新装備 新編成てんこ盛り
 防衛大綱2018発表

いずも改修など巷でも注目を集めている
防衛大綱がリリースされましたので特集しました
大和タケル

ちなみに原本は防衛省HPでPDF配布されてますので
お急ぎでない方はじっくり読んで見るのも
いいかと思います また今回の画像は当サイトで
チョイスしたものを載せています

大綱について
これは日本の防衛的見地からの方針や
概要が述べられています 
 
中国について
中国は、既存の国際秩序とは相容れない独自の
主張に基づき、力を背景とした一方的な
現状変更を試みるとともに東シナ海を始めとする
海空域において、軍事活動を拡大活発化させている。

 
防衛,兵器,防衛大綱,F3,F2後継機,中期防,多用途護衛艦,戦闘機,いずも,空母,電磁パルス,
我が国固有の領土である尖閣諸島周辺においては
強い抗議にもかかわらず公船による断続的な領海侵入
海軍艦艇による恒常的な活動等を行っている。
太平洋や日本海においても軍事活動を拡大活発化させ
特に太平洋への進出は近年高い頻度で行われ、経路や
部隊構成が多様化している。南シナ海においては、
<大規模かつ急速な埋立てを強行し、その軍事拠点化を
進めるとともに、海空域における活動も拡大活発化
させている。

続いて 中期防衛力整備計画について
見て行きましょう
 
キーワードは宇宙・サイバー・電磁波
 陸海空について改編と目玉装備を抜粋します
 
陸上自衛隊について
防衛,兵器,防衛大綱,F3,F2後継機,中期防,多用途護衛艦,戦闘機,いずも,空母,電磁パルス,
NEWS/Network electronic warfare system関連車両

陸上総隊の隷下部隊にサイバー部隊及び
電磁波作戦部隊を新編する。
 
1個師団及び2個旅団を高機動力や
警戒監視能力を備えた1個機動師団
及び2個機動旅団に改編する
 
1個水陸機動連隊の新編等で強化された
水陸機動団が、艦艇と連携した活動や
継続的機動により、抑止対処力を強化
 
地対空誘導弾部隊及び地対艦誘導弾部隊の新編
南西地域の島嶼しょ部の部隊の態勢強化
 
防衛,兵器,防衛大綱,F3,F2後継機,中期防,多用途護衛艦,戦闘機,いずも,空母,電磁パルス,
防衛用高速滑空弾部隊新編に必要な措置を講ずる
 各方面隊直轄の戦闘ヘリコプター部隊は縮小

陸自は新部隊のラッシュです
電磁波作戦部隊は これまで北部方面対の
第1電子隊のみでしたが より発展的な
電子戦部隊が新編されます
 
また超音速滑空弾の運用部隊も開設に向け
動き出します
 
海上自衛隊について
防衛,兵器,防衛大綱,F3,F2後継機,中期防,多用途護衛艦,戦闘機,いずも,空母,電磁パルス,
必要な場合にSTOVL機の運用が可能となるよう
検討の上、海自の多機能DDHいずも型の改修を行う。
同護衛艦は、改修後も多機能護衛艦として、防衛、
大規模災害対応等の多様な任務に従事する
 
 新型護衛艦FFM等の整備、既存の護衛艦等の
延命及び固定翼哨戒機P−1等の能力向上を行う
掃海輸送ヘリコプターMCH−101の整備を行う。
掃海艦艇及びUS−2を引き続き整備する
 
海自は話題にもなっていますが 
いずも型改修によるF-35Bの運用化が目玉ですね
 





※関連記事見出し ステルス戦闘機F35、
105機新規取得へ B型は42機
 
フォークランド紛争時に英国のインビンシブルが
運用したシーハリアーはダガー/ミラージュ戦闘機の
攻撃を防ぎ 被撃墜ゼロという数字を残しました
いずも改も大きな力になるものと思います
 
 
航空自衛隊について
防衛,兵器,防衛大綱,F3,F2後継機,中期防,多用途護衛艦,戦闘機,いずも,空母,電磁パルス,
将来戦闘機について、F-2戦闘機の退役時期までに、
将来ネットワーク化戦闘の中核となる役割が可能な
戦闘機を取得する。そのために必要な研究を推進し
国際協力を視野に、我が国主導の開発に早期に着手する。
 
PAC−3MSEを搭載するペトリオットの
能力向上を引き続き行う。
KC−46A及びUH−60Jを引き続き整備
 
宇宙領域専門部隊1個隊を新編する
これにより宇宙空間を常時継続的に監視する
平時から有事まで宇宙利用の優位を確保し得る
 
F-2後継 報道も二転三転しましたが
我が国主導の開発に早期に着手する
この一行を大綱に書き加えることがいかに大変か 
公式文書に文言を盛り込む重要性を再認識します
 
宇宙領域専門部隊 日本版スペースコマンドに
ついてですが いずれ特集したいと思っています
 
その他 注目表記
スタンド・オフ電子戦機/高出力の電子戦装備、
 防衛,兵器,防衛大綱,F3,F2後継機,中期防,多用途護衛艦,戦闘機,いずも,空母,電磁パルス,
MALDデコイなど敵レーダーを欺瞞する装備
 
 
高出力マイクロウェーブ装置

防衛,兵器,防衛大綱,F3,F2後継機,中期防,多用途護衛艦,戦闘機,いずも,空母,電磁パルス,
高出力マイクロ波技術とは、その照射により
対象物のアンテナや電磁的隙間等から侵入、
電子機器を故障、破壊させる技術です
 
電磁パルスEMP弾研究開発
防衛,兵器,防衛大綱,F3,F2後継機,中期防,多用途護衛艦,戦闘機,いずも,空母,電磁パルス,
弾頭部にEMP発生装置を搭載したミサイルを
打ち込み 相手側の指揮管制装置やセンサーを
使用不能とするものです
 
スタンド・オフ・ミサイル(JSM、
JASSM及びLRASM)の整備
 防衛,兵器,防衛大綱,F3,F2後継機,中期防,多用途護衛艦,戦闘機,いずも,空母,電磁パルス,
これらは次世代の空対地ミサイルです
 
 
以上 駆け足で見てきました
まだ配備されたわけではないんですが
とても充実した内容といえるでしょう
 
*             ∩ GoodJob !! 
             ( ⌒)    ∩_ 
             /,. ノ  i,E) 
            ./ /"   / /" 
 _n  GoodJob !!  .  / /_、_/ ノ' 
( l    _、 _   / / ,_ノ` 
 \ \ ( <_,` )(    /


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system