沖縄本島に新鋭12式対艦ミサイル配備
 今後は新型も投入へ

日に日に強まる中国の脅威に対して 沖縄本島に
対艦ミサイル部隊展開という方針になってきました
大和タケル

沖縄本島に地対艦ミサイル、陸自新部隊を検討 
沖縄,防衛,自衛隊,地対艦ミサイル,陸自,12式地対艦誘導弾,中国,SSM,ミサイル,
新型キャ二スターのランチャー搭載車

沖縄本島と宮古島間の海域を中国海軍の艦艇が
頻繁に通過しているとして、陸上自衛隊が運用する
12式地対艦誘導弾(SSM)の新たな部隊を
沖縄本島に配備する方向で検討していることが分かった。

防衛省は射程を伸ばす研究開発を進めている12式
改良型を石垣島など沖縄に配備することも検討している。


沖縄,防衛,自衛隊,地対艦ミサイル,陸自,12式地対艦誘導弾,中国,SSM,ミサイル,
ベースとなった重装輪回収車もいい感じです

 宮古島には既にSSM部隊の配備が進められ、
12式の配備が予定されているが、防衛省は中国を
牽制のために沖縄本島にも配備する必要があると判断した

年末までに策定される防衛大綱や中期防衛力整備計画
(中期防)への記載を想定している。 

 12式は射程約200キロで、沖縄本島と
宮古島の間約300キロをカバーできないとして、
両島に配備する計画だ






防衛省は宮古島のほか石垣島と鹿児島県の
奄美大島にもSSM部隊と地対空誘導弾部隊、
警備部隊の配備を既に決定している。
沖縄本島に管理部隊も設置する方針だ。 

12式改良型は射程が約300キロに伸び
沖縄本島と宮古島の間をカバー可能となる。
研究開発中で試作段階に進んでおり、2023年
までに開発終了し装備化を予定している。 
ryukyushimpoより一部抜粋

これはとてもいいニュースですね
12式は2012から配備された現在 現状では最も強力な
対艦ミサイルです

沖縄,防衛,自衛隊,地対艦ミサイル,陸自,12式地対艦誘導弾,中国,SSM,ミサイル,
沖縄近海には新年そうそうに中国の商級原潜が姿を見せ
また中国船が引き起こしたタンカー事故の油が日本各地に
漂着するなど日々 脅威が現実化してきています

沖縄,防衛,自衛隊,地対艦ミサイル,陸自,12式地対艦誘導弾,中国,SSM,ミサイル,
そんな中での沖縄本島への戦力増強は必須といえるでしょう

それから12式改良型について補足しておきます
この改良型は まず現在配備されている90式艦対艦ミサイル
SSM-1Bの後継となるミサイルが開発されます

沖縄,防衛,自衛隊,地対艦ミサイル,陸自,12式地対艦誘導弾,中国,SSM,ミサイル,

この新型SSMは慣性航法とGPS誘導を組み合わせた
精密誘導能力の向上と推進システムの改良で90式の
射程が150Km程度に対して倍程度に延長される予定です
そして この新型SSMをベースとして地対艦ミサイルの
12式改良型が開発されるわけです

ついでに現在 研究されている新型の対艦ミサイルの
新技術にも少し触れておきます

アクティブ電波画像誘導システム
沖縄,防衛,自衛隊,地対艦ミサイル,陸自,12式地対艦誘導弾,中国,SSM,ミサイル,
これは増えつつあるステルス艦艇などに対抗するための
新しい探知方式でドップラー周波数が低いうえに
クラッタ比も小さい低RCS目標を探知可能とするものです
ドップラー周波数が低く クラッタ比が小さい目標とは
移動速度が遅く 海面との反射波との差があまり無い
ということで 検知がとても難しいわけです

沖縄,防衛,自衛隊,地対艦ミサイル,陸自,12式地対艦誘導弾,中国,SSM,ミサイル,
それをドップラービームシャープニングを用いて
高分解能化することでステルス艦なども探知可能と
するための研究です

航空装備研究所pdfより

シーバスター弾頭
沖縄,防衛,自衛隊,地対艦ミサイル,陸自,12式地対艦誘導弾,中国,SSM,ミサイル,

これは空母等の大型目標攻撃に有効な弾頭です
タンデム型弾頭と呼ばれるもので 命中後に
まず先端部の第一の弾頭/先駆弾頭が爆発して
目標に穴を開け 弾頭自体をもぐりこませ
続いて主弾頭が敵艦内で炸裂する
つまり二段構えのwerhheadによって目標を
内部より破壊する優れものです

このために対衝撃用信管等が開発中です

 
  


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system