★激化する建艦競争】 鎬を削る米国と中国
一方 ロシアは空母廃艦の可能性も  

大和タケル
中国は南シナ海に幾つも要塞島を造り 空母の建艦競争も
米国に挑んでいます その一方でかつての超大国ロシアは
軍事面より予算面で苦戦しています
今回はそうした中国とロシア両海軍の状況を取り上げました 

南シナ海で航行の自由作戦 米駆逐艦、中国をけん制
南シナ海,航行の自由作戦,中国,プレブル,空母,アドミラルクズネツォフ,廃艦,海軍,海戦,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,
プレブル /USS Preble, DDG-88

中国が実効支配する南シナ海のスプラトリー諸島周辺で
同日、米海軍が軍艦を航行させる「航行の自由」作戦を
実施したと伝えた。
中国による南シナ海の軍事拠点化をけん制する狙い。 

中国がジョンソン南礁とガベン礁を埋め立てて造った
人工島の12カイリ内をイージス艦プレブルと
チュンフーンの2隻が航行した
第7艦隊の報道官「今回の無害通航は過剰な権利の
主張に挑戦し、国際法に基づく航路へのアクセスを
守るためだ」と説明した。 

人工島12カイリ内を領海と見なす中国の反発は必至
昨年9月には、同海域で航行の自由作戦を行った
米艦に中国軍の駆逐艦が異常接近する事態が起きている。 
ロイターなどより一部抜粋

中国 空母建艦競争も米国に挑むか
膨張主義を続ける中共は空母戦力の増強も図っています

中国が空母建造を加速
南シナ海,航行の自由作戦,中国,プレブル,空母,アドミラルクズネツォフ,廃艦,海軍,海戦,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,
中国は排水量7万tの国産空母「001A型」を
進水させ、就役に向けて試験を行っている。
搭載可能な艦載機数は48機で、「遼寧」から
大幅に増える

とりわけ中国はすでに国産空母002型などの
建造にも着手していると言われ、将来的には
所有する空母を6隻にまで増やす可能性がある。
また、インドも少なくとも3隻にまで増やす意向
ナショナルインタレストより一部抜粋

001A型は遼寧型を発展させたといわれていて
2018年8月27日に試験航海を終え 早ければ
2019の四月には配備という予測でしたが
まだ いまのところは正式配備されたという
発表はないです
 






その一方でロシアは クリミア編入等への
経済制裁の効果で体力が落ちていることもあり
航空分野やミサイル関連には 覇権争いをしていた頃の
残光が見られますが 全体に予算が回っていません

そのため 唯一の空母であるアドミラルクズネツォフに
廃艦の話が出てきました

ロシア唯一の空母「アドミラルクズネツォフ」廃艦か 
浮きドック沈没、改修できず
南シナ海,航行の自由作戦,中国,プレブル,空母,アドミラルクズネツォフ,廃艦,海軍,海戦,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,
ソビエト連邦時代に建造された重航空巡洋艦
「アドミラル・クズネツォフ」は、ロシア海軍で
現在保有する唯一の空母だ。
老朽化から運用限界を指摘する声も出るなか、
改修による延命が試みられていたがクレーン
落下による甲板破損に見舞われた 代替施設の
目処は立たず、スクラップ行との観測もある

2018年10月、アドミラルクズネツォフは
ロシア北西部の町・ムルマンスクに停泊していた。
改修作業のため、「浮きドック」入りしていたところ
70t級のクレーン2基が落下し甲板を直撃した。
事故の原因は作業中の停電だとされているものの、
国営の電力会社は、送電は正常だったと主張している。 
Ministry of Defence より一部抜粋

クズネツォフのこれまでの流れ
1985~1990 1991~2004 2005~2016   2017~2019      
ソ連崩壊の    蒸気パイプ等 故障修理の繰返し 改修中に倒壊  
財政難から  改修交換後  シリア攻撃参加時 事故,甲板亀裂
ほぼ係留状態 任務に復帰  MiG29KRが事故る 廃艦の可能性も

.      ∴∵∴∵∴:∵∴∵_ i/ = =ヽi∴   ∵/) 
      ∴∵☆彡∴∵∵ //[||    」  ||]  ( i ))
      ∴∵∴∵∴∵ / ヘ | |  ____,ヽ | | / /
      ∴゚∴∵∴∵ /ヽ ノ    ヽ__./  ∴  /  
      ∴∵∴∵  く  /    三三三<今ココであります!


この事故はセヴェロモルスクのロスリャコヴォ海軍工廠で
8万t級浮きドックPD-50に入渠して修理を行っていた際に 
浮きドックが沈没した(停電が原因とされる)ために衝撃で
クレーンが倒れ デッキに(4×5)mの亀裂がはいったものです

南シナ海,航行の自由作戦,中国,プレブル,空母,アドミラルクズネツォフ,廃艦,海軍,海戦,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,
この事故が起きた当時 普通なら直ちに撤去されるべき
落下したクレーンが かなり長く甲板に放置されていたと
いう証言もあり 予算とやる気の無さが伝わってきます

つまりドックが沈んで廃艦の   ミ,,,;;;ミ<Заткнись! 
`・ω・´)可能性が浮上したと・・ (`c_,´) 黙れ! 

ただ ロシアは大型潜水艦にはけっこう力をいれて
いるのも事実ですので あまり油断はできません 

ちなみにロシアが空母といわずに航空巡洋艦と
呼称しているのは 海峡など通過に際して空母では
差しさわりがあったためだといわれています

最後にロシア経済の現状について少し見ておきましょう

ロシアの経済実態
南シナ海,航行の自由作戦,中国,プレブル,空母,アドミラルクズネツォフ,廃艦,海軍,海戦,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,
発表されている経済指標は あまり信用できない
部分もあるので 誤魔化しづらい新車販売台数を
比較してみます

各国の2019/1-4月期 新車販売台数
マークラインズより

日本
前年同期と同水準の190万6,902台

米国 530万台

インド 約140万台程度

ロシア
1-3月は前年同期比0.3%減の39万1,650台。
4月のデータはありませんでしたが月平均の
15万台を加えても 55万台程度です
韓国車等がトップシェアになっています

これは米国の1/10程度になります
新興のインドと比べても1/3強程度です

もって軍事力と経済力のアンバランスさが
分かると思います


人気の過去記事のページ


人気の過去記事2のページ

HOME

▲Page Top



引用文はソース元にキャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system