日本の新型無人機 
北京攻撃の想像図アリ

大和タケル

日本のオリジナル無人機
世界各国は無人機導入に熱心ですが
日本もグローバルホークを始め
多くの無人機の導入運用を始めています

TACOM,無人機研究システム,UAV,ASSY,空自,無人機,

そんな中で 少しマイナーなんですが
日本のオリジナル無人機計画であるTACOMが
進められていました
これは富士重工によって開発された
空中発進型の小型無人機でした

TACOM,無人機研究システム,UAV,ASSY,空自,無人機,

完全自立型でステルス性も考慮されており
硫黄島でのテストが成功した動画もあるので
載せておきます

TACOM,無人機研究システム,UAV,ASSY,空自,無人機,

あまり動向が伝えられてなかったようですが
今回 無人機研究システム UAV ASSYとして
予算申請されていることが確認ができました
つまりTACOMから ASSYとなったようです

TACOM,無人機研究システム,UAV,ASSY,空自,無人機,
全長:5.2m
全幅:2.5m
高さ:1.6m
重量:700kg
航続距離:数百km
実用上昇限度:12000m

TACOM,無人機研究システム,UAV,ASSY,空自,無人機,

母機分離タイプはそれなりに応用がきくとおもいます



ここからは管理者の勝手なチラ裏になりますが
長距離ミサイル化することもおもしろいでしょう

仮にロングレンジミサイルLRMとしておきますが
現行モデルが片道200Km 往復400Kmの航続距離
と仮定すると例えば機体を延長した上で
翼内にも燃料を搭載し射程を600Km以上に延ばし
降着装置を外して 機体前部にサーモバリック弾頭
でも搭載すれば それなりのものなるのではないでしょうか


硫黄島で行なわれた着陸テスト成功シーン

写真のようにF-15の場合なら戦闘行動半径より短い1500Kmで発射
そこから+600Kmで 計2100Kmの射程なら 十分に他国の脅威になるでしょう

TACOM,無人機研究システム,UAV,ASSY,空自,無人機,

そこでちょと北京攻撃の想像図を作成してみましたよ

いつも第二砲兵 第二砲兵とウザいのでたまには
こんな画像もいいでしょう

ともかく 日本は長距離打撃兵器の層が薄いので
通常弾頭でいいので なんとかしたいものです

▲Page Top

inserted by FC2 system