米イージス艦事故 中国等の
サイバー攻撃の可能性を探る

大和タケル

伊豆半島沖での米イージス艦フィッツジェラルドの
事故に続き 再び衝突事故が発生してしまいました

この一連の騒動により第七艦隊の司令が交代する
ことまでおきましたが はたして人為的ミスだけで
片付く問題でしょうか?

その辺について まとめましたので ご覧ください

事故直前に操舵不能か? 
サイバー攻撃,サイバーアタック,マケイン,イージス艦,GPS,スプーフィング,システム,ウィルス,弱性,中国製,中国,ドローン
衝突で穴が開いたイージス艦ジョン・S・マケイン
喫水線のところなのでほんと危なかった

シンガポール東方沖の南シナ海で起きたイージス艦
「ジョン・マケイン」とタンカーの衝突事故について
艦の操舵システムの異常が衝突につながった可能性がある

マケインは操舵機能が衝突の直前に失われ、事故後に
回復した形跡があった 予備の操艦システムが搭載され
ているが、同システムは使われていなかった。

米海軍のリチャードソン作戦部長は記者団に対し、
「イージス艦がサイバー攻撃を受けたことを示す証拠は
現段階で見当たらないが 今後の詳細な事故調査では
サイバー攻撃を対象から除外しない」と述べた
ホワイトハウスは22日、事故に関し声明を発表し、
犠牲者の家族や友人に「哀悼の意」を表明した
CNN等より一部抜粋

サイバー攻撃,サイバーアタック,マケイン,イージス艦,GPS,スプーフィング,システム,ウィルス,弱性,中国製,中国,ドローン
新たに就任した ソーヤー第七艦隊司令

この記事では操艦システムがなぜ狂ったのかについては
まったく触れられていませんが 自分はサイバー攻撃の
可能性は否定できないと思います
以下に その理由を補強する記事を載せます

過去にGPSが狂わされた事例がある
サイバー攻撃,サイバーアタック,マケイン,イージス艦,GPS,スプーフィング,システム,ウィルス,弱性,中国製,中国,ドローン

元海軍諜報スペシャリストで現米サイバー調査会社
/Wapack LabsのJeff Stutzman氏は、このような
艦船事故を防ぐための多くの人が関わっているため、
事故は単なる人為的ミスと考えるのは難しいと指摘した

特に短期間に頻発するのは奇妙
衛星ナビゲーション・システムのエキースパトで
テキサス大のハンフリーズ教授も、海軍艦船衝突が起きる
確率からみても、4件の事故が起きることに疑問を示す
 

教授によると、6月に黒海でGPS通信の操作で航海中の
船20隻のナビゲーション・システムが正常で作動して
いたにも関わらず、別の位置に誘導されていた事件があった

スプーフィングが使われたか?
サイバー攻撃,サイバーアタック,マケイン,イージス艦,GPS,スプーフィング,システム,ウィルス,弱性,中国製,中国,ドローン 

「スプーフィング」は偽の情報を送り込んで管制用の
コンピューターを制御する
衛星からの信号よりも強い信号を使ってGPSシステムに侵入、
コンピューターに誤命令を送り船を操る「GPSスプーフィング」
が使われた可能性もあるとしている。
グローバルリスクコミュより






このスプーフィングは有事に使われると厄介ですね
単なる電波ジャミングと異なり いつのまにか危険のある
海域に引きこまれて座礁させられたり 機雷の仕掛けてある
近くまで誘導されてしまうかもしれません
まさに現代版ローレライとも言えるでしょう

しかし 自分は別の可能性もあると思っています
それはこれまで懸念されていた中国パーツの危険が
顕在化したものではないかと考えています 
その一例が↓の記事です

脆弱性が高い中国製品
米陸軍が中国製ドローンを全面使用禁止

サイバー攻撃,サイバーアタック,マケイン,イージス艦,GPS,スプーフィング,システム,ウィルス,弱性,中国製,中国,ドローン

米陸軍は、今後中国のドローン製造企業
「大疆創新科技有限公司(DJI)」製のドローンの
使用禁止を命令した。サイバー攻撃に対して
脆弱で飛行不能に陥る可能性があるという。

しかし、同社のドローンは世界シェア70%を占めており、
米陸軍のドローンもほとんどがDJI製で、今後の米軍の
軍事作戦に支障をきたすことが懸念されている/ロイター

この記事からも 米軍内で脆弱性のある中国製品が
使用されていたことがわかります
また 例え製造メーカーが米国企業などであっても
使用パーツの中に中国製部品が紛れていることは
十分に考えられます

しかも 最悪なのは中国製はバックドア等が意図的に
仕込まれている場合も 少なくありません

これらを総合すると 以下のような流れが推測できます

サイバー攻撃,サイバーアタック,マケイン,イージス艦,GPS,スプーフィング,システム,ウィルス,弱性,中国製,中国,ドローン

脆弱性のある中国製パーツが紛れ込んでいる

そこにウィルス等が侵入し ユニットの機能を低下させる

更にスプーフィング等のサイバーアタックが行われる 

制御システムがダウンして 事故が発生する

そんな中で中国が 事故の犠牲者をあざ笑うような
発表をしています

「事故頻発は世界の笑いの種」中共機関紙
サイバー攻撃,サイバーアタック,マケイン,イージス艦,GPS,スプーフィング,システム,ウィルス,弱性,中国製,中国,ドローン
24日付の共産党機関紙・人民日報系の環球時報は、
「頻発する米イージス艦の事故は 世界中の海軍の
笑いの種になっている」との匿名の専門家の発言を伝えた 
時事より

こんなこと言ってますけど 中共もあまり調子にのらない
ほうがいいとおもいますよ 
今度 波に乗り損なうのは中国艦艇かもしれないですからね


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system