深海から地球の内部まで広がる
 日本の海洋探査マシン群

 世界初、マントル掘削に挑む…ハワイ沖を調査へ
深部探査船,ちきゅう,マントル,掘削,しんかい6500,潜水艇,ジャムステック,海洋,深海,海底,マグマ
世界初となる地球内部のマントルの直接掘削を目指し
海洋研究開発機構などは今年9月、有力候補地である
米ハワイ沖の事前調査に乗り出す。

マントルまでの地下構造を詳しく調べ、掘削に
適した場所を探すのが目的だ。
日米欧などの国際チームは2020年代前半にも、
日本の地球深部探査船「ちきゅう」によるマントル
掘削を目指す。マントルは地球表面を覆う地殻の下に
あり 地球全体の8割の体積を占める。
yahooニュースより

大和タケル
気宇壮大な計画が実行に移されました
これは探査船「ちきゅう」を使って地殻をぶち抜き
マントル層まで7Km以上もボーリングするものです
いまはまだ 掘削ポイントの選定段階ですけど
いずれは上部マントルまで達する予定です

地球深部探査船「ちきゅう」
   深部探査船,ちきゅう,マントル,掘削,しんかい6500,潜水艇,ジャムステック,海洋,深海,海底,マグマ

このちきゅうという船は地球の深部探調査用に
作られた特別な能力を持っています
船体中央の巨大デリックからドリルパイプを
打ち込むのが最大の特徴です

深部探査船,ちきゅう,マントル,掘削,しんかい6500,潜水艇,ジャムステック,海洋,深海,海底,マグマ
プロペラスクリュー自体が方向を変える
アジマススラスター搭載

深海や海底は謎の宝庫
深部探査船,ちきゅう,マントル,掘削,しんかい6500,潜水艇,ジャムステック,海洋,深海,海底,マグマ
深海の探査は「しんかい6500」や「かいこう」
がよく知られています

深部探査船,ちきゅう,マントル,掘削,しんかい6500,潜水艇,ジャムステック,海洋,深海,海底,マグマ
これは管理者の海洋コレクションの一部∠(`・ω・´)


しんかい6500は有人潜水艇としては 
安定した運用で深海探査を続けています

深部探査船,ちきゅう,マントル,掘削,しんかい6500,潜水艇,ジャムステック,海洋,深海,海底,マグマ
更に1万m以上には Abismo/深淵 という新型マシン
が投入されています ランチャーとクローラー型の
ビーグルが分離するシステムで2008年6月3日には
約1万300mの深海底に到達しています 


深部探査船,ちきゅう,マントル,掘削,しんかい6500,潜水艇,ジャムステック,海洋,深海,海底,マグマ

現在11000mまで潜れる探査機は このAbismoのみです
  

深部探査船,ちきゅう,マントル,掘削,しんかい6500,潜水艇,ジャムステック,海洋,深海,海底,マグマ
一方で「ちきゅう」はIODP/国際深海科学掘削計画
に基づいて これまでも海底を掘削探査する機能を
生かした調査で2000万年ほど前の地層に存在していた
微生物群を採取 培養に成功しています

そして いよいよマントルサンプルの採取に
挑もうとしています






直接採取できる価値は高い
深部探査船,ちきゅう,マントル,掘削,しんかい6500,潜水艇,ジャムステック,海洋,深海,海底,マグマ
ここで ちょっと用語の整理をしておきましょう
マントルというのは 地殻の下にある固体状の部分で
この最上部マントルと地殻をあわせた部分がプレート
となるわけです
そして噴火等でマントルの一部が液状化して現れるのが
直接 目にすることができるマグマと呼ばれています

深部探査船,ちきゅう,マントル,掘削,しんかい6500,潜水艇,ジャムステック,海洋,深海,海底,マグマ

その意味では マグマの価値は構成物質の
性質が判る 天文における隕石と似ています
ですが やはり探査機等で直接 採取した
物質は汚染も経年劣化もしていないので
サンプルとしての価値が違います  

深部探査船,ちきゅう,マントル,掘削,しんかい6500,潜水艇,ジャムステック,海洋,深海,海底,マグマ
そうした意味でマントルへのボーリングは
とても興味深いチャレンジだと思います 

また南極から深海 更に地球の内部まで 
全て自前の装備で探査できる国はそうありません

画像 海洋研究開発機構/ジャムステックHPより


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system