射程 300km 日本の新型対艦ミサイルが
中国艦隊を迎え撃つ!

尖閣防衛、ミサイル開発へ…23年度の
配備目標 飛距離300キロを想定 対中抑止力を高める

政府は、沖縄県・尖閣諸島などの離島防衛を
強化するため、新型の地対艦ミサイルを開発する方針を固めた。 

尖閣,防衛,自衛隊,新兵器,新型ミサイル,対艦ミサイル,中国

飛距離300キロを想定している。 
宮古島など先島諸島の主要な島に配備する方針で、
尖閣諸島の領海までを射程に入れる。 
17年度予算の防衛省の概算要求に開発費を盛り込み、
23年度頃の配備を目指す。 
中国は尖閣周辺での挑発行動を繰り返しており、
長距離攻撃能力の強化で抑止力を高める狙いがある。 

開発するのは、輸送や移動が容易な車両搭載型ミサイル。 
GPS(全地球測位システム)などを
利用した誘導装置を搭載し、 離島周辺に
展開する他国軍艦などを近隣の島から攻撃する能力を持たせる。 

ミサイルは日本単独で開発し、高レベルの技術が
必要な固体燃料方式を使用する計画だ。

固体燃料ミサイルは液体燃料ミサイルとは
違って燃料注入に時間がかからないうえ、
発射の兆候が表れにくく、長期間保存もできる

このミサイルを開発することになったのは、
尖閣諸島から170キロほど離れた宮古島と
石垣島に配備される予定である、陸上自衛隊保有の
地対艦ミサイルの射程距離が100余キロであるからだ。 
このため宮古島などから現在のミサイルを発射しても、
尖閣諸島周辺の領海(沿岸から22キロ)や
接続水域(22−44キロ)には達しない。 

新型地対艦ミサイルは日本の島が占領された
場合も活用されるとみられる。 
現在、陸上自衛隊の上陸作戦時は護衛艦による
短距離艦砲射撃や戦闘機の爆弾投下など反撃の
危険性が高い手段が作戦の軸となっているが、
新型ミサイルを配備すれば近隣の島からの支援が可能だ。 
japanese.joins.comより抜粋






大和タケル
一見 地味ですが この記事は重要な内容を含んでいます
それは開発が決まった新型対艦ミサイルが これまで日本が
保有していた同種のミサイルより 射程が倍近くもある点です

日本は対艦ミサイルに関しては かなり充実していて
陸自の配備されて間もない12式地対艦ミサイルがありますし 
更に最強といわれる次世代の空対艦ミサイルXASM-3が
今年度内には開発終了となっています

これらは射程が150Kmから200弱程度ではといわれてますので
今回の計画のミサイルは それらを大幅に上回る
長射程ミサイルとなっています GJ!

たぶん このXASM-3をベースにモーターを一段増設したり
した発展型になるのではないかと思われます

そこでボクが考えた最強ミサイルをちょっと作ってみました
固体燃料ロケットはイプシロンが有名ですけど
あれだと一段目だけで70tを超える巨大さなので
ここではカッパロケットのK-10型を参考にします
K-10
2段式
ペイロード: 170 kg
飛翔距離: 250 km
重量: 1,750 kg
全長: 9.8 m
というスペックです このロケットで250 kmまで
飛ばせるわけですから 全体を1.2倍すればちょうど
300kmです すると

尖閣,防衛,自衛隊,新兵器,新型ミサイル,対艦ミサイル,中国
ボクが考えた最強ミサイル!

23式地対艦ミサイル(仮称)
全長 約12m
質量 2.1t
射程 300km
推進方式 発展型IRR
速度 マッハ3以上

ただし 各国のこのクラスのミサイルは
固体燃料モーターはブースターとして用いられる
場合が多く その他の推進システムと組み合わせて
用いられることがほとんどです 
このミサイルでも やはりXASM-3で実現された
マッハ3以上がだせるインテグラル・ロケット
ラムジェット、IRRが用いられるとおもいます

尖閣,防衛,自衛隊,新兵器,新型ミサイル,対艦ミサイル,中国

M3以上の速度で300km彼方から突進してくる
新型対艦ミサイルは 中国艦隊にとっては
まさに悪夢でしょう 

ほんというと600Km超ぐらいある誘導弾があれば
心強いなぁ とおもってるそこの あなた!

この新型ミサイルを空対艦に改造してP-1に搭載すれば
いいんです!
P-1は ペイロード9t 戦闘行動半径は未発表ですが
5000Kmくらはあるでしょう
ですから 将来的には更なる長距離打撃兵器に
発展する可能性を持っています


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



コピーライト/大和タケル
inserted by FC2 system