★荒れるアジア】北朝鮮 新型弾道弾発射 
香港では実弾射撃開始

大和タケル

北が再びミサイルを撃ちました
今回は今後の核兵器構想から 気になる
香港情勢まで アジアを俯瞰します

北朝鮮 SLBM発射
ミサイル,北朝鮮,SLBM,ICBM,ミニットマン3,中距離核ミサイル,核兵器,ロケット,飛行機,乗り物,
北朝鮮は日本海に向けて発射したのは、
新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)
だったと発表した。
短距離ミサイルよりも射程距離が長い
SLBMの発射は、2016年8月以来約3年ぶりで、
事態は深刻化している。

元山湾水域で、新型のSLBM「北極星3」の
発射実験を「高角発射方式」で行ったと、
ミサイルの写真付きで報じた。
米政府と日本政府は、発射実験を非難した。
BBC/朝鮮中央通信など より一部抜粋

今回 米の調べでは海中のランチパッドから
発射されたようですが とりあえず打ち上げは
成功しているようです
北極星3号の詳細は不明ですが 先行モデルの
2号が高度500km 飛翔距離560kmだったので
それよりは伸びているでしょう

中国や北朝鮮に対して 米国も負けじと
核ミサイルテストをしています

米軍がICBMミニットマン3の発射実験
「21世紀の脅威に対する米国の核抑止力を示した」
ミサイル,北朝鮮,SLBM,ICBM,ミニットマン3,中距離核ミサイル,核兵器,ロケット,飛行機,乗り物,
米軍がICBM発射実験 中国、北朝鮮けん制か
米空軍は核弾頭搭載可能な大陸間弾道ミサイル
(ICBM)ミニットマン3の発射実験を加州の
バンデンバーグ空軍基地で実施したと発表した。
弾頭は搭載していなかった。

米空軍は実験で「21世紀の脅威に対する
米国の核抑止力を示した」
と指摘。軍事パレードで最新兵器を
誇示した中国や、弾道ミサイル発射を
強行した北朝鮮をけん制する狙いがあると
みられる/共同 より一部抜粋

ミサイルはどれも似て見えるでしょうが
北のは中距離の潜水艦発射型でしたが
こちらは射程13,000 kmの大陸間弾道弾です


ミサイル,北朝鮮,SLBM,ICBM,ミニットマン3,中距離核ミサイル,核兵器,ロケット,飛行機,乗り物,
Minuteman III warhead w87

海軍機のF-4とF-14の関係に似ていて
後継のピースキーパーミサイルが退役して
いるのに対してMIRVのミニットマン3でも
70年代開発ですが大量配備されたことも
あって 現在でも現役ですが さすがに
もう退役スケジュールも発表されています
そうした中で 核戦力の低下を補うために 
トランプ政権下で中距離核戦力の復活が
おこなわれてようとしています

日本にも配備計画か
ミサイル,北朝鮮,SLBM,ICBM,ミニットマン3,中距離核ミサイル,核兵器,ロケット,飛行機,乗り物,

warhead of beheading operation 
管理者からジョンウンへのプレゼント ニヤニヤ

中距離核戦力(INF)廃棄条約が8月2日に
破棄されたことで、条約が製造を禁じていた
中距離弾道ミサイルの新型を、米国が今後
2年以内に沖縄はじめ北海道を含む日本本土に
大量配備する計画があることが分かった。

この記事はロシア系発であり 米国の関係者も
新しい中距離核はまだ開発段階としていますので
現段階では信憑性は割り引くとしても可能性は
あるでしょう






IMF全廃で一度 途絶えたとはいえ既に確立した
兵器です 後はやる気と予算の問題なわけですが
70年代とは GPSを用いた誘導システムや
センサー類は格段に進歩していますので 
それらが盛り込まれた新生中距離核ミサイルと
して 復活するのでしょう

ところで話は変わりますが 香港では
恐れていた事態が発生しました

香港警察、4カ所で実弾6発発砲 180人以上を逮捕 
ミサイル,北朝鮮,SLBM,ICBM,ミニットマン3,中距離核ミサイル,核兵器,ロケット,飛行機,乗り物,
香港警察は2日未明に声明を出し、デモ隊との
衝突にからみ計4カ所で6発の実弾を発砲した
と明らかにした。そのうち1発は18歳の
男子高校生にあたった。
高校生は一時重体になったが、命を取りとめた
日経 より一部抜粋


ミサイル,北朝鮮,SLBM,ICBM,ミニットマン3,中距離核ミサイル,核兵器,ロケット,飛行機,乗り物,
このキャプチャーは今回の実弾発砲シーン
ですが 動画を見る限り至近距離で 
心臓に目掛けて撃っています
つまり誤射でも警告射撃でもなく
やる気で撃っていると言えます

またこの警官だけでなく 4カ所で
発砲されていることからも実銃の
使用が大幅に認められたと思えます

ミサイル,北朝鮮,SLBM,ICBM,ミニットマン3,中距離核ミサイル,核兵器,ロケット,飛行機,乗り物,
こちらは警官に暴行された女性記者 

これは天安門の再現が近づいてきたと
予感させる事態です


人気の過去記事のページ


人気の過去記事2のページ

HOME

▲Page Top



引用文はソース元にキャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system