中国のJ−20など
 新型機情報 画像アリ!

J20,殲20,中国空軍,渦扇エンジン,J15,戦闘機,ATDX,ステルス戦闘機,新型戦闘機,第五世代戦闘機,心神,ステルス,空自
 「世界で2番目にステルス戦闘機を持つ国になる。
中国はこの点で、ロシア空軍の先を行くことになる。
いまだに初飛行ができない日本の『心神』は、
はるか後ろに置き去りだ」と主張した。

J20,殲20,中国空軍,渦扇エンジン,J15,戦闘機,ATDX,ステルス戦闘機,新型戦闘機,第五世代戦闘機,心神,ステルス,空自
J−20と心神が対戦すれば「心神は逃げ場すらなくなる。
日本人も、そのことを知ればびっくり仰天だ」と主張した。



大和タケル
J−20の開発が進んでいるので 中共さんの
鼻息が荒いですね
このまま順調なら 早くて2016年度には
量産機が作られるとの話もあります

J20,殲20,中国空軍,渦扇エンジン,J15,戦闘機,ATDX,ステルス戦闘機,新型戦闘機,第五世代戦闘機,心神,ステルス,空自
また こちらは中国の軍オタグループの発表した
J−20発展型の架空のv/stol機CGです

J20,殲20,中国空軍,渦扇エンジン,J15,戦闘機,ATDX,ステルス戦闘機,新型戦闘機,第五世代戦闘機,心神,ステルス,空自
F-35Bに対抗した設計となっていて 現実に
こうした計画が実在しても不思議はないでしょう

J20,殲20,中国空軍,渦扇エンジン,J15,戦闘機,ATDX,ステルス戦闘機,新型戦闘機,第五世代戦闘機,心神,ステルス,空自

また なぜJ−20の機体があれほど長いのか
という疑問にコックピット下のリフトジェット口が 
説明にもなっていて, なかなかよく出来ていると思います

J20,殲20,中国空軍,渦扇エンジン,J15,戦闘機,ATDX,ステルス戦闘機,新型戦闘機,第五世代戦闘機,心神,ステルス,空自
もっとも中共軍機の弱点を書いた記事もあります
どちらも中共の軍用機開発能力の限界を示すもの
ですので、あわせて載せときます
記事は新浪網より一部転載




*         / ̄ ̄ ̄ ̄\ 
         l ∨∨∨∨∨  l < ニィハォ  
         |  ─( 支)─   | 我絶対日本畜滅するマン♪ 
        / \    / \J−20が量産されたら    
        |  ┏(__人__)┓  |心神は逃げ場すらなくなる  
        | | ⌒ \.l/ ⌒     | 鬼子もびっくり仰天だアルよ
      / |. l + + + + ノ |\  エンジンも輸出しまくるアル
     /   \_____/  \  \     去死??!
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |


中国が輸出機用戦闘機エンジン開発に懸命、
 ロシアの技術者「無理だね」
 ,,,,,,,,,,,, 
  ミ,,,,,,☆,;;,ミ   
 (, , ´_ゝ` ) <同志中共 無理だね! 
 ロシア/露西亜 

  中国が戦闘機用エンジン「WS−13(渦扇−13)」
の開発に力を入れている。

パキスタンに輸出した「JF−17(サンダー)」に
搭載するためだ。ただし、「無理だ」との見方を示す
ロシア人専門家もいるという。

J20,殲20,中国空軍,渦扇エンジン,J15,戦闘機,ATDX,ステルス戦闘機,新型戦闘機,第五世代戦闘機,心神,ステルス,空自

WS−13/渦扇−13

中国で1985年に開発が始まった「WS−10」も
トラブルが相次ぎ、「初期低率量産」は2013年後半
にずれこんだ。

更にJ−20用のターボ・ファン・エンジンの「WS−15
(渦扇−15)」間に合うかどうかは微妙だ。
WS−15を搭載できない場合、J−20はロシア製
エンジンの「AL−31」シリーズを搭載すると考えられる。
ただしロシア側は同シリーズでも高性能の最新型を中国に
売却することに同意していない

 「中国製エンジン搭載」をパキスタン拒否  
「過去の戦闘機で懲りているから」
  __ 
._/ \<中共兄貴 エンジンだけは勘弁してくれ
( ;`∀´ ) 
パキスタン/巴基斯坦  

中国は過去数カ月にわたり、FC−1のエンジンを
WS−13に換装するよう申し出ているが、パキスタンは
「まったく意味がない」として拒否している
その後、パキスタン空軍は米国のF−16を導入。

J20,殲20,中国空軍,渦扇エンジン,J15,戦闘機,ATDX,ステルス戦闘機,新型戦闘機,第五世代戦闘機,心神,ステルス,空自
中パ共同開発のサンダー これはF18ではないキリッ!

米国製エンジンと中国製エンジンの落差は、
パキスタン空軍関係者を驚かすことになったという。

さらに、WP−13は、ロシアのRD−93より
優秀さであるわけでもなく、パキスタン側が
WP−13を採用しないのは「正常な反応」という。

「エンジンの悪評は、中国が軍用機を
輸出する上で大きな痛手」になっていると紹介。
多くの国がエンジンの信頼性、寿命、補修の問題を
理由に中国製軍用機の購入を見合わせるという。




人気の過去記事のページ

ホーム

▲Page Top



コピーライト/大和タケル
inserted by FC2 system