★謎のロシアンボカン】大爆発は
原子力推進ミサイル実験中だったのか!?

大和タケル

ロシアで6月に続き 大規模な爆発がおこりました
核関連の研究という説が強まってきています
そのへんも含めて みていくことにしましょう

まず 初めに爆発事故そのものの報道を
挙げておきます

ニョノクサで大爆発
ロシア,アルハンゲリスク,原子力,核兵器,巡航ミサイル,ブレベストニク,宇宙,ポセイドン,ロケット,乗り物
ロシア北部のアルハンゲリスク州ニョノクサ
/Nyonoksaの海軍実験場で8日に爆発が起き、
周辺で一時放射線量が上昇した事故で、
ロシア国営原子力企業ロスアトムは10日
「同位元素を使用した燃料エンジン装置の
実験中に発生した事故で同社職員5人が
死亡した」と明らかにした。
ロスアトムの関与が判明したことで、
原子力関連の事故である可能性が出てきた。

米専門家は、ロシアが開発中の原子力巡航
ミサイルの実験中だったという見方を示している。
共同より一部抜粋

原子力ミサイル実験で深刻事故
「海上施設で爆発」か
ロシア,アルハンゲリスク,原子力,核兵器,巡航ミサイル,ブレベストニク,宇宙,ポセイドン,ロケット,乗り物
ロシア北部アルハンゲリスク州で起きた
軍のミサイル実験に伴う爆発事故で、
国営原子力企業ロスアトムの従業員5人が
死亡したことが10日、明らかになった。

国防省は当初「液体燃料エンジン」実験中の
爆発で2人が死亡したと発表。
しかし、近隣地域での一時的な放射線量の
上昇に加え、原子力企業の関わりが判明し、
ロシアが開発を進める原子力推進式ミサイル
の実験中に深刻な事故が起きた可能性が
指摘されている。

ロシア,アルハンゲリスク,原子力,核兵器,巡航ミサイル,ブレベストニク,宇宙,ポセイドン,ロケット,乗り物
ロスアトムはその後「推進装置にある
放射性同位元素を動力源とするミサイル
実験は海上の施設から行われた。
実験完了後に燃料に引火し、爆発が起きた。
何人かの従業員が海に放り出された」
と明かした。ニョノクサには海軍実験場が
あり、実験は沖合の白海で行われたと
みられる/時事より一部抜粋

この二つの記事で注目すべき点は
"ロシア国防省は「液体燃料エンジンの
試験をした際に爆発が発生した大気中の
有害物質の排出はなく、放射線レベルも
「正常」と説明した"という事故直後の
発表が否定されていることです

次の記事でも 化学燃料でなかったという
ことが書かれています






液体指揮燃料なら放射線は出ない
専門家は、液体ロケット推進薬の爆発は
放射線を放出しないと述べた。

彼らは、爆発の疑いがあり、放射能放出は
ニョノクサ村の外の施設での原子力巡航ミサイル
の試験中の事故に起因したと述べた。

「爆発しても液体燃料ミサイルエンジンは
放射線を発しません。ロシア人は巡航ミサイルの
核推進に取り組んでいます」/ロイターより一部抜粋

まったく同意で通常の液体式燃料が爆発しても 
放射線は出ないはずです
(だいたいケロシン 液体酸素 液体水素等)

では核推力兵器とは何なのか?
ロシア,アルハンゲリスク,原子力,核兵器,巡航ミサイル,ブレベストニク,宇宙,ポセイドン,ロケット,乗り物
この出所のひとつがプーチンが言及した
新型の核関連兵器類のことがあります

9M730 Burevestnik/Буревестник 
「フルマカモメ」、NATOコードネーム:
SSC-X-9  スカイフォール

また大型UUVのポセイドン/Посейдон、
NATOではKanyon といわれています

これらの兵器にはunlimited range/射程限界無し
なんて書かれてますけど どうなんでしょうか?
まだ実現には かなり遠いのではないかと思います

ロシア,アルハンゲリスク,原子力,核兵器,巡航ミサイル,ブレベストニク,宇宙,ポセイドン,ロケット,乗り物
まず ブレベストニクですけど諸元不明です
そうだとされる画像に映っている人間との
比較でも さほど巨大でもないサイズのようです
(トマホークよりは大きいですが 初期の
巡行ミサイルSM-62 スナーク等より小型に見える)
2018にテストが一応 成功したという発表もあり

ロシア,アルハンゲリスク,原子力,核兵器,巡航ミサイル,ブレベストニク,宇宙,ポセイドン,ロケット,乗り物
更に3D図も出てますが どうも胴体下部に飛び
出している小さいのが原子力エンジンのようです
ユニット式で普段は別個にされてるんでしょうか?
その他は機体形状 翼形式共にさほど特別な
ところはなさそうです

ところで 核動力/原子力推進というのは
主に宇宙船用のエンジンとして50,60年代の
ほうが盛んに研究されていました

米国のNERVA計画などでは 水素を循環させて
冷却させると同時に 原子炉で加熱して
強力なスラストを発生させるシステムでした

ロシア,アルハンゲリスク,原子力,核兵器,巡航ミサイル,ブレベストニク,宇宙,ポセイドン,ロケット,乗り物
NASAの原子力ロケットの一案

この他にも プラズマ炉心型から 小型の
核ペレット(マイクロ原爆)をレーザーで
船尾で爆発させ その反動で進もうという
オリオン計画や電気推進とのハイブリットなど
様々なタイプが計画されていました

これらは70年代の包括的核軍縮の流れで
ほとんどが下火となっていきました
その後の ソ連崩壊で宇宙開発競争が
終焉したこともあります

ただ決して全てが捨てられたわけではなく
ロシアでもTEMという組織が 原子力推進の
ロケットを開発中です

ロシア,アルハンゲリスク,原子力,核兵器,巡航ミサイル,ブレベストニク,宇宙,ポセイドン,ロケット,乗り物
ロシア提案の火星向け原子力推進ロケット案

それで原子力推進のメリットというのは
化学燃料は固体式,液体式に関わらず短時間の
燃焼で終わってしまうのに対して 核燃料が
ある限りずーーと燃えつづけるZE☆!

つまり推力を発生し続けることができる
点です これは非常に長距離の宇宙航行には
もってこいのシステムです

しかし 地球サイズの所ではどうなんでしょうか?
空母などなら 地球を周回するのも理解できますが
巡行ミサイルが何周もぐるぐる廻っても
あまり意味ないでしょう(恐怖を与える作戦かな?)

巡行ミサイルに放射線シールドができるのか?
ロシア,アルハンゲリスク,原子力,核兵器,巡航ミサイル,ブレベストニク,宇宙,ポセイドン,ロケット,乗り物
更に核動力には 遮蔽の問題が付きまといます
これは50年代に米国が考えた核動力戦車TV-1です
(ハイ そこっ! クスクス笑わない!!)

これでもシールドは甘い方です 戦車でさえ
こんな風になってしまうのに1gでも軽量化したい
航空兵器に こんなシールドは無理でしょう
いくら敵に撃ちこむからといっても シールド
なかったら整備士たちにも影響が出ます
(ブレベストニクの整備画像ではさほど特殊な
放射線対策をしているように見えない)

ロシア,アルハンゲリスク,原子力,核兵器,巡航ミサイル,ブレベストニク,宇宙,ポセイドン,ロケット,乗り物
一方 2メガトンの核弾頭を持つという大型UUV
ポセイドンのほうは ある程度サイズがある上に
海水が冷却に使え 更に無人なのでシールドも
有人潜水艦に比べれば 簡略化できると思います

ただ想定速度が速いので 実現するためには
これまでのものと異なった新しい推進システムを
導入するつもりなんでしょう

日本も そうりゅう型の次はウォータージェット
推進型になる予定です

将来的には海水を取り込んでから塩分など
の除去処理をしてナーバタイプのような
原子炉で 熱して吹き出せば お得に強推力が
得られる なんて上手いシステムできるかも
しれないですねぇ( ´Å`)

ロシア,アルハンゲリスク,原子力,核兵器,巡航ミサイル,ブレベストニク,宇宙,ポセイドン,ロケット,乗り物
ともかくロシアには "バウンダー詐欺"という
前科があります

過大な性能や戦力の発表を鵜呑みにせず
全てを疑ってかかる必要があります


人気の過去記事のページ


人気の過去記事2のページ

HOME

▲Page Top



引用文はソース元にキャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system