習近平の目の前で告げられた
シリア攻撃 トマホークの宴!!

トマホーク,シリア,シャイラト,中国,米国,トランプ,IS,トルコ,プーチン,攻撃,爆撃
シリア中部のシャイラト空軍基地に対する
6日の攻撃について、巡航ミサイル「トマホーク」
59発が着弾し、「20機ほどの航空機を破壊したほか、
狙った格納庫を全て破壊または損壊したと報告を
受けている」と明らかにした。

 破壊したのはロシア製の固定翼機だが機種は不明
「60発を撃ったが、1発は失敗した」という。

トマホーク,シリア,シャイラト,中国,米国,トランプ,IS,トルコ,プーチン,攻撃,爆撃
Before/Shirato air base

トマホーク,シリア,シャイラト,中国,米国,トランプ,IS,トルコ,プーチン,攻撃,爆撃
after
航空機用のシェルターや対空設備が
破壊されているのが確認できる


シリア北西部イドリブ県ハンシャイフンで多数の死傷者を
出した化学兵器によるとみられる4日の攻撃について、
シャイラト基地を飛び立った航空機が実行したのは
確実だとの見方を示した。
時事より一部抜粋


大和タケル
米国がシリアの化学兵器使用に対して
クルージングミサイルで攻撃をしました
少し詳しく見ていくことにしましょう

トマホーク,シリア,シャイラト,中国,米国,トランプ,IS,トルコ,プーチン,攻撃,爆撃
この攻撃の主な担当艦艇はアーレイ・バーク級の
USS ポーターPorter DDG-78 約8800tと
USS ロス/Ross (DDG-71)です 


画像は米国防省サイトより





 一方 シリア政権を支援し続けてきた
プーチンにとっては大きな打撃で早速
非難声明を出しています

「米国政権のこうしたアプローチは、
ただでさえ酷い状態にある露米関係に
さらに深刻なダメージを与える」
ペスコフ公式報道官談


ロシアのシリア介入の流れ
トマホーク,シリア,シャイラト,中国,米国,トランプ,IS,トルコ,プーチン,攻撃,爆撃

さて ここで少しシリアでの戦闘に介入し
続けてきたロシアの様子を時系列に従って 
振り返ってみましょう

この辺りの状況はロシア IS シリアにトルコ
などが入り乱れる複雑なものですが 一昨年の
2015年には 大きな動きが頻発しました

トマホーク,シリア,シャイラト,中国,米国,トランプ,IS,トルコ,プーチン,攻撃,爆撃
10月にはカスピ海上に開した4隻のロシア海軍艦艇から
合計26発のカリブル-NK巡航ミサイルが発射され、 
シリア国内の「イスラム国(IS)」拠点11カ所を
破壊しました

トマホーク,シリア,シャイラト,中国,米国,トランプ,IS,トルコ,プーチン,攻撃,爆撃
続く10月31日には 今度はロシアの航空会社
コガリムアビアの運用するエアバスA321型
が墜落し乗客217人、乗員7人の224人が
全員死亡する事件が起こりました

更に11月にはトルコ空軍F16がロシア空軍の
Su24を撃墜するという事態も発生しました

今回の攻撃はアトタンフの意趣返し?
トマホーク,シリア,シャイラト,中国,米国,トランプ,IS,トルコ,プーチン,攻撃,爆撃

そして 2016/07にはロシア軍側が 
シリア内の米英軍のアトタンフ基地を
爆撃しました 
建設中で要員がいなかったために
大きな問題にはなりませんでしたが
米英側がロシアに 不信感を持ったことは
間違いありません

上手く綱渡りしてきたプーチンに暗雲か
一時はトルコとロシアは大変に険悪な
事態にまでいきましたが その後 和解し
プーチンの狙いはほぼ達成されてきたわけですが 
今回のトマホークの強襲で 覆される状況と
なった格好です なぜなら弱体化したシリア軍に
更に肩入れすれば 今度は 米ロ両軍が直接 
ぶつかりかねない状況になってきました

晩餐会での攻撃告知
トマホーク,シリア,シャイラト,中国,米国,トランプ,IS,トルコ,プーチン,攻撃,爆撃
プーチンの性格から見て さぞ激怒していると
思われますが ロシアは中国の兵器供給国であり
両国は準軍事同盟といえる関係です

今回の攻撃は その習近平の晩餐会の席で
告げられたようですけど さぞおもしろい
ディナーショーだったことでショー


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system