日中競争 宇宙へ!
 注目の月面探査計画1


 JAXA】日本初の月面着陸機、今年から開発スタート 

「世界に先駆け高精度技術目指す」 
JAXA,jaxa,日本,月面着陸機,SLIM,スリム,はやぶさ,宇宙探査機,月面,月探査
画像はjaxa公式hpより

平成31年度の打ち上げを目指す日本初の
月面着陸機「SLIM」(スリム)の開発が今年、
いよいよ スタートする。世界で例のない高精度の
着陸技術を採用し、旧ソ連、米国、中国に続く
無人月面着陸を 狙う意欲的なプロジェクトだ。
サンケイより一部抜粋


大和タケル
海や空にいまや連日 にらみ合いを続ける
日本と中国ですが 宇宙 特にかつて米ソ両大国の
対決の場となった月においても火花を散らすことに
なりそうです

宇宙開発においても地上のように日本の少数精鋭の
精密探査機器に対して 中国側は大ペイロードの
大型ロケットを多数投入するという開発スタイルと
なってきています
これについては後編で取り上げますが近未来の
月面探査の状況を少し詳しく見ていきましょう

日本の先陣を切るSLIM/スリム
JAXA,jaxa,日本,月面着陸機,SLIM,スリム,はやぶさ,宇宙探査機,月面,月探査

日本は はやぶさシリーズなどで系内探査では
リードしているものの 月探査に関しては中国に
対してやや劣勢です
かぐや衛星が月を周回して精密な観測をしましたが
月面上に降り立って活動するタイプでは 
嫦娥/じょうが号と搭載されたローバーの玉兎に
先を越されました

しかし この玉兎は現在は 活動不能になっており
香港紙によると復旧は困難な模様です 
つまり実際の観測等はほとんどできなかったわけです




そこで登場する日本の新型探査機 SLIM/スリム
Smart Lander for Investigating Moonには
これまでの着陸型月面探査機と少し物が違う特徴が
たくさんありますので いくつか抜粋していきます

小型軽量化された本体
まず名の通りとても小型化されている点です 
ドライ重量150kg級となっています
これがどれほど軽いかは これまでのものと
比較すればわかります
ルナ17号は本体5,6tでルノホートが756 kg
嫦娥は1,2tで玉兎ローバーが120kgなので
SLIMの本体が150kg級というのが いかに
軽いのかが分かるでしょう

精密誘導降着システム
JAXA,jaxa,日本,月面着陸機,SLIM,スリム,はやぶさ,宇宙探査機,月面,月探査
SLIMの売りのひとつが希望のポイントに着陸できる
という点で精度はこれまでの10倍 着陸目標地点を
1Km単位から100m単位に絞れるということです

JAXA,jaxa,日本,月面着陸機,SLIM,スリム,はやぶさ,宇宙探査機,月面,月探査
そのためにSLIMは高度な画像処理能力を持ち
多数のクレーターから自身の位置を細かく測定して
正確に着陸点を目指していくわけです
降着用ショックアブソーバーにも工夫が凝らされています

優れた新型エンジン搭載
JAXA,jaxa,日本,月面着陸機,SLIM,スリム,はやぶさ,宇宙探査機,月面,月探査

話題のはやぶさ型のイオンエンジンと並び 
日本の宇宙開発の切り札となりそうなのが
金星探査機あかつきにも搭載されていた 
セラミックエンジンです
あまり聞かない名前ですが これは燃料を
燃やす部分と噴射ノズルが窒化珪素系の
セラミックスで造られた新しいエンジンです 

JAXA,jaxa,日本,月面着陸機,SLIM,スリム,はやぶさ,宇宙探査機,月面,月探査
従来型はニオブ合金製でしたがSi-Nセラミックス
は密度がずっと低いのに耐熱温度は1300から
1500度に向上しています
つまり より軽くて強い素材なわけです
このエンジンで500ニュートンの推力を得ます

小型ローバーも搭載

JAXA,jaxa,日本,月面着陸機,SLIM,スリム,はやぶさ,宇宙探査機,月面,月探査
SLIMには分離する小型ローバーが積載されます
やはりお約束の小型分離メカは欠かせません
完全自律ロボットで2輪の大型転輪で移動する
タイプのローバーが計画されています

将来の展望
JAXA,jaxa,日本,月面着陸機,SLIM,スリム,はやぶさ,宇宙探査機,月面,月探査
月面開発や月面基地といった構想もあるようですが
自分が子供の頃のほうがずっと大規模なイメージ
つまり2010年代頃には月基地があって当たり前の
ように語られていたように思います

ですが南シナ海などの状況を見ると宇宙の領域も
徐々に厳しさを増してくるでしょう
一応 宇宙条約というものがありますが規定も甘く
解釈しだいでどうにでもできる点が多いです

ただ かつての米ソのように ライバルがいたほうが
燃えるのは科学もスポーツも軍事も同じです
日本もしっかりと見据えていかなくてはならないでしょう




人気の過去記事のページ

ホーム

▲Page Top



コピーライト/大和タケル
inserted by FC2 system