日米英仏 海空で共同訓練 
一方、中国と韓国は反米反日行動

今回は海と空で行われた各国の共同訓練と
対立の目立ってきた米-中 日-韓との様子など
お送りしますが あまりに盛りだくさんなので
順に番号を振っときます 大和タケル

まずは今年に入り 三隻目となりお馴染みと
なってきた英国艦艇との共同訓練画像です

1インド太平洋方面派遣訓練部隊(ISEAD2018)
英国海軍,艦艇,アーガイル,海自,フランス海軍,ソンム,JMSDF,JASDF,B52,南シナ海,韓国,米軍,軍事訓練,
9月26日、スマトラ島西方海空域において、英国海軍
フリゲート艦「アーガイル」と共同訓練を実施しました。
海上自衛隊は、本訓練を通じて、戦術技量の向上及び、

英国海軍,艦艇,アーガイル,海自,フランス海軍,ソンム,JMSDF,JASDF,B52,南シナ海,韓国,米軍,軍事訓練,
英国海軍との連携の強化を図れました
画像等海自と英大使館より

また仏艦艇との訓練も行われています

2 仏艦ソンムとの訓練
英国海軍,艦艇,アーガイル,海自,フランス海軍,ソンム,JMSDF,JASDF,B52,南シナ海,韓国,米軍,軍事訓練,
フランス海軍の指揮補給艦「ソンム」は
海自の練習艦かしまと 護衛艦まきなみ
の遠洋練習航海部隊とともに日仏共同訓練を
行いました/海自と仏大使館より

因みに この艦名となったソンムとはWW1で英仏と
独軍併せて "100個"師団が激突して最大の激戦と
なった戦場の地名であり 史上初めて"タンク"
マークI戦車が投入されたことでも有名です

更にベトナムからも新鋭艦が訪日しています

3 ベトナム海軍フリゲート「チャン・フン・ダオ」は
横須賀に入港しました。
英国海軍,艦艇,アーガイル,海自,フランス海軍,ソンム,JMSDF,JASDF,B52,南シナ海,韓国,米軍,軍事訓練,
これは、ベトナム海軍艦艇の初めての訪日です/海自発表

4 空自機 B-52と訓練
英国海軍,艦艇,アーガイル,海自,フランス海軍,ソンム,JMSDF,JASDF,B52,南シナ海,韓国,米軍,軍事訓練,

航空自衛隊は28日、米空軍のB52戦略爆撃機1機と
空自の戦闘機計16機が27日に東シナ海や日本海上空で
共同訓練をしたと発表した。B52は米領グアムから
南シナ海上空を通って飛来したとみられ、中国を強く
牽制する狙いがある。

英国海軍,艦艇,アーガイル,海自,フランス海軍,ソンム,JMSDF,JASDF,B52,南シナ海,韓国,米軍,軍事訓練,
空自などによると、B52は東シナ海上空で、那覇基地
のF15戦闘機と編隊の確認などを訓練。その後、
日本海上空で築城基地のF2戦闘機、小松と千歳各基地の
F15と順次訓練をした/サンケイより抜粋






こうした中で周知である経済紛争もあって米中の
対立は拡大傾向を見せています

5 米B52爆撃機、南・東シナ海を飛行 
中国との緊張高まる

国防総省のイーストバーン報道官によれば、25日には
東シナ海付近でもB52が「定期的な合同活動」に加わった。

B52は日本の戦闘機に伴われて尖閣諸島近くや、
中国が一方的に宣言した防空識別圏内を飛行した/cnnより

6 中国、米海軍艦艇の香港寄港を拒否
中国は米海軍の強襲揚陸艦「ワスプ」による香港寄港を
拒否し 米国での海軍高官級会議も取りやめた/WSJより

一方で本来 同陣営側であるはずの日韓の間には
過去に拘泥する態度から 軋轢が生じています

7 韓国での観艦式で旭日旗の掲揚自粛せずと防衛相
英国海軍,艦艇,アーガイル,海自,フランス海軍,ソンム,JMSDF,JASDF,B52,南シナ海,韓国,米軍,軍事訓練,

小野寺防衛相は韓国が10月に開く「国際観艦式」で
海上自衛隊に旭日旗の掲揚自粛を間接的に呼び掛けた
ことを巡り、自粛しない考えを明らかにした。 

韓国が参加国に対し「自国の国旗と太極旗だけの掲揚」を
要請したことについて、小野寺五典防衛相は28日、
「国内法令で義務づけられており、当然/自衛艦旗を掲げる
ことになる」と述べ、従来通り自衛艦旗を掲げる考えを示した
nishinippon.co.より一部抜粋

旗幟を明らかにしろ
防衛相の発言は至極 当然のことです
韓国の歴代大統領は支持率が下がると反日行動を
取るという悪癖がありますが いい加減やめないと
いずれ その身に報いがくるでしょう
最後に米側の発言を載せておきます

8「韓国は豊かな国なので、軍隊にお金を与える
必要はない」在韓米軍の費用節約も主張 

トランプ大統領発言骨子
「私は正直韓国に "米韓共同訓練にあなたがお金を
払わなければならない"と話した」と声を高めた

共同訓練費用を韓国が支払わなければならないという論理だ。 
「彼らがもし貧しい国で、保護が必要で、人々が死ぬ危機に
瀕しているなら、私は10セントも貰わずに守ってあげるだろう
しかし私たちから多大な貿易黒字を得ている豊かな国の
軍隊にお金を与える必要はない」と強調した/nbcより 


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system