JAXA 小型ロケットSS-520成功
 イプシロンは民営化へ

SS-520 5号機打ち上げ実証実験成功
超小型衛星TRICOM-1Rの分離・軌道投入に成功!
JAXA,SS520,小型ロケット,イプシロン,ロケット,TRICOM1R,たすき,衛星,宇宙開発,科学,工学,技術,

SS-520 5号機による超小型衛星
打上げの実証実験の結果について
平成30年2月3日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

JAXAは、2018年2月3日14時03分に、SS-520 5号機
による超小型衛星打上げの実証実験を内之浦宇宙空間
観測所において実施しました。

JAXA,SS520,小型ロケット,イプシロン,ロケット,TRICOM1R,たすき,衛星,宇宙開発,科学,工学,技術,
SS-520 5号機は計画通り飛行し、実験実施後約7分30秒に
超小型衛星TRICOM-1R(トリコム・ワンアール)を分離、
軌道投入に成功しました。TRICOM-1Rの状態は正常です
JAXAリリースより一部抜粋

大和タケル
JAXAの新型小型ロケットと小型衛星が再チャレンジで
成功しました

SSロケットについて
JAXA,SS520,小型ロケット,イプシロン,ロケット,TRICOM1R,たすき,衛星,宇宙開発,科学,工学,技術,
こちらのロケットはカッパ型に代わる新型ロケットで
一段式ならSロケット/8m 二段式ならSSロケット
/9.65mとなります

JAXA,SS520,小型ロケット,イプシロン,ロケット,TRICOM1R,たすき,衛星,宇宙開発,科学,工学,技術,
これは一段式のSロケット

小型ながら一段のSロケットでもK-8型の倍の運搬能力が
ありSSロケットなら140kgのペイロードを約800kmの
高度まで打上げる能力を持っています

たすき/TRICOM-1Rとは?
JAXA,SS520,小型ロケット,イプシロン,ロケット,TRICOM1R,たすき,衛星,宇宙開発,科学,工学,技術,

軌道投入成功後に "たすき"と命名された
小型衛星は3U(30×10×10 cm)サイズです
(10×10×10 cm/重量1.33kg以下なら1U
20×10×10 cmサイズなら2U)

JAXA,SS520,小型ロケット,イプシロン,ロケット,TRICOM1R,たすき,衛星,宇宙開発,科学,工学,技術,
これまで地上と衛星とのデータのやり取りには
専用の通信施設が必要だったものが 市販品で
可能とすることや僻地等の設備の無い地点との
データのやり取りができる点に特徴があります

JAXA,SS520,小型ロケット,イプシロン,ロケット,TRICOM1R,たすき,衛星,宇宙開発,科学,工学,技術,
具体的には地上の各所から たすきに送られてきた
データをいったん蓄積します 
そして 地上の管制局の上空でそれを送信する
情報を貯めてから送り出すストア&フォワード方式
の機能を持っています

JAXA,SS520,小型ロケット,イプシロン,ロケット,TRICOM1R,たすき,衛星,宇宙開発,科学,工学,技術,
今回の小型ロケットにしろ小型衛星にしろ
ペンシルロケットから発展してきたJAXAが
過去に通ってきた道でした
ですが それらは全てカスタムメイドのパーツに
よって作られた純正品といえました 
今後は価格勝負が必要となってくる小型商業衛星の
サバイバルの中での新たな挑戦といえるわけです






(ちなみに この衛星は東大の超小型衛星センターで
作られましたが ここの名称はちょっと変わっていて
TRICOM衛星は情報を"取り込む" HODOYOSHI衛星は
ほどほどに良い"ほどよし工学"といったおやじギャグ的
ネーミングになっています)

続いては安定実績を続けるイプシロンについてです

イプシロン関連記事

イプシロンロケット3号機による
高性能小型レーダ衛星ASNARO-2の打上げ結果について
JAXA,SS520,小型ロケット,イプシロン,ロケット,TRICOM1R,たすき,衛星,宇宙開発,科学,工学,技術,
平成30年1月18日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

JAXAは内之浦宇宙空間観測所から平成30年1月18日
6時6分11秒に、高性能小型レーダ衛星ASNARO-2を
搭載したイプシロンロケット3号機を打ち上げました。
ロケットは計画どおり飛行し、打上げから約52分35秒後に
ASNARO-2を正常に分離したことを確認しました。

おととしの成功に続いてイプシロンロケットも
成果を続けています
JAXA,SS520,小型ロケット,イプシロン,ロケット,TRICOM1R,たすき,衛星,宇宙開発,科学,工学,技術,

今回は美しい夜光雲のおまけもつきました
また打ち上げられたASNARO-2はNECが製作した
小型レーダ衛星で世界でも最高LvのXバンドを
用いた合成開口レーダー搭載しています

イプシロン民営化へ 4号機から企業製造
JAXA,SS520,小型ロケット,イプシロン,ロケット,TRICOM1R,たすき,衛星,宇宙開発,科学,工学,技術,

JAXAの奥村理事長は会見で「いつまでも研究機関が
打ち上げるのは自然ではなく民間に担ってもらうのが良い」
と話し、将来は民間に事業を移管する方針を示した。

4号機以降は、民間移管への足がかりとして、
製造をIHIエアロスペース JAXAは打ち上げを担当する
製造を任せることで、コストの削減を狙う
共同より一部抜粋
また日本の民間ロケット発射場の話も持ち上がっています

初の民間ロケット発射場へ
JAXA,SS520,小型ロケット,イプシロン,ロケット,TRICOM1R,たすき,衛星,宇宙開発,科学,工学,技術,
キヤノン電子などが設立した民間ロケット会社
「新世代小型ロケット開発企画」が、和歌山県
串本町に発射場を建設する計画であること分かった。
民間によるロケット発射場の建設は日本で初めて。
2021年の完成を目指し専用の小型ロケットを開発し、
小型衛星の打ち上げサービスの事業化を目指している。
サンケイより一部抜粋

これらの計画が結びついていけば 日本も民間に
よる宇宙開発や宇宙観光といった21Cらしい話題が
現実味を帯びてくることでしょう


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system