多用途防衛型空母か!?
F-35Bと空母化研究に予算決定

これまで言われていた空母化研究や
F35Bに予算がつきました
まとめましたので ご覧ください
大和タケル


F35B予算化へ
多用途防衛型空母,空母,V/STOL,戦闘機,海自,防衛,乗り物,船,F35B,Q.エリザベス,アドミラルクズネツォフ,
政府・自民党はV/STOL戦闘機戦闘機「F35B」を
導入する方針を固め 年末に改定する防衛大綱や
中期防衛力整備計画に盛り込む。
護衛艦「いずも」をF35Bなどが離着陸できるよう、
事実上の空母として改修することも検討する

「多用途防衛型空母」の導入を提言 
島嶼防衛想定 防衛大綱へ自民調査会が骨子案
多用途防衛型空母,空母,V/STOL,戦闘機,海自,防衛,乗り物,船,F35B,Q.エリザベス,アドミラルクズネツォフ,
自民党の安全保障調査会(会長=中谷元防衛相)は
政府が年末に策定する次期「防衛計画の大綱」に
向けた提言の骨子案をまとめた。
島嶼防衛を想定した「多用途防衛型空母」の導入や、
空母運用を念頭にF35B戦闘機の取得を盛り込んだ。


多用途防衛型空母,空母,V/STOL,戦闘機,海自,防衛,乗り物,船,F35B,Q.エリザベス,アドミラルクズネツォフ,
これは揚陸能力を重視した多目的艦のコンセプト
このようにいくつかの機能を併せ持つイメージか

 中谷氏は記者会見で、空母のイメージについて
「掃海の母艦、病院船、災害時の拠点など、多用途な
『移動できる滑走路』だ」と説明。
新造のほか、「いずも」型など既存の護衛艦の改修を
念頭に置いている考えを明らかにした。

また「専守防衛の範囲の中だ」とも述べ、
政府が憲法9条の制約上保持できないとしてきた
攻撃型空母に該当しないとの認識も示した
サンケイ等より一部抜粋

これもかなり重要な決定や提言だと思います

ポイントをまとめると

●空母化研究 ならびにF35Bに予算がついたこと
●多用途目的の防衛型空母を目指すこと

多用途防衛型空母とは聞きなれない言葉ですが
当面はこうした表現で 十分だと思います
軍事的には内容や性能が大事ですが
政治的には名称や名目が優先することはままあります
 (Multi-roll defensive aircraft carrier
MDACとでも呼びますか)

かつてソビエト海軍にキエフ級空母というのがありました
多用途防衛型空母,空母,V/STOL,戦闘機,海自,防衛,乗り物,船,F35B,Q.エリザベス,アドミラルクズネツォフ,

2番艦ミンスク(Минск)なんかは80年代に
かなり日本もブイブイ言わせましたが 
この艦船はヘリだけでなく Yak-38フォージャーという
V/STOL戦闘機まで搭載した立派な航空母艦でした

多用途防衛型空母,空母,V/STOL,戦闘機,海自,防衛,乗り物,船,F35B,Q.エリザベス,アドミラルクズネツォフ,
ヤコブレフ37.8975 だからヤク38 なーんちてw ウソ

この艦を当のソ連では重航空巡洋艦と呼んでいました
現在のアドミラル・クズネツォフでさえ いまだに
重航空巡洋艦という名称となっています
(これはスエズ運河通行のためとする説が有力です)






配備さえできれば名称なんてどうでも(・∀・)イイ!!
それに単なる詭弁でなく 多目的になるのは予算的な
問題からも仕方無いことだと思います
戦勝国の英国でさえ予算的理由から これまで6万t級
艦船は建造してきませんでした

各国の空母開発事情
ところで いずもの空母化に関しては後付けの
印象があり 費用も嵩むという見方がありますが
もっともな言葉に似ていますが 決してしからずでしょう

多用途防衛型空母,空母,V/STOL,戦闘機,海自,防衛,乗り物,船,F35B,Q.エリザベス,アドミラルクズネツォフ,

例えば 英国の新鋭空母Q.エリザベスを見てみると
確かに性能は高いものの 誕生まで苦労を重ねました
この艦は仏との共同開発がポシャったり 搭載機も
未定で開発が始まったので ここでも混乱して
一度はF-35Cになりそうになったのが結局B型に
落ち着く設計変更等々の紆余曲折があったわけです
また初の6万t級艦船ということで ドック施設等の
改修などでも相当な出費となりました

多用途防衛型空母,空母,V/STOL,戦闘機,海自,防衛,乗り物,船,F35B,Q.エリザベス,アドミラルクズネツォフ,
一方 ロシアの現役艦アドミラル・クズネツォフも
開発にずいぶん悶着があった上に ソ連崩壊等の
混乱も加わり 十年くらいほぼ放置に近い状態
だったこともありました

多用途防衛型空母,空母,V/STOL,戦闘機,海自,防衛,乗り物,船,F35B,Q.エリザベス,アドミラルクズネツォフ,
その点 いずもは既に完成していて運用にも問題無く
乗員の錬度も高く 一応 V/STOL機としてF-35を
前提とするいう選定も済んでいます

ともかく空母化研究の結果とF-35Bを いずもに
応用すれば スクラップ再生品の遼寧より
優れた艦になるのは確実でしょう

多用途防衛型空母,空母,V/STOL,戦闘機,海自,防衛,乗り物,船,F35B,Q.エリザベス,アドミラルクズネツォフ,
しかる後に いよいよ新造艦と進むのが順当に思えます
ステルス性も考慮した中型空母なんてなったらいいですね


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system