米空母が近づく南シナ海
 中国対空ミサイル大量配備中!

中国、南シナ海人工島にミサイル施設 
20基超完成間近 
中国海軍,南シナ海,対空ミサイル,米空母,HQ9,HQ12,12海里,航行の自由,米海軍空母     
中国が南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島に
造成した人工島に、長距離地対空ミサイルの格納施設と
みられる構造物を20基以上建造し、完成間近だと報じた。
複数の米政府当局者が明らかにしたという。 

 コンクリート製の格納施設はスービ(渚碧)礁と
ミスチーフ(美済)礁、ファイアリークロス(永暑)礁で
建造されている。

高さ約10メートル、長さ約20メートルで開閉式の
屋根を備えているという。 

中国海軍,南シナ海,対空ミサイル,米空母,HQ9,HQ12,12海里,航行の自由,米海軍空母
対空システム関連と判明した施設群

中国は南シナ海問題をめぐり、領有権を争う
沿岸諸国との間で「対話と安定の方向に向かっている」と
主張してきたが、軍事拠点化を急いでいる実態が改めて
浮かび上がった
フィリピンで開かれたASEAN会議で南シナ海で
軍事拠点化を進める中国に対し懸念の声が上がっていた
ロイター報道 

中国海軍,南シナ海,対空ミサイル,米空母,HQ9,HQ12,12海里,航行の自由,米海軍空母
バンカーに囲われた施設群

大和タケル
昨年 人工島に謎の施設が建設されているところが
衛星画像に捉えられ それが防空システムだったことが
確認されましたが この記事によるとすでに
20箇所にも増設されていることが 判明しました

配備されつつある対空ミサイルについての記述が
ないんですがHQ-7か より新型のHQ-9の可能性が
高いと思われます

中国海軍,南シナ海,対空ミサイル,米空母,HQ9,HQ12,12海里,航行の自由,米海軍空母

HQ-9Bは二段式固体燃料モーターでM4.2が出せる
ミサイルで 開発中のC型ではアクティブレーダー
ホーミングモードになるといわれています


中国海軍,南シナ海,対空ミサイル,米空母,HQ9,HQ12,12海里,航行の自由,米海軍空母

また中距離用SAMのHQ-12も併設されているかもしれません
この他に 原潜用の基地も中国側から 画像が
発表されており もはや完全な要塞化が確定しています

中国海軍,南シナ海,対空ミサイル,米空母,HQ9,HQ12,12海里,航行の自由,米海軍空母
中国が建設した南シナ海の基地
停泊中の094晋級戦略型原潜


こうした動きに ここのところ親中発言の
増えていたフィリピンからも危惧の声が上がりました






フィリピン 
ミサイル施設建造「挑発的」と中国批判 

フィリピンのヤサイ外相は23日、中国が
南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島に
造成した島に長距離地対空ミサイルを格納できる
構造物を建造中との報道を巡り、中国の行動は
「挑発的であり、抗議も辞さない」と批判した

これに対して 中国外務省の耿爽報道官は
「中国は自国の領土に必要で適度な防衛施設を
建設している。これは国際法に認められた
主権国家の正常な権利だ」と反発した
時事より

中国海軍,南シナ海,対空ミサイル,米空母,HQ9,HQ12,12海里,航行の自由,米海軍空母
中国の軍事サイト網易軍事に載っていた
論文によると 中国の戦略的利益は
島の主権と近隣諸国との戦略的な関係が
重要項目であって 漁業や石油ガス資源
などの経済的利益は二の次という論調でした

つまり人工島は軍事拠点というだけでなく
南シナ海というフィールドにおいて
ASEAN各国を親中派と敵対派に分ける
フィルターの役割を果たしていくという
戦略的利用価値が窺えます

航行の自由作戦によるまもなく米空母の
接近もあり 今後も南シナ海 浪高しと
いう状況が続いていくことになります


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



コピーライト/大和タケル
inserted by FC2 system