★北朝鮮が複数の短距離飛翔体を発射 
新型兵器の可能性もアリなのか? 

大和タケル
予見されていたことですが 北がひさしぶりに
軍事的行動にでました
発射された弾に関して 若干の推察もしてあります

北朝鮮の短距離ミサイル発射
北朝鮮,飛翔体,発射,短距離ミサイル,軍事パレード,新型兵器,ポンゲ6,クムソン3,ミサイル,ロケット,乗り物,飛行機
ホド半島から北朝鮮が4日朝、日本海に向けて
複数の飛翔体を発射したと韓国軍が明らかにしました。
 

飛翔体は複数で、午前9時すぎに北朝鮮東部の元山に
近い虎島/ホド半島の一帯から日本海側に向けて発射され
70キロから200キロ飛行したということです。 

米政府関係者によりますと、発射は9発だったということです。
防衛省は日本の領域や排他的経済水域への飛来は確認されて
いないとして、午前に開かれた緊急会議でも
「我が国の安全保障には直ちに影響がない」と結論付けました。 
河野外務大臣はアメリカのポンペオ国務長官と電話で会談し
引き続き日米韓で緊密に連携していくことを確認しました。
kfb.coより一部抜粋

北朝鮮 短距離ミサイル発射か 日本海方向に9発
朝鮮民主主義人民共和国との非核化交渉が停滞しているため、
北朝鮮は土曜日の東海岸でいくつかの短距離発射物を発射し、
緊張が高まる可能性が高まった。

以前の軍の声明では、北朝鮮は単一のミサイルを発射したと
述べたが、後の声明では曖昧な用語「発射体」を使用していた。
/FNNより一部抜粋

※関連記事見出し
「報道はあったが、日本領域やEEZへの飛来確認できず」 






飛翔体 新型の可能性も?
今回の飛翔体 どんなものだったんでしょうか
まず 無誘導ロケットの可能性もありますから
ミサイルときめつけるのは一応 やめておきます

いま伝えられているのは9発など複数発射されたと
言うことと 飛距離が70から200Kmだったという
ことぐらいです

まだほとんど何もわかっていませんが ここでは 
そのデータが正確だという前提で消去法で
少しだけ推定してみます

中距離弾道弾の可能性は低い
北朝鮮,飛翔体,発射,短距離ミサイル,軍事パレード,新型兵器,ポンゲ6,クムソン3,ミサイル,ロケット,乗り物,飛行機
まず 前によく話題になっていた中距離弾道弾など
ではないと思われます 
なぜならノドンでさえ1,500-2,000kmは飛ぶためです
また9発というのは ちょっと多すぎるでしょう

ロケット砲弾か?
複数発射となると 旧共産国系で多い多連装ロケットが
想起されます
北朝鮮もM1991 240mm自走ロケット砲など多くを
配備していますが そうなると飛距離が問題です

この手の兵器では進んでいるロシア製BM-30スメーチでも
平均70km 9M528弾でも最大90Kmで100kmは飛ばないはずです
実際にM1991ロケット砲も射程は60Km程度といわれているので
そうなると200km飛んだ弾頭は何か? ということになります

新型兵装の可能性も?
近年の北の軍事パレードにいくつか新型の兵器がみられました
その中のひとつだった可能性もあります

ポンゲ(稲妻)6/KN-06 SAM
北朝鮮,飛翔体,発射,短距離ミサイル,軍事パレード,新型兵器,ポンゲ6,クムソン3,ミサイル,ロケット,乗り物,飛行機
この大型トラックに搭載されていのは 地対空ミサイルの
ポンゲ6です 

北が配備を進めている新型SAMで高度数十km以下の航空機に
対応できるSAMといわれています

クムソン(金星)3 ASM
北朝鮮,飛翔体,発射,短距離ミサイル,軍事パレード,新型兵器,ポンゲ6,クムソン3,ミサイル,ロケット,乗り物,飛行機
これも2017に公開された新型の対艦ミサイルです
ほとんどスペック不明ですが 80年代に開発された
ロシア製3M24ウランに近いとされているので 
射程は150kmから200Km程度と推定されています
今回の撃たれた飛翔体と ほぼ一致しています

新型地対地ミサイルかも?
地対地ミサイルの可能性も捨てきれません
というのは北は旧式のものを使用していましたが
そろそろ更新されても不思議ではありません

北朝鮮,飛翔体,発射,短距離ミサイル,軍事パレード,新型兵器,ポンゲ6,クムソン3,ミサイル,ロケット,乗り物,飛行機
北の軍事パレードにも 正体不明の車両が出ていました
BTR系の車体に 大型ターレットを載せ その中に
8連装のミサイルランチャーが見えています
これが対地用途のミサイルかもしれません


北朝鮮,飛翔体,発射,短距離ミサイル,軍事パレード,新型兵器,ポンゲ6,クムソン3,ミサイル,ロケット,乗り物,飛行機
陸自も 中距離多目的誘導弾を配備中ですが
これは戦車などだけでなく 舟艇なども攻撃できる
ため多目的となっていますが キャニスターに
収められた最大6発のミサイルを連続発射できます
またMLRSに用いられる長距離用のMGM-140 ATACMSでは
最大射程は128Kmとなっています

北のものはずっと劣るでしょうが 同様のコンセプトで
開発されたものかもしれません


またこうした誘導弾とロケット弾を複数同時に 
撃ったこともあり得ます 
ともあれ北の物事に詰まると軍事的行動に訴える
粗雑な思考は あいかわらずといえます

北朝鮮は今回の発射に威嚇的コメントを出しています

ミサイル発射の日、「米国は出しゃばるな」

*     (⌒⌒)  
 ファビョ━ l|l l|l ━ン!!!!!  
.     ノ L_  ポッキュー!!!
    ⌒_ノ 北ヽ\  <シャラッーピ! 米帝 
  /   \ 三 /  \ シャシャるな二ダー!  
 / U  (__人__)  \  
 <u    |::::::|   U >   
  \   ̄\ l;;;;;;l u /l!| !  


北朝鮮が1年5カ月ぶりに短距離ミサイルを発射したが
対外宣伝メディアは米国が韓国に対北朝鮮圧力政策を
強要していると非難した。
「(米国の行動は)南側に対北制裁・圧力政策に
歩調を合わせろという強迫であり、極めて悪質だ」
韓国に向けては「民族共助」を促した/北メディア 

一方 米国はさらに北への制裁強化に動き出しました

北への制裁強化を検討
トランプ政権がイランと取引する企業や金融機関への
制裁強化を検討していると報じた。 
イランの米ドル調達を制限するのが狙い。
原油に次いでイランの主要収入源となっている
石油化学製品の取引が対象に含まれる。 

また米制裁で規制されているアンモニアや
メタノール、尿素といった石油化学製品の販売に
ついて外国企業への制裁強化を検討/WSJより抜粋 

今回の射撃は単に北の強行な態度というだけではありません
米中貿易紛争の中で いまはおとなしくしていなければ
ならない中国に代わって 舎弟分が注目を集めている
一種の陽動でもあります

少し派手目な花火に惑わされて 大陸から目を離しては
ならないでしょう


人気の過去記事のページ


人気の過去記事2のページ

HOME

▲Page Top



引用文はソース元にキャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system