★防衛白書 竹島 固有領土明記に
韓国 火の病を発症する!

大和タケル


令和初となる防衛白書が発表されました
今回の防衛白書では半島の扱いが
より厳しい内容になっています
半島勢の反応を含めて 見ていきましょう

まず竹島の固有領土明記にさっそく
噛みついてきました

防衛白書「竹島は日本固有の領土」
シッパル ! 即刻撤回しろニダ! 
    ;∧_∧: グギギギギギィィィィィ 
    :<l|l;`田´>; 
    ;(6    9: 〆―‐旦―-、 アイゴー 
   :ム__)__);(´       ) 

韓国外務省は日本政府が2019年版防衛白書で
島根県・竹島を固有の領土と表記したことに
ついて「日本政府が不当な領有権主張を
繰り返していることに強力に抗議し、
即刻撤回を求める」とする報道官論評を発表した。
共同より一部抜粋







韓国の表記順位が下がる
「韓国側の否定的な対応が日韓の防衛協力
交流に影響を及ぼしている」。
同盟国・米国をのぞく各国・地域との安全
保障協力を紹介する章では、重要度に応じた
記載順を変え、昨年版で2番手だった韓国を
4番手に引き下げました。

.    从 ファビョ~ん 
  ))λ::)λ  )) 
   λ(::::::::;)λ( 
  (:::(::::::)アイゴー!順位下げは
  λ):::):::::(::::  愚弟じゃPの
 (:::::<丶`皿´>:::)賢兄ウリナラへの
  'ヽ;;;/ つ つ;;;ノ  嫉妬ニダ! 
  ~|   ノ 
    し―-J  

論評では「独島に対する日本政府のいかなる
挑発にも断固として対応していく」とした。

場合によっては竹島上空へ展開か
防衛白書は「領空侵犯に備えた警戒とスクランブル」
で日本が規定する領空侵犯行為に対応できるのは、
航空自衛隊だけとし、「自衛隊法第84条に基づいて
優先的に航空自衛隊が対処している」との
基本的な考え方を説明した。

自衛隊法84条は、外国航空機が国際法規
や航空法などを破り、日本の領空に侵入した場合
防衛相は自衛隊がその航空機を着陸させたり、
追い出しのために必要な措置を取るよう
指示することができるという内容になっている。

*     |ヽ、 | ヽ、  人_人,_从人人_从.
    /  ヽ─┴ ヽ  ウッ 出撃してチョッパリ( 
   /!||!(゜\'iii'/゜ノヽ を撃墜しろニダ( 
 /ノ(  "ニ    ニv\  )/
 \⌒ \/ {y~ω'~Y ,/   ノ\ 
   .>.  {. |⌒ヽ⌒||〈   ノ    
 ./  .. | .|:::::::|:U::::|| 
 {   ⌒ヽ_/ );:;:!;:;r!  /             
 ヽ,   /、 〈 ニニニ>|               

一方で 北朝鮮は日本船に銃口を向けた
問題で強気な姿勢を崩していません

北朝鮮】「海保巡視船がEEZに侵入 
自衛的な措置により追い出した」 
北朝鮮外務省の報道官は「8月23日と
24日に日本の海上保安庁の巡視船と
船舶がわれわれの排他的経済水域に
侵入したため、自衛的な措置により
追い出した」と主張した/聯合ニュースより抜粋 

まったく盗人猛々しいとはよくいったもんです

むろん 日本国境への脅威はこれだけではありません
本当の強敵は 常に爪を研いでいます

中国の連続出現 止まず
自衛隊の山崎統合幕僚長は記者会見で、
中国海警局の船が尖閣諸島周辺の領海
外側にある接続水域で63日連続で
確認されたことに強い警戒感を示した。
「これまでにないことであり、深刻に
受け止めている

わが国の領土、領海、領空を断固として
守るという強い信念の下に警戒感を持って、
海上保安庁をはじめ関係省庁と連携をとり、
万全の警戒監視態勢をとっていきたい」と
強調した/①

またロシアも北方領土方面の軍事力を
強化し続けています

千島2島に地対艦ミサイル配備へ

ロシアが米国に対抗する核戦力の拠点とする
オホーツク海への敵艦隊侵入を阻むため、
北方領土と千島列島で進める2019年の
軍備計画の概要が判明した。
千島列島で二つの島への新型地対艦ミサイル
「バスチオン」(射程300キロ以上)配備を
明記しており、極東カムチャツカ半島から
北海道に至る「防衛線」を射程に収める
計画が近く完成する②/①②とも産経より

よく言われているように 隣国が気に入らない
からといって引っ越しはできません
だからこそ 自分の身は自分で守らなければ
ならないでしょう


人気の過去記事のページ


人気の過去記事2のページ

HOME

▲Page Top



引用文はソース元にキャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system