マラバール2019 in 佐世保 訓練シーンから
緊張高まるインド-パキスタン情勢まで

大和タケル

毎年恒例となった 共同訓練マラバール
今回は海自が初の主催となっており
佐世保を拠点としての訓練が展開されました

マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物
海自p-1と米海軍 インド海軍のP-8 

海上自衛隊第4航空群は、日米印共同訓練
(マラバール2019)における交流行事として、
米印海軍P-8と海自P-1による記念撮影、
歓迎行事等を行い、米印海軍との交流を深めました

マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物

マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物

海上自衛隊は、「自由で開かれたインド太平洋」の
実現に向けて、米印両国海軍とともに各種取組みを
推進しています。/防衛省 海上自衛隊発表

マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物


マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物
9月30日、海上御自衛隊及び米印海軍は、
日米印共同訓練(マラバール2019)の
洋上訓練を開始しました。

マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物

補給艦「おうみ」は印海軍「サヒャドゥリ」
及び「キルタン」とともに洋上補給訓練

マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物

護衛艦「ちょうかい」及び「さみだれ」は、
米海軍「マッキャンベル」と
近接運動等を行いました/海自 米第七艦隊等より

マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物

ところで マラバールといえばインド
ですが当のインドは 毎度といえば 
毎度なんですが 隣国のパキスタンとの
緊張が高まってます

マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物
2012年より配備されたインドの新鋭フリゲート 
ins sahyadri 

マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物
6000t級のサヒャドリの甲板上で行われているのは
やっぱりヨガだったぁ! インドの山奥で修行して~♪






今回の真剣度がちょっと違うのは
インドが 係争地のカシミールの一部の
自治権を停止したことに パキ側が
マジ切れしている点です

パキスタン首相、核戦争を警告
 インドとのカシミール問題で
マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物

パキスタンのイムラン・カーン首相は
米ニューヨークで開催中の国連総会で
演説し、カシミール(Kashmir)地方をめぐる
インドとの争いが全面核戦争へと発展し
世界に影響を及ぼす恐れがあると警告した。
AFPより一部抜粋

このように核兵器にまで言及していますが
既に 散発的な小競り合いがはじまっています

カシミール州で印・パの激しい軍事衝突
マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物

インドは今月5日、カシミールの自治権を
廃止する決定を下しましたが、これにより
同国とパキスタンの間の緊張が高まっています、

カシミール地方の住民は、インド政府による
今回の措置やそのほかの最近の行動を、
カシミール住民に対する宣戦布告とみなしています

「インド・パキスタン両軍による銃撃戦は
甚大なものだ」としています。
ファールス通信より一部抜粋

インド軍 大幅な装備増強へ
マラバール2019,防衛省,海上自衛隊,佐世保,インド,パキスタン,インド海軍,米海軍,海軍,海戦,戦艦,乗り物
パキスタンとの緊張を高めているインドが、
フランスからミラン2T対戦車ミサイル数千発や
露R-77中距離空対空ミサイルを約400発を発注した 

またインド空軍が発注したAH-64アパッチ攻撃ヘリ
4機も7月30日にニューデリー近郊の基地に到着した

中国にも対抗する意図も
中国はインドと、東部地域のアルナーチャル・
プラデーシュ州でも国境問題を抱えており、
1962年には戦争も経験している/新浪網より

インドは経済が好調なので兵器もかなり潤沢です
日本がアパッチ調達が止まり コブラ後継問題も
はっきりしないのを後目に アパッチも22機発注
しており 今回は第一陣の4機です

※関連記事見出し
インドの人口、30年までに中国抜き1位 - Sankei

インド成長率、中国抜く アジア16年6.3%成長 :日経

経済や防衛で親密度を増す日本-インド関係に対して
中国は訪日客が落とす 元爆弾で対抗していますが
自分は 親印派ですね!ダァイバダッタの魂宿し~♪

過去の印パの砲撃戦については ↓ページに
記事がまとめてありますので見てください


世界の紛争記事のページ



人気の過去記事のページ


人気の過去記事2のページ

HOME

▲Page Top



引用文はソース元にキャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system