日本-ドイツ防衛装備協定発行
 新型車両も登場


ドイツ連邦共和国
日・独防衛装備品・技術移転協定の署名
平成29年7月18日
新型車両,水陸両用装甲車,三菱重工,MHI,日本,ドイツ,ベルリン,陸上装備,陸自,戦車,AFV       
7月17日,ベルリンにおいて八木毅駐ドイツ大使と
カトリン・ズーダー・ドイツ国防省次官との間で
「防衛装備品及び技術の移転に関する日本国政府と
ドイツ連邦共和国政府との間の協定」の署名が行われました。

この協定は,日・ドイツ両国が参加する防衛装備品及び
技術の共同開発生産並びに安全保障・防衛分野における
協力の強化のために両国間で移転される防衛装備品及び
技術の取扱いに関する法的枠組みを設定するためのものです

この協定により日・ドイツ間の防衛装備品及び技術協力が
より緊密なものとなり,両国間の安全保障・防衛協力の強化に
繋がるとともに我が国の安全保障に資することが期待されます
外務省発表より抜粋

この話自体はずいぶん前からでていたものですが
今回 ようやく正式な署名に到りました
大和タケル

ただちょっとおかしいのが 朝日の記事には
"今回はドイツ側の希望で発表を見送った"
という一文があるんですが 7月18日に外務省が
公式にリリースしているのに "発表を見送った"
という部分の意味が不明です

ミリおたでなくても ドイツが戦中戦後を
通じて優秀な陸上装備を開発してきたのは
知られています

新型車両,水陸両用装甲車,三菱重工,MHI,日本,ドイツ,ベルリン,陸上装備,陸自,戦車,AFV

例えば 現在 歩兵戦闘車として知られる
AFVもドイツがいち早くラングHS.30で初めて
戦力化してマルダーでスタイルを完成させました
今回の協定締結で今後は機動戦闘車等の開発で
協力が見込まれています

新型車両,水陸両用装甲車,三菱重工,MHI,日本,ドイツ,ベルリン,陸上装備,陸自,戦車,AFV
それと基幹小銃も更新期が近づき 世界的に
スモールアームズはM203を始祖とするグレネードランチャー
一体装備が当たり前となってきているのでそのへんも
関係してくる可能性があります

また この他にも各国との兵器共同開発の話が
進んでいます

平成25年7月
イギリスと日英間防衛装備品共同開発等の枠組み締結

平成26年1月
フランスと日仏防衛装備品・技術移転協定に署名






これにともなって 進められている
英国のミューティアミサイルの共同開発などの
ついては↓ 記事に詳しく載せています



★F-3 共同開発パートナーに
英国が名乗りへ



また少し前なんですが陸自用の
新型水陸両用車の新しい画像が入ってきました
前に動画が紹介されていたものの続報になります

新型の水陸両用車
新型車両,水陸両用装甲車,三菱重工,MHI,日本,ドイツ,ベルリン,陸上装備,陸自,戦車,AFV

三菱重工業は陸上自衛隊(JGSDF)に提案する、
新型の水陸両用装甲車のデモンストレーション動画を公開
この試験車両は近いうちに自衛隊に試験公開されるという

新型車両,水陸両用装甲車,三菱重工,MHI,日本,ドイツ,ベルリン,陸上装備,陸自,戦車,AFV

新型の水陸両用装甲車は馬力3000hp(2206KW)
ターボチャージャーディーゼルエンジンを搭載しており
水上は車両後部の2つのウォータージェットで推進する
車両後部に15人の兵員を収容する。

新型車両,水陸両用装甲車,三菱重工,MHI,日本,ドイツ,ベルリン,陸上装備,陸自,戦車,AFV

この車両には 米海兵隊も強い関心を寄せている
といわれています
そこで このモデルに 内部構造が不明なので
位置は適当ですけど 中止となった米国EFVの
砲塔を載せた簡単な想像図を作ってみましたよ
 

こんな感じになるといいんですが

新型車両,水陸両用装甲車,三菱重工,MHI,日本,ドイツ,ベルリン,陸上装備,陸自,戦車,AFV

ちょっと細かい話
この新型両用車の記事で3000hp(2206KW)となってますが 
hpは英馬力なので3000hpなら2237Kwとなります 
仏馬力の3000ph なら 2,206kWなので 多分phでしょう


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system