韓国レーダー照射は北の瀬取り船を庇ったのか?
頻発する中ロなどの挑発行為など

 
韓国駆逐艦から海自のP-1に対して
火器管制レーダーが照射される事態がおこりました
大和タケル
 
防衛相「攻撃直前の行為」 韓国駆逐艦が
海自哨戒機に火器レーダー
火器管制レーダー,照射,P1,韓国,海自,ロックオン,反日,ミサイル,異常接近,ニアミス,  
 
防衛省は21日、海上自衛隊厚木基地所属のP-1哨戒機が
20日午後3時ごろ、石川県・能登半島沖の排他的経済水域内の
上空で韓国海軍駆逐艦から火器管制レーダー照射を受けたと発表
 
P1は警戒監視活動中、近くにいた韓国海軍のクァンゲト・デワン級
駆逐艦(満載排水量3917トン)の火器管制レーダーが動くのを
目視で確認。感知装置でも照射を確認し、退避行動を取った。
同艦に無線で意図を確認したが、応答は確認できなかったという。
 
韓国軍からのレーダー照射が公表されたのは初めて。
 
岩屋毅防衛相
「攻撃直前の行為。不測の事態を招きかねず極めて危険」と
述べ、韓国に強く抗議したことを明らかにした。
headlines.yahoo

「なぜ照射」驚きと戸惑い 防衛省 
 
海自幹部「レーダー照射はロックオンと同じで
よほどの緊急事態でなければ、現場だけの判断で
照射しない。艦長や上級司令部の了解を得ていたのか、
事実関係の徹底した解明が必要だ」と語気を強めた。 
 
防衛省幹部「照射は攻撃を前提にするもので、
受けた側は対象から外れるよう急旋回などの退避行動を
取る必要がある。非常識でまったく理解できない」
jijiなどより一部抜粋
 
韓国側の言い分
火器管制レーダー,照射,P1,韓国,海自,ロックオン,反日,ミサイル,異常接近,ニアミス,
韓国国防省 射撃管制用レーダー照射問題に関し、
「日本哨戒機を追跡する目的でレーダー運用した事実はない。
日本側に誤解がないよう十分に説明したい」
「北朝鮮の遭難船舶を捜索するためレーダーを稼働した」
 
しかし この韓国側証言と矛盾する事象が判明しています

 
・FC用レーダーの照射は複数回にわたって
 確認され、
一定時間続いていた
 
・島根県竹島から一定の距離がある海域で 
 日本のEEZ内だった
 
係争地である竹島近海から離れた地点で複数回も
執拗にレーダー照射したのはなぜなんでしょうか?
 
 火器管制レーダー,照射,P1,韓国,海自,ロックオン,反日,ミサイル,異常接近,ニアミス,
タレスSTIR系レーダー

この韓国艦が搭載している火器管制レーダーは
仏タレス社のSTIR-180で このSTIRはNATO艦船にも
多く配備されています
また通常の警戒用レーダーとFCレーダーとは
用途が異なることも明らかです

火器管制レーダー,照射,P1,韓国,海自,ロックオン,反日,ミサイル,異常接近,ニアミス,

別の照射理由があるのでは?
 ここで 韓国側が嘘をついていると仮定して考えて見ます
嘘もいくらか真実を混ぜると 本当らしく思えてきます
そこで 北朝鮮の船舶がいたという点が真実だとして
遭難という部分が偽証だと仮定したらどうでしょうか?

火器管制レーダー,照射,P1,韓国,海自,ロックオン,反日,ミサイル,異常接近,ニアミス,
そうなると北朝鮮船がいた理由が重要ですが 
これは問題になっている瀬取り船だったとすれば
以下のようなパターンが推測できます
 
1 P-1が接近しつつあり 瀬取りに向かう
 北朝鮮船が判明してしまう事態が迫った
 
2 そこで韓国側がFCレーダーを複数回照射する
 
3 P-1は回避行動を取らざるをえなくなる
 
4 その隙に北朝鮮船は海域から離れる
 
あくまで可能性の一つですが これなら行動の
辻褄が合いますし もし韓国側が北の瀬取り船を
庇ったとしたら日米への重大な裏切り行為と
いえるでしょう

また実際に中国は瀬取り船監視を妨害してきています

※関連記事見出し
【中国】「瀬取り」監視のカナダ機妨害
    日豪などにも迷惑行為

 




 
反日行動に走っているムン政権
少し前に旭日旗を理由に護衛艦の寄港を
ゴネた例を見てもわかりますが 韓国ムン政権なら
こうしたことをやっても不思議ではないでしょう
 
※関連記事見出し
ハリス駐韓米国大使
「米韓同盟がいつまでもあると思うな」
 
海軍大将で元米太平洋艦隊司令でもあった
ハリス大使がここまで言っているほどです
 
遺憾砲で済ますな
そうなると ここでうやむやにしてしまうと
韓国は更にムンの支持率低下が反日に拍車を
かけて本当に実弾を撃ってこないとは限りません
そして"1発だけなら誤射かもしれない"などと
為済ますことも あり得るでしょう
自公の出方を 国民も厳しい目で見ていますよ
 
ところで米中やウクライナと露など国際関係の
緊張の高まりにより こうした一触即発の事態は
頻発しています ちょっと他のケースも見てみましょう
まず中国艦が米艦艇に肉薄したケースです
 
中国駆逐艦が米艦に異常接近
火器管制レーダー,照射,P1,韓国,海自,ロックオン,反日,ミサイル,異常接近,ニアミス,

 接近画像 僚艦かと思えるほどの距離まで近づいている

南シナ海のスプラトリー諸島周辺で「航行の自由」作戦を
米駆逐艦に中国駆逐艦が異常接近したと明らかにした。
 
2018/9/30「航行の自由」作戦の一環で南沙諸島の
12カイリ/約22キロ以内を通過した米艦ディケーターに 
中国の旅洋型駆逐艦が約41メートルの距離まで近づき、
ディケーター衝突を避けるため進行方向変更を余儀なくされた
 
また11月にはロシア軍のジェット戦闘機が
米海軍の電子偵察機に異常接近する事態もありました

ロシア機が異常接近 
火器管制レーダー,照射,P1,韓国,海自,ロックオン,反日,ミサイル,異常接近,ニアミス,
手前に大きく見えているのがEP-3のエンジン
その向こうにロシアンSu-27 発光はスホーイのアフターバーナ

2018/11/5 に黒海上空で、飛行中の米海軍のEP-3 に対して
ロシア軍の Su-27 が異常接近する事案が発生した。

火器管制レーダー,照射,P1,韓国,海自,ロックオン,反日,ミサイル,異常接近,ニアミス,
EP-3 の前方を高速で横切ったり、側方を追い抜きざまに
A/B を作動させながら離脱する場面もあった
 
 
中ロ韓の挑発行為は事故だけでなく 更に大きな戦いを
呼び込まないとも限らない 危険な行為といえるでしょう 


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system