Home > >軍事記事

ミリタリー記事

陸自装備,防衛シンポ,車両,軍事

これが未来の陸自装備だ 防衛シンポレポ 車両編1-1


今回は陸上装備の中でも車両を見ていきます

特に無人車両関連が多く展示されており
陸自も本格的にロボット化が進んでいく
傾向を強くあらわしていました

大和タケル
陸自装備,防衛シンポ,車両,軍事

小型UGV クローラーロボ



陸自装備,戦車,,防衛シンポ,車両,軍事

まず こちらは爆発物処理などをする
クローラーロボです
実車けっこう大きくてどっしりしてます
動いてるとこが見れればもっと良かったんですが
機動部のデザインがなかなか凝ってます

将来的にはこれと空中型UAVなどが組み合わされて
リーコンする小型偵察システムも開発中とのことです

CBRN対応無人車両



陸自装備,戦車,,防衛シンポ,車両,軍事

今回の多目的自立走行ロボの中でも一番
かっこよかったのがこの車両でした

生物化学兵器や放射能汚染下で作業を行なえる
無人車両です
赤外線からガンマ線までの各種センサーを
搭載して福島の教訓からか 衛星回線を通じて
数十Kmかなたから遠隔操縦できるマシンです

次世代軽戦闘車両



陸自装備,戦車,,防衛シンポ,車両,軍事

機動戦闘車(Maneuver Combat Vehicle, MCV)が
投入され始めましたが その次の計画です

重要なのは次の三点です

陸自装備,戦車,,防衛シンポ,車両,軍事

1 軽量ながら高い防御力

これには地雷に強いV字型車体低板や
衝撃緩和シートの採用による対爆車体
更に将来的には敵から撃ってきたRPG等の
弾頭そのものを迎撃するアクティブ防御

2 軽くても強力な火砲

陸自装備,戦車,,防衛シンポ,車両,軍事

105mm砲弾程度でもある程度主力戦車と対峙
できるような強力な火砲の開発
そのために砲身と砲の取り付け部の二箇所が
スライドして衝撃吸収をおこなう
デュアルリコイルシステムの開発


ホイール内にモーターを取り付けて
電気駆動を行なうインモーターホイール

さらに他の部隊や無人車両とのシステム化や
リンケージなどにより これらが全て搭載された
場合 現用の機動戦闘車より相当な戦力増加の
効果大でしょう

陸自装備,戦車,,防衛シンポ,車両,軍事

使用すみの105mm砲弾
先端を交換してが射程調整を行なうタイプです
実際にネジ式の先端を触らせてもらいました
機動戦闘車(Maneuver Combat Vehicle, MCV)
主武装 52口径105mmライフル砲
副武装 12.7mm重機関銃M2
74式車載7.62mm機関銃
機動力
速度 100km/h以上
エンジン 直列4気筒4ストローク水冷
ターボチャージド・ディーゼル
570ps/2,100rpm



グーグル+


▲Page Top

inserted by FC2 system