水門基地VS馬毛島
尖閣を巡る日中の指し手

大和タケル
尖閣方面を窺う中共の計略がまたはっきりしました
一方 日本側の方策も進捗を見せてきました

 
中国軍 尖閣近くの基地増強 
日・台にらむ作戦拠点に
 馬毛島,FCLP,水門空軍基地,J16,尖閣,侵略,領土,中国,沖縄,爆撃機,艦隊,乗り物,飛行機,自衛隊,防衛,戦闘機,
中国が尖閣諸島/沖縄県石垣市から約380キロに
位置する福建省霞浦県の水門空軍基地の機能を
大幅に拡充させている
 
 
撮影された水門基地の写真を解析したところ、
中国の主力戦闘機J11やJ16を収容可能な
格納庫24棟や新たな誘導路が完成間近であった 
 
新たな格納庫は4棟ずつがひとまとめとなり、
長さ約2・7キロの滑走路の周辺や航空機の
待避区域に分散配置されている。 
 
馬毛島,FCLP,水門空軍基地,J16,尖閣,侵略,領土,中国,沖縄,爆撃機,艦隊,乗り物,飛行機,自衛隊,防衛,戦闘機,
待避区域には既に迷彩を施された耐爆格納庫
15〜20棟が確認されているという。 
水門基地が格納庫を分散配置しているのは、
同基地を日本や台湾をにらんだ「最前線」と
位置づけている表れだ 
 
格納庫の増設などから判断し、水門基地を
航空旅団規模の部隊を常駐させた本格的な
作戦基地として運用しようとしていると強調した。 
 
防衛省によると、5月にH6爆撃機4機を
含む中国軍機計8機が宮古海峡上空を通過した。 
 ディフェンスニュース/産経等
 
水門空軍基地は尖閣に最も近い中国の空軍基地で
2013年に運用を開始した新しい基地です
 
馬毛島,FCLP,水門空軍基地,J16,尖閣,侵略,領土,中国,沖縄,爆撃機,艦隊,乗り物,飛行機,自衛隊,防衛,戦闘機,
配備されはじめたJ16  

この記事によると大幅に機能強化されているようです
J11はロシア製Su-27の中国版 J16はその改良型です
航空旅団規模となると二個飛行大隊24機相当となります
 
 
こうした中国側の戦力強化に対して
日本は懸案だった馬毛島の整備がようやく
進行してきました
 
米艦載機馬毛島で訓練へ
 馬毛島,FCLP,水門空軍基地,J16,尖閣,侵略,領土,中国,沖縄,爆撃機,艦隊,乗り物,飛行機,自衛隊,防衛,戦闘機,
米海軍空母艦載機の陸上離着陸訓練
FCLP/の移転先が、種子島西隣の無人島
馬毛/まげ島に決まりそうだ。
 
政府が、FCLP移転先として位置づける
鹿児島県西之表市の馬毛島用地買収に向け、
島の大半を所有する都内の開発会社と
最終調整に入ったことが分かった。
 
交渉開始後5年を経て契約のメド
買収額は10億円以上か
 
 馬毛島,FCLP,水門空軍基地,J16,尖閣,侵略,領土,中国,沖縄,爆撃機,艦隊,乗り物,飛行機,自衛隊,防衛,戦闘機,
画像/平成23年度の自衛隊配布PDFより
 



 
 
普天間飛行場のVTOL輸送機MV22オスプレイの
訓練にも活用し、沖縄の基地負担軽減も視野へ
 
馬毛島,FCLP,水門空軍基地,J16,尖閣,侵略,領土,中国,沖縄,爆撃機,艦隊,乗り物,飛行機,自衛隊,防衛,戦闘機,
これまで硫黄島で実施してきたが、59機の
空母艦載機の拠点が来年、米軍厚木基地/神奈川から
岩国基地/山口県に移る予定である
 
 
今後は地元の受け入れ合意が鍵か
馬毛島,FCLP,水門空軍基地,J16,尖閣,侵略,領土,中国,沖縄,爆撃機,艦隊,乗り物,飛行機,自衛隊,防衛,戦闘機,
開発会社が即時売却を受け入れる方針に転換した
ことで年内にも仮契約を締結できる段階に至った。
馬毛島については、沖縄県の翁長知事が今年7月、
オスプレイの米軍機訓練の移転先として活用できるか
検討するため視察した。同市側には空母艦載機の
訓練移転に反対する声もある/産経より抜粋
 
これは対中国と見据えると大いに進めるべき
計画だと思います
かの地のメリットと問題点を挙げておきます
 
メリット
1 新拠点岩国基地から馬毛島までは約400km
  (これまでの硫黄島なら岩国から約1400km)
2 無人島のため騒音問題などが起き難い
3 すでに滑走路も整備されている

問題点
1 近隣住民らの理解
2 環境/希少生物等への配慮
3 所有会社の債権問題
 
これらがありますが島民がいないのと
沖縄の負担軽減になるので プロ市民騒ぎ
には成り難いかと思われます
 
中国が米国との経済戦に神経を向けている間に
日本は少しでも防備を固めることに傾注すべきでしょう
遊び駒は活用せよ!です


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system