日本 オーストラリア/豪 米国 三ヵ国合同訓練
サザンジャッカルー19の様子



今回は 陸モノでオーストラリアで行われた
サザンジャッカルー19を 画像多めで
フューチャします  大和タケル

サザン・ジャッカルー19
サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
東部方面隊は、5月19日から6月3日まで
の間、豪州における米豪軍との実動訓練
(サザン・ジャッカルー19)に第12旅団
第13普通科連隊基幹(第13普通科連隊

サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
1コ普通科中隊、第12特科隊1コ射撃中隊)
を参加させ諸職種協同による作戦遂行能力等の
向上を図りました/陸自 東部方面隊発表

サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
サザン・ジャッカルー19には
第13普通科連隊基幹 約160名が参加しました

サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
今回の目玉はFH70が始めて 豪大陸に持ち込み
広大なショール・ウォーターベイ演習場において

サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
長射程を存分に生かした訓練がおこなわれました

サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行

サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
市街地戦闘訓練において屋内で訓練する隊員

サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
v-22から展開する兵士ら






サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
米海兵隊のmk23mtvr系のトラック

サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行

サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
M249 でHeeeHaaaaa!!

サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
M203系を構える兵士

閉会式の様子
サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
持参した達磨に無事終了祈願成就の目を入れたり
ダーウィン陸上戦闘部隊(MRF-D)の指揮官である
米海兵隊クラークスミス少将から岩原大佐に記念盾が
おくられました 

サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
Southern-JackalではなくSouthern-Jackarooと
なりますね(;´∀`)ジャッカァルゥ⤴・・
画像等 防衛省陸上自衛隊/米海兵隊/豪陸軍/米大使館より 

米国国防トップが揃う
サザンジャッカルー19,陸上自衛隊,米海兵隊,陸自,オーストラリア陸軍,日豪米合同訓練,155mm榴弾砲,FH70,シャナハン長官代行
最後に米国の国防トップ 前任のマティス長官に
代わったシャナハン米国防長官代行が来日したので
載せときましょう
ひな壇の上 画面向かって左がシャナハン長官代行
その隣がハガティ駐日米国大使 そして二人おいて
青色の制服が在日米軍兼第5空軍司令官の
ケビン・シュナイダー中将となります

それでですね 在日米軍司令の隣の立っている軍人
クレジットされてない上に写真がアップではないの
で誰かな?と思ったんですけどStars and Stripesに
記事が出ていた マーク・ミリー大将に代わって 
第40代目の米陸軍参謀総長になるだろうと
書かれていた James McConville将軍ぽい
と思うんですけど はっきりしません


人気の過去記事のページ


人気の過去記事2のページ

HOME

▲Page Top



引用文はソース元にキャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system