Home > >軍事記事


三菱の新型水陸両用車に米海兵隊が飛びつく! 日中の反応


三菱重工の水陸両用車に米海兵隊が熱視線 


三菱 新型 水陸両用車 米海兵隊 AAV7
 三菱重工業<7011.T>が研究を進める新型
の水陸両用車に、米海兵隊が関心を示している。
これまで突破できなかった技術的な壁を
超えらえる可能性があるとして、特にエンジンに注目。

海兵隊向け次期車両の開発に携わる英BAEシステムズ
<BAES.L>と米ゼネラル・ダイナミック(GD)が、
それぞれ三菱重と協業を模索している。

水中の速度と陸上の機動性

今年1月、海兵隊のトゥーラン中将は三菱重を訪れ、
水陸両用車の試作品を視察した。
主力戦車から転用したエンジンと新しい
水中推進技術を搭載したこの装甲車は、海兵隊が
要求する性能を満たす可能性がある

三菱重工業が開発中の新型水陸両用車の
フルサイズプロトタイプは、プールテストを行っている

揚陸作戦で海兵隊が約40年使ってきた「AAV7」よりも、
地上での機動力に優れ、水の中を進むスピードも速い

同席していた関係者によると、トゥーラン中将は三菱重
工の技術者からそう説明を受けたという。

「現時点では分からないが、陸上での機動性を犠牲にせ
ず、水中で時速20ノット(37キロ)出せるなら非常
に興味がある」と、試作車を視察した海兵隊の関係者は
話す。

とりわけ、エンジンと水中での推進システムが活用でき
そうだという。

AAV7の水中での速度は時速7ノット(13キロ)。
日本の関係者によると、三菱重が研究中の車両は
時速20─25ノット(37キロ─46キロ)だという

水陸両用車は海兵隊の中核的な装備だが、過去数十年、
技術的に重要な進歩はみられていない。
水中での速度を上げようとすると、エンジンが大きくな
って陸上での機動力が低下する。
AAV7の後継としてGDが開発に取り組んだ車両は、
コスト増と技術的な問題で2011年に開発中止に追い
込まれた。

海兵隊は昨年、後継選定に向けた公募を始めた。
5社から提案を受け、今年末までに2社に絞る予定だが
、BAEとGDが研究した結果、既存の技術では海兵隊
の要求性能を満たせそうにないことが明らかになった
という。
「技術はあるが、現実的なコストで対応することはでき
ない」と、BAEの広報担当者は話す。

そこで目を付けたのが、三菱重が研究を進める新型車。
日米の関係者によると、両社とも三菱重のエンジンと
推進システムに注目し、それぞれ協業の可能性を探ってい
るという。
「日本の技術は検討してみる価値がある」と、米側の
関係者は話す。

離島防衛を強化中の日本は、陸上自衛隊が3000人
規模の「水陸機動団」を2018年度までに編成する。
米国から52両のAAV7を調達、配備する計画だが、
複数の防衛省関係者は「旧式すぎる」と口をそろえる。

水中での速度が遅いことに加え、南西諸島での作戦に必
要な環礁を走破する能力がない可能性があり、三菱重は
その後継車両を念頭に新型車の研究を進めている。

試作車はまだ試験段階で、実際の開発・生産に入るのは
先の話だ。
しかし複数の関係者によると、三菱重は米国を含めた
海外への輸出を視野に入れている。

三菱重の広報担当者は「社内で研究したものを防衛省に
提案したが、個々のプロジェクトの詳細については
コメントを控えたい」としている。

BAEの広報担当者によると、同社は自衛隊向け新型車
の共同開発でも三菱重と協議をしているという。
関係者によると、GDも三菱重と協議中だが、同社の広
報担当者はコメント控えた。

現用のAAV7は60年代から使用される
ロートルなので 更新の必要性が言われていました
米軍も後継のEFVを開発はしていましたが
予算的に断念しました

三菱 新型 水陸両用車 米海兵隊 AAV7

大和タケル

米側と日本とで次期水陸両用車共同開発の
話が持ち上がっていましたが ここにきて
三菱の新システムが急浮上してきました
三菱 新型 水陸両用車 米海兵隊 AAV7


ただ記事内で「特にエンジンに注目」とあるんですが
エンジンは10式のエンジン(水冷4サイクルV8ディーゼル
1,200ps/2,300rpm)の応用発展型となるようです
ということはやはり推進システムに相当に
革新的な工夫がされていると見るべきではないでしょうか?

三菱 新型 水陸両用車 米海兵隊 AAV7
 
こちらは巡視船おいらせの強力なウォータージェット

基本的にはキャタピラによる推進だと思いますが
速度的に考えると かつてのシューベルワーゲンの
ようなスクリュー式やウォータージェットのような
水上用の推力発生を別途持つタイプなのか
いずれにしても米海兵隊が 飛びつくような
システムを作っていたとは さすがだと思います




ミリオタさんの反応

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
0:04:34 .
こんな革新的なものを三菱はいつの間に作ってたなんて
・・

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
0:30:51 
仮に自衛隊や米軍でAAV7の後継にするとした場合に
は何時頃までに開発を完了するつもりなんだろう

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
1:16:46
戦闘機と違って車両系はそんなに開発期間長くはならん
と思う
記事の内容だとエンジンも10式戦車の流用するみたいだし

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
1:44:11
一応自衛隊が開発してる水陸両用車?
開発中止のアメリカのは水上を25ノットとかいう
アホ性能だった気がするが
20ノットでOKなのか。

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
1:47:31 
いや、三菱のも25ノット出るかも?
なら凄いな。
EFVみたいに思いっきり変形しまくるのだろうか。

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
1:54:01 IP:240f:71.*(ipv6
) No.1123045 del
ついに70年の時を超えて特四式内火艇カツが復活する
のか…。

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
1:56:24 
推進システムが気になります
ウォータージェットあたりでしょうか

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
2:01:59 
履帯出したままで20ノット出せるんですかね?
謎技術だよね
EFVの水上出力って2700馬力なんだが
10式のエンジンの1200馬力でほぼ同じ
速力って凄いんだが?

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
2:24:06 
10式のエンジンって確か90式より最大馬力が低いけ
どパワーロスが殆どないんだっけか
でも水上モードとか最大馬力でぶん回すよな…
エンジンより推進システムが特殊っぽいな

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
2:58:29 
履帯を履いた水際地雷敷設車が出てくるんじゃなかろう
な、不安になるわ。

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
3:33:19 
以前に月刊パンツアー誌でAAV7の後継車両として開
発されてる水陸装甲車に10式のエンジンなどが
注目されてるとか書いてたけど
この記事だと三菱が既にある程度形になっている
プロトタイプを作って走らせたり進水させてるのか・・・
>履帯を履いた水際地雷敷設車が出てくるんじゃなかろ
うな、不安になるわ。
水際地雷敷設車はJMUですね
しかもそこも水陸装甲車の試作車作ってるみたい

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
3:44:50 
中国でも05式水陸両用歩兵戦闘車で成功してるんだか
らそこまで難しい事はないんかな
アメリカが野心的過ぎる挑戦した失敗しただけで

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
6:58:00 
本文に水中とあるがいつから潜水もできるようになった
のかにゃ〜〜

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)0
7:26:30 
左右にフロート付けて、陸上では成形炸薬弾避けにする
とか

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)1
0:27:07 
重量を軽くするために装甲を強化プラスチックに(ry

…ウ題 Name 名無し 15/06/25(木)1
0:57:13 
EFVはデカすぎるから色々大変なだけで中国の05式
も20kt近く出た気がする


中国の反応
■ 広西さん
 
70年前に日本に勝ち、そしてアメリカにも勝った。
しかし今日、中国はその日米からまた宣戦布告を受けて
いる。
煮えたぎる血を持つ13億の中国人民よ!国を愛する1
3億の人民よ!今こそ立ち上がり、ともにアメリカを倒
そうではないか!!
 
 
   ■ 陝西さん
 
   やだ [5 Good]
 
 
   ■ 福建さん
 
   はいはい。
わかったからお前が行けよ [98 Good]
 
 
   ■ 江蘇さん
 
   死にたいなら勝手に死ね。
他人を巻き添えにするな。
憤青が [8 Good]
 
 
   ■ 広東さん
 
   広西さんの貯金と妻と娘は俺が預かってやる。
お前が戻ってくるまでちゃんと管理しておくから心配せ
ずに行って来い
 
 
 
■ 広東さん
 
我々が百発百中で粉々にしてくれるわ [56 Goo
d]
 
 
 
■ 江蘇さん
 
アメリカが日本を手放したがらない理由はまさにこの技
術力だ。
三菱重工は3ヶ月あれば空母くらい簡単に作り上げる 
[22 Good]
 
 
 
■ 浙江さん
 
世界で最初に水陸両用車を配備したのは日本 [5 G
ood]
 
 
 


グーグル+




▲Page Top

inserted by FC2 system