★緊張高まる中東情勢】米軍により
イランの精鋭部隊指揮官が爆殺される 

大和タケル

イラクで米軍により イランの精鋭部隊の
指揮官が爆殺されました

米軍がバグダッドで空爆
イラク,バグダッド国際空港,革命防衛隊,ソレイマニ司令官,空爆,カセムソレイマニ少将,米軍,イラン,ハメネイ師,コッズ部隊,
攻撃直後の映像

イラク国営テレビは3日、首都バグダッドの
国際空港近くの道路で車列が攻撃を受け、
複数の死者が出たと伝えました。

それによりますと、死者のなかにはイランの
精鋭部隊、革命防衛隊の実力者として知られる
ソレイマニ司令官が含まれていることです。

イラク,バグダッド国際空港,革命防衛隊,ソレイマニ司令官,空爆,カセムソレイマニ少将,米軍,イラン,ハメネイ師,コッズ部隊,
これについてアメリカ国防総省は2日夜、
「トランプ大統領の指示を受けてアメリカが
テロ組織に指定しているイランの革命防衛隊の
ソレイマニ司令官を殺害した」という内容の
声明を発表しました。

イラク,バグダッド国際空港,革命防衛隊,ソレイマニ司令官,空爆,カセムソレイマニ少将,米軍,イラン,ハメネイ師,コッズ部隊,
イランの革命防衛隊は、イラン国営メディアを
通じて「バグダッドの空港でのアメリカ軍に
よる攻撃で、ソレイマニ司令官が殉職した」と
発表し、イラン側も、公式に死亡したことを
認めました/CNN等より

殺害されたソレイマニとは?
イラク,バグダッド国際空港,革命防衛隊,ソレイマニ司令官,空爆,カセムソレイマニ少将,米軍,イラン,ハメネイ師,コッズ部隊,
カセム・ソレイマニ少将はイラン革命防衛隊の
傘下にある「コッズ部隊」の司令官でした

この部隊はイラン国外で 民兵等を組織して
ゲリラ戦を行うことを主任務としており
ソレイマニ少将は イラン国内では
次期大統領候補に推す声もあったほどの
重要人物でした






しかもイラン・イラク戦争でフセインと
ゲリラ戦でISISと戦ってきた 同少将が
結局 米軍の手にかかるとは皮肉な運命です

また空爆は攻撃ヘリによる(イスラエル誌)から
ドローンによるものとするものまであり
まだ詳細不明です

アメリカがブチ切れた理由は?
イラク,バグダッド国際空港,革命防衛隊,ソレイマニ司令官,空爆,カセムソレイマニ少将,米軍,イラン,ハメネイ師,コッズ部隊,
今回の米軍による攻撃にいたる原因なんですが
12月27日のイラク北部にある基地が30発以上の
ロケット弾攻撃を受けたことに対する報復
とする説もあるんですが この時の被害者は
アメリカ国籍のPMCが一人死亡して 米軍兵士
4名が負傷しただけです

だから これへの報復にしてはちょっと大げさに
思えます

むしろ年末から1月1日かけて イラクにある
米大使館への襲撃が民兵や暴徒らによって
おこなわれました

イラク,バグダッド国際空港,革命防衛隊,ソレイマニ司令官,空爆,カセムソレイマニ少将,米軍,イラン,ハメネイ師,コッズ部隊,
黒こげになった応接室などの画像があります
こうした過激な行動をする民兵組織の背後に 
今回 攻撃により死亡したソレイマニの
指揮するイランの部隊があるとするのが
米国の主張でしょう

実際にイラクにいたことは 間違いないわけで
そこを狙われたと思われます

今後の動きは?
イラク,バグダッド国際空港,革命防衛隊,ソレイマニ司令官,空爆,カセムソレイマニ少将,米軍,イラン,ハメネイ師,コッズ部隊,
まず 攻撃後の動きを見出しのみ載せておきます
●イランの最高指導者ハメネイ師 
 米国に警告する声明を発表

●司令官殺害 イラクの米大使館 
 米国民に“直ちに国外退避を勧告”
 バグダッドの大使館は閉鎖へ

●イラク国際空港、ロケット弾が撃ち込まれる

●イラクF14戦闘機、西部国境でパトロール開始
 絶滅危惧種の可変後退翼 

とてもキナ臭くなっているのは間違いありません
これが もしイラン領内への攻撃であった
なら即開戦ということなるでしょうが 
空爆が行われたのはイラクのバグダットで
あり そこでイランの革命防衛隊の指揮官が
何をしていたのか? となるとイラン側も
答えにくい部分もあるでしょう

となると正面きった反撃は取りにくいのでは
ないかとも思えます

そうなると やはり自爆テロや暗殺系などの
手段による根暗な方向に向く可能性が高いように
思われます


人気の過去記事のページ


人気の過去記事2のページ

HOME

▲Page Top



引用文はソース元にキャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system