レーザ兵器やF2後継機日本主導明記など
 防衛大綱注目ピックアップ!

防衛大綱はまだ正式発表にはなっていませんが
継続して扱ってきており取り上げないわけにいきません
委細について その点は含み置きください 大和タケル
 
 
F2後継機「日本主導で」 次期中期防に明記へ
防衛大綱,F3,F2後継機,レーザー兵器,中期防,多用途護衛艦,乗り物,飛行機,
政府は7日、「防衛計画の大綱」防衛大綱に関する
与党ワーキングチームの会合で、航空自衛隊の
F2戦闘機の後継機について、日本の主導で
早期開発を目指す方針を説明した。 
国際共同開発も視野に国内防衛産業技術力を保つ狙いがある。 
 
今月まとめる次期中期防衛力整備計画/中期防に明記する。 
具体的な開発計画は数年以内に決める。
F2は約90機配備されており、2030年代に退役が始まる
yomiuriより一部抜粋
 
いろいろな話が飛び交いましたが 国内開発組にとっては
もっとも良い方向に落ち着きそうです
 
ホンダジェットのエンジンもそうでしたが
三菱やIHI等が X-2というあれだけの実証機を
飛ばして見せたことも大きかったと思います
 
防衛大綱,F3,F2後継機,レーザー兵器,中期防,多用途護衛艦,乗り物,飛行機,
また札幌や岐阜などの各種試験所も継続して
新鋭機開発に携われることでしょう
 
戦後 長く足枷を嵌められてきた日本航空界も
ここまで権利を宣言できるところまできたとも
言えるでしょう
 
 
その他の航空に関する部分
 防衛大綱,F3,F2後継機,レーザー兵器,中期防,多用途護衛艦,乗り物,飛行機,
三菱の組み立てラインは整備施設に変更へ

政府はF35Aについて、国内での組み立てをやめ
完成機の輸入で、1機当たりの調達費は約153億円から
30億円程度安くなると見込んでいる。 
愛知県内の組み立て工場は整備拠点に替わる見通しだ。 
 


 

F35は外圧もあって短期に100機導入する
ことになりまたB型も20機程度がいずも向けに
配備されるようなので こうした措置もやむを
得ないかと思えます 高度整備工場はアジア方面
では日本と豪のみとなっています
 
更に大綱の注目ピックアップ
 
いずもは「多用途護衛艦」へ
 防衛大綱,F3,F2後継機,レーザー兵器,中期防,多用途護衛艦,乗り物,飛行機,
焦点だった護衛艦「いずも」の空母化構想に関して、
大綱では「多用途運用護衛艦」と位置付ける方向だ。
 
空母の名称を見送る意向なのは、専守防衛からの
逸脱懸念が国内外にあることへの配慮とみられる。
多用途として、ステルス戦闘機F35Bの搭載のほか、
災害時の使用や病院船機能を持たせる考えだ。
事実上の空母化には変わりがない/共同より抜粋
 
 
これは過去にも取り上げてきましたので割愛します
ただ「多用途護衛艦」という名称 批判回避という説が
先行していますが例えば旧ソ連でYak38フォージャV/STOL
を運用したキエフ級も航空巡洋艦という種別を
名乗っていた例もありました 
ここは名より実を取る方策が肝要でしょう
 
高出力レーザシステム
 防衛大綱,F3,F2後継機,レーザー兵器,中期防,多用途護衛艦,乗り物,飛行機,
政府は大綱に、高エネルギー照射で目標物を
破壊する高出力レーザによる対空防衛システムの
開発方針を明記する方向で調整に入った。
 
こちらも非常に楽しみな兵装です レーザやメーサと
いった物は主に電子装備研究所で開発されています
 
 防衛大綱,F3,F2後継機,レーザー兵器,中期防,多用途護衛艦,乗り物,飛行機,
防衛シンポでも発表されていましたが
既に50Kw級の化学励起ヨウ素レーザの
研究が進められており 1km先の目標に
対して画像にあるように効果を見せています
 
防衛大綱,F3,F2後継機,レーザー兵器,中期防,多用途護衛艦,乗り物,飛行機,
また移動体に対する照射も成功した模様です
今後は更に高出力化 高精度化が計られています
そして これら全てが開発配備された暁には
日本の防衛力は飛躍的向上が期待できます
 


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system