ガーディアンノース 日英共同訓練開始
 タイフーン見参!

アメリカ以外との 初の共同訓練となる
ガーディアン・ノースが始まりました

ガーディアンノース,日英共同訓練,タイフーン,空自,RAF,三沢基地,F15,F2ユーロファイター

すこし前に独メルケル首相が 日本のNATO参加を
うながす発言をしたと話題になりましたけど
ともかく 友好国との軍事的親睦は大いに進めるべきでしょう
大和タケル

次に防衛省とRAFの公式発表を乗せておきます

日英共同訓練の実施について航空自衛隊は、
日英共同訓練(ガーディアン・ノース16)
を下記のとおり実施します。

  ガーディアンノース,日英共同訓練,タイフーン,空自,RAF,三沢基地,F15,F2ユーロファイター

1 目的
 英国空軍との共同訓練を実施することにより、
部隊の戦術技量の向上並びに相互理解の促進及び
防衛協力の更なる深化を図る。

2 期間(基準)
 平成28年10月中旬〜11月上旬
ガーディアンノース,日英共同訓練,タイフーン,空自,RAF,三沢基地,F15,F2ユーロファイター

3 訓練実施場所
 三沢基地及び同周辺空域等

4 実施部隊(基準)
(1) 参加部隊
 ア 航空自衛隊
 航空総隊(北部航空方面隊)
 イ 英空軍
 第2飛行隊を主とする訓練部隊

ガーディアンノース,日英共同訓練,タイフーン,空自,RAF,三沢基地,F15,F2ユーロファイター

(2) 参加規模(基準)
ア 航空自衛隊
 F−15戦闘機及びF−2戦闘機それぞれ約4機
イ 英国空軍

 タイフーン戦闘機4機、ボイジャー空中給油輸送機、
C−17輸送機及び人員約150〜200名


RAF fast jets will visit Japan in the autumn 
to train with Japanese forces.
ガーディアンノース,日英共同訓練,タイフーン,空自,RAF,三沢基地,F15,F2ユーロファイター
 No II (AC) Squadron, based at RAF Lossiemouth, 
will fly Typhoon fighter jets to Misawa Air Base 
in Northern Japan, for joint exercises with 
the Japan Air Self-Defense Force (JASDF). 

 ガーディアンノース,日英共同訓練,タイフーン,空自,RAF,三沢基地,F15,F2ユーロファイター
Wg Cdr Roger Elliott, 
Officer Commanding II (AC) Sqn 

 「これは英空軍とタイフーン部隊が行う極東に
おける 最も野心的な展開だと思います。
だから、航空自衛隊と最初に訓練するRAFユニット
として参加することは非常に光栄なことです」
from RAFHP







 気になるタイフーンと英国との関係
ガーディアンノース,日英共同訓練,タイフーン,空自,RAF,三沢基地,F15,F2ユーロファイター

やはりオタ的にはユーロファイター・タイフーン
が気になるところです

ステルス優先ではないデザインながらRCS値は
トーネードより低く また制空と攻撃の2作戦を
一機種でこなせるというのが 売りとなっています

また独伊との共同開発機ですが 英側の開発元
BAE社は日本のX-2発展型の開発パートナーに
ボ社やロ社と共に名乗りをあげています

更にミーティアというAAMの発展型を日英で
共同開発するという話も進んでいます
F-3ができたあかつきには このミーティア改が
ウェポンベイに収まっている可能性もあります

ちなみに英国のミサイルは ITCのお国柄もあってか
なかなかかっこいいデザインが多いです

ガーディアンノース,日英共同訓練,タイフーン,空自,RAF,三沢基地,F15,F2ユーロファイター
こちらの画像は管理者の作った英ブラッドハウンド
地対空ミサイルですが 米ホークミサイルとかと
比較するとすごく複雑なメカ構成となっていて
マニア心をくすぐるデザインとなっています

トップページへ

▲Page Top



コピーライト/大和タケル
inserted by FC2 system