インド,モディ首相訪日
 陸自は印軍と初の共同訓練へ

大和タケル

インド モディ首相が訪日しました
日印の首脳会議はもう13回目を迎えています

モディ首相訪日 山荘で歓待
インド,モディ首相,日印,首脳会議,陸自,外交,ダルマガーディアン,陸自,インド軍,
安倍首相は28日、自身の別荘のある山梨県に
インドのモディ首相を招き、2日間にわたる
日印首脳外交をスタートさせた
昼に同県山中湖村のホテルでモディ氏を出迎え、
少人数の昼食会を開催。同県鳴沢村の別荘で
夕食会を開いてモディ氏をもてなす。

インド,モディ首相,日印,首脳会議,陸自,外交,ダルマガーディアン,陸自,インド軍,
鳴沢村役場のHPより
確かに景色は良さそうです

安倍氏による外国要人の別荘招待は初めて。
2017年にモディ氏の地元グジャラート州に
招かれたことに対する返礼の意味合いがある。
時事より一部抜粋

ここでは防衛分野に限って載せておきます

安全保障に関する合意

日本側提案
閣僚級2+2の立ち上げを歓迎,
物品役務相互提供協定(ACSA)の正式交渉開始,
海洋安全保障 海自と印海軍の協力取決め作成
全軍種間での交流強化,日印宇宙対話の立ち上げ等

インド側提案
安全保障での協力が進展
2+2の立ち上げ 各軍種の協力進展を評価,
今後は海や宇宙での協力が重要である,
ACSAの交渉開始,日印宇宙対話,防衛装備協力
US−2は,引き続き両国で協議をしていくことで一致
外務省発表

インドも日本同様にカシミール帰属問題があり
中国となんども砲撃や衝突を繰り返してきました

過去の交戦例
インド,モディ首相,日印,首脳会議,陸自,外交,ダルマガーディアン,陸自,インド軍,
中国人民解放軍が中印両国の実効支配線を超えて
印北東部シッキム/Sikkim州に侵入して
インド陸軍と激しい交戦になった

衝突はシキムのドカラ(Doka La)一般地区にある
ラルテンの哨戒地点の近くで発生しPLAはインドの
領土に侵攻しインド側のバンカーを2つ破壊した。
インドのPTIより/管理者訳






ここのところはやや落ち着いていますが 
そうした中で陸自との訓練がおこなわれます

「ダルマ・ガーディアン18」参加へ
インド,モディ首相,日印,首脳会議,陸自,外交,ダルマガーディアン,陸自,インド軍,
 防衛省陸上幕僚監部は陸上自衛隊がインド陸軍と
同国で対テロ訓練を行うと発表した。
2国間の共同訓練は初めて。
同国との連携を深め、周辺地域への進出を
強める中国をけん制する狙いもあるとみられる。

インド,モディ首相,日印,首脳会議,陸自,外交,ダルマガーディアン,陸自,インド軍,
これに混ぜてもらうことは多分ないでしょうw

 共同訓練は10月27日〜11月18日、
インド北東部ミゾラム州の演習場などで実施。
計約60人が参加し、人質を取ったテロリストが
立てこもる場面などを想定し、訓練を行う。
サンケイより一部抜粋

インド,モディ首相,日印,首脳会議,陸自,外交,ダルマガーディアン,陸自,インド軍,
ダルマ・ガーディアンとはなかなか強そうな名前ですね
陸自は英陸軍と初となる共同訓練をしたばかりです
ラクシャニュースによるとGORKHA RIFLES つまり
けっこう有名なグルカ連隊が参加予定となっています

ご承知のように日本はインドが主催する洋上共同訓練
マラバールの常連となっており毎年 鍛錬を重ねています
インド,モディ首相,日印,首脳会議,陸自,外交,ダルマガーディアン,陸自,インド軍,
ところで こうした二国間だけでなく 日米豪印の
大きな戦略構想も進められています

日米豪印4カ国戦略対話構想 ダイヤのエース戦
インド,モディ首相,日印,首脳会議,陸自,外交,ダルマガーディアン,陸自,インド軍,
ここでは仮にダイヤのエース戦略と呼んでおきますが
これは米豪印に日本を加えた四つの頂点による
大きな構想です

現在 カナダなどがTPP早期発効に向けて
国内手続き等を進めていますが 
TPPは経済の大きな枠組みとして発展していき
こちらのダイヤのエース戦略の方はアジア太平洋域の
いわばアジア版NATOに進化していければいいなと
思っています

米国も太平洋軍から U.S Indo-Pacific Command
インド太平洋軍と名称変更しています
これも大戦略の布石のひとつといえるでしょう

昔から遠交近攻は外交と軍事の鉄則でした
爪を研ぐ近隣諸国に対して その背後に位置する
インドの重要性は インフラ整備の経済方面と
共に軍事防衛面でも 増すばかりでしょう
 


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system