Home > >軍事記事


リアルスピーダーバイク 米軍新兵器ホバーバイク開発 


スピーダーバイク 米軍 ホバーバイク 新兵器 ミリタリー フライングジープ ロケットベルト
アメリカ国防総省がホバーバイクを開発中のイギリス企業
「Malloy Aeronautics」と提携してホバーバイクを共同開発
することが明らかになりました。 

Malloy Aeronautics(マロイ)は開発中の
二人乗りのホバーバイク「Aero-X」を2017年に
市販する計画で予約を受付けていました。 

さらに、Aero-Xの3分の1スケールのミニチュアモデル
「MA Drone 3」を作り、 飛行試験を行い、開発資金を
クラウドファンディングサイトKickstarterで募集していました。 


スピーダーバイク 米軍 ホバーバイク 新兵器 ミリタリー フライングジープ ロケットベルト
アメリカ国防総省、ホバーバイクを英企業と共同開発へ
小型の偵察機や物資の輸送や兵士の搬送にも活用期待 

そのマロイがアメリカ国防総省と軍用ホバーバイクを
共同開発することになりました。 
アメリカ軍は、ホバーバイクを小型の偵察機として
活用することを計画中です。ホバーバイクは安定して
飛行できるため、 偵察用途だけでなく物資の輸送や
複雑な地形へ兵士を搬送したり人命救助したりと
さまざまな形で活用することが期待されています。 


スピーダーバイク 米軍 ホバーバイク 新兵器 ミリタリー フライングジープ ロケットベルト

マロイが開発中の新型ホバーバイクはパーツ
構成が少ないため製造コストが極めて低く、
さらに分解してコンパクトに収納すれば大量に
搬送することができるというメリットもあります。


大和タケル

なるほど これはSWに出てくるスピーダーバイク
みたいな楽しそうなメカなんですが
実は米軍のパーソナル飛行メカ好きは
ずーーーと前からでして そのたびに
ぽしゃってます

* /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < ま〜た始まった
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\


ですけど オスプレイみたいなタイプも
たくさん失敗をくりかえしてますから
諦めたら そこで終わりなので
今度のは上手くいくといいと思います

実は管理者は こういうメカが大好物なので
いい機会ですから その歴史も見ていくことにしましょう



米軍のワンマン飛行メカ挑戦の歴史


スピーダーバイク 米軍 ホバーバイク 新兵器 ミリタリー フライングジープ ロケットベルト
De Lackner HZ-1 Aerocycle
ドラックナーヘリコプター 1950年代半ば 

偵察用に開発されたマシンのようで
プラットフォームに安全ハーネスで
固定されたパイロットが立って操縦する
マーキュリーマリン製エンジンを
ツイストグリップオートバイスタイルの
スロットルにより制御

スピーダーバイク 米軍 ホバーバイク 新兵器 ミリタリー フライングジープ ロケットベルト 
比較的高速であったが 操縦が難しく
開発中止。


スピーダーバイク 米軍 ホバーバイク 新兵器 ミリタリー フライングジープ ロケットベルト
フライングプラットフォーム ヒラー「VZ-1」。


スピーダーバイク 米軍 ホバーバイク 新兵器 ミリタリー フライングジープ ロケットベルト
アメリカ海軍 1955年
方向移動は体を傾けての重心移動で
行うため極端な傾斜は危険なので飛行速度は
30km/h程度と遅め


スピーダーバイク 米軍 ホバーバイク 新兵器 ミリタリー フライングジープ ロケットベルト
この初期型エアジープなんか まんま今度の
ホバーバイクと似てるんですけど
この当時より制御系は遥かに進歩してますから
多分 大丈夫だろうと・・

スピーダーバイク 米軍 ホバーバイク 新兵器 ミリタリー フライングジープ ロケットベルト
パイアゼッキ ZV-8P エアジープ 1957年
 
2タンデム、三翼ダクトローター
中央のギアボックスによってローターを駆動
ギャレットAiResearch TPE331-6エンジン 
550馬力で1962年2月15日に初飛行
数千フィートの高度で安定飛行
地面に近い高度ではレーダーによる検出を
回避できたものの 開発中止


スピーダーバイク 米軍 ホバーバイク 新兵器 ミリタリー フライングジープ ロケットベルト
ロケットベルト/ベルフライングビークル
ベル社 1950年代初め


歩兵の移動手段として研究されたものです。
1961年に初の有人自由飛行に成功
航続時間18秒では実用にならず、開発は中止

ロケットベルトで有名ですが 元はフライングビークル
というのが正式のようです

現在はヒューストンのアメリカン・ロケットベルト社
推進方式は単純なもので、90%濃度の過酸化水素水を
窒素ガスの圧力で反応容器内の触媒(純銀)に
吹き付けて水と酸素に分解、反応熱でこれらを
気化膨張させて噴射する

最新型RB-2000の性能は以下のとおり。
自重40.8kg、燃料搭載時重量63.5kg、
最大推力145kg、航続時間24〜30秒。


スピーダーバイク 米軍 ホバーバイク 新兵器 ミリタリー フライングジープ ロケットベルト
WASP II

Williams Aerial Systems Platform の略。
70〜80年代にかけて、米国陸軍が開発していた、
一人乗りの飛行システム。
巡航ミサイル用のジェットエンジンを縦置きし、
時速100km/h で飛行 飛行時間30分で
ホバリングも可能だったが開発中止。


スピーダーバイク 米軍 ホバーバイク 新兵器 ミリタリー フライングジープ ロケットベルト
XFV ソロトレック
ミレニアムジェット社 2001年

最高飛行速度は時速130キロ程度
ガソリンを燃料とし、一回の補給で
200キロ近く飛行できる設計になっていた
その後 聞かなくなった・・


グーグル+




▲Page Top

inserted by FC2 system