フランス潜水艦に賄賂疑惑浮上!
更に予算超過で沈没か!?

仏DCNS社、マレーシア政府への
潜水艦売り込み交渉で贈収賄行為の疑い

日産,フランス,潜水艦,賄賂,仏,DCNS,そうりゅう,オーストラリア,ゴーン,三菱,自動車,EV

フランス造船大手のDCNS社が、2002年にマレーシア政府に
スコルペヌ型潜水艦の 売り込み交渉の際に、政府幹部に
対して贈収賄を行っていた疑いがあることが明らかとなった 

仏捜査当局は疑惑が持ち上がったことを受けて、
DCNS社に対する捜査に着手した 

現在、疑惑の渦中に居るのは、DCNS社の外国法人の
社長を務めていたDominique Castellanという人物で、
他にもパキスタン向けの武器輸出でも不正行為を 
行っていた疑いがでている。 

報道によると、DCNS社は、2002年にマレーシア政府に
スコルペヌ型潜水艦の売り込み 交渉を行った際、当時防衛大臣を
務めていたナジブ・ラザク氏(現マレーシア首相)に 
対して技術顧問料として、3000万ユーロを支払ったとされる

日産,フランス,潜水艦,賄賂,仏,DCNS,そうりゅう,オーストラリア,ゴーン,三菱,自動車,EV
パナマ文書に名前があったとされるターンブル豪首相

オーストラリア政府はオーストラリア海軍の次期潜水艦に
DCNS社の バラクーダ型を選定したことを発表したが、
同社が外国への 武器輸出で不正行為を働いていた可能性が
浮上してきたを受けバラクーダ型選定に関しても不正行為が
なかったか、改めて蒸し返される可能性もでてきた

外電より





大和タケル

なるほど こんなことだろうと思いました
豪ターンブル氏はパナマ文書にも名前が載っていたと
されています
賄賂をもらって パナマで節税とはやり手政治家だなぁ

また この他に豪潜水艦の価格高騰も話題になってます
特に現地生産だと 跳ね上がるんですが これは雇用に
こだわったターンブル政権が是が非でもと打ち出した
条件ですから いまさら変更はできないでしょう

さぁ 楽しみな展開になってきました

豪次期潜水艦の建造費500億ドルに赤信号…
人件費などでさらに膨れ上がる可能性!
日産,フランス,潜水艦,賄賂,仏,DCNS,そうりゅう,オーストラリア,ゴーン,三菱,自動車,EV

オーストラリアの次期潜水艦の建造について、建造費が
500億ドルに達するとみられていることについて、
国防の専門家らが500億ドルでは収まらず、
費用がさらに膨れ上がる可能性があると警鐘を鳴らしている。 

 連邦政府が設置しているシンクタンク機関、
オーストラリアン・ストラテジック・ポリシー・
インスティテュートによると、潜水艦をオーストラリア国内で
建造した場合、人件費が さらにかさむことに加え、
建造計画にも遅れが出る可能性があるという。   

またフランス人繋がりということで 日産の話題も加えときます

日産、嫌いな車トップ10に4車種選出…
肝入りEV販売が壊滅的
日産,フランス,潜水艦,賄賂,仏,DCNS,そうりゅう,オーストラリア,ゴーン,三菱,自動車,EV
ルノー・日産連合には、次々と難題が降りかかっている。
ルノー・日産連合傘下のロシア自動車最大手、アフトワズの
ブー・アンデルソンCEOが3月に退任した。 
同氏はゴーン氏が送り込んだのだが その業績は不振を極め 
ロシアの2015年の新車販売台数は前年比で35.7%減少
アフトワズも31%減った。アフトワズの15年の損失は740億ルーブル
(1200億円)に達した。 

  日産,フランス,潜水艦,賄賂,仏,DCNS,そうりゅう,オーストラリア,ゴーン,三菱,自動車,EV   
年収10億円 かつてのコストカッターはいまや皇帝だ

ゴーン氏は、事あるごとに「日産とルノーは対等な関係」と言う。 
しかし、その実態は「共同開発と称して日産の技術とコストで
開発したクルマのおいしい部分をルノーが持っていく」関係だ。 
今度は、三菱自のおいしい部分をルノーがさらっていくことになる
biz-journalより一部抜粋

潜水艦勝利の上に 三菱自を傘下に収めて万々歳かと思いきや
世間の目は ゴーンの目つきより厳しいようですよww


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



コピーライト/大和タケル
inserted by FC2 system