バンカー内に作られた施設か?
だとすれば弾薬貯蔵庫かもしれない

ドローンを捕獲したり 爆撃機を飛ばしたり
あからさまな挑発を繰り返していますが 
日米には 中国のブラフは通用しません
習近平もはっきりと認識すべきです

織田元空幕長の記事 詳しくは過去記事↓をみてください





★中国軍機 ロシア艦艇 超接近で挑発!


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



コピーライト/大和タケル
inserted by FC2 system