防衛シンポ2018
艦艇装備編トリマランなど

大和タケル

防衛装備シンポ2018 今回は艦艇装備編です

まず目に付くのが 大型モニターに映し出された
トリマラン/三胴船タイプの将来の護衛艦です

こちらも何回か取り上げてきましたが 
かなり具体的な姿を見せてきました

トリマラン型護衛艦
トリマラン,護衛艦,防衛装備シンポ,USV,UUV,多目的護衛艦,30FFM,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海戦,30FFM,
三胴船型の特徴は 洋上での揺れに強いこと 
排水量に比べて後部に大きな甲板が可能なこと 

トリマラン,護衛艦,防衛装備シンポ,USV,UUV,多目的護衛艦,30FFM,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海戦,30FFM,
三胴船モデルのテストの様子

船体を細くすることで 高速化にも対応できる
など優れた点が多くあります 

その一方で同様に米海軍が開発したトリマラン型の
インディペンデンス級は高性能ながら価格高騰と
その後の米軍内での運用思想の変化から調達数が
当初の予定より減るようなんです

トリマラン,護衛艦,防衛装備シンポ,USV,UUV,多目的護衛艦,30FFM,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海戦,30FFM,
日本はそれを他山の石として 今後の開発に
生かしていくものと思われます

USVとUUV
トリマラン,護衛艦,防衛装備シンポ,USV,UUV,多目的護衛艦,30FFM,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海戦,30FFM,
USV/Unmanned Surface Vehicle 無人水上艇

ところでこうした新型艦艇には相当数の無人機が
搭載されるのが お約束となってきています
その無人機もいくつかモデルが持ち込まれていました

トリマラン,護衛艦,防衛装備シンポ,USV,UUV,多目的護衛艦,30FFM,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海戦,30FFM,
UUV/Unmanned Underwater Vehicles 無人潜水艇

並べて置かれているのは これらの無人水上艇と
UUVが連携して任務に当たることを想定しているからです

トリマラン,護衛艦,防衛装備シンポ,USV,UUV,多目的護衛艦,30FFM,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海戦,30FFM,
例えば水中のUUVからの通信を水上にいるUSVが
衛星に中継して そこから更に母船等と連絡を取る
などの活動をすることが可能です

トリマラン,護衛艦,防衛装備シンポ,USV,UUV,多目的護衛艦,30FFM,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海戦,30FFM,
また今後の研究増大を見据えて 岩国に民生と
共用できる岩国に海洋環境試験のための施設を
設けることも発表されました





岩国はアジアでも最大級の 米軍航空部隊も
展開してますし防衛の拠点となってきてる印象です 
さて 少し前に新型の多目的護衛艦として30FFMが
発表されましたがこの艦掃海活動にも 無人機を
使ったシステムが導入されるということです
トリマラン,護衛艦,防衛装備シンポ,USV,UUV,多目的護衛艦,30FFM,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海戦,30FFM,

30FFMについては下記ページにくわしく載せてます


★海自 新艦種FFM
 3900t艦艇建造 



低ノイズプロペラ
トリマラン,護衛艦,防衛装備シンポ,USV,UUV,多目的護衛艦,30FFM,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海戦,30FFM,
次は この黒いちょっと奇妙な形をした物体
なんだか 分かりますか?

こちらはアダプティブ翼と呼ばれる最新の
複合素材によるプロペラスクリューの一部なんです
これまでの素材は剛性重視 つまり圧力や熱などに
対抗して変化しない素材が良しとされてきました

トリマラン,護衛艦,防衛装備シンポ,USV,UUV,多目的護衛艦,30FFM,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海戦,30FFM,
ところがこのぺラは流体の状況にあわせて
変形することによって 騒音や振動の元になる
キャビテーション(泡の発生)を押さえる
低ノイズのプロペラとなっています

オマケ
最後に記念スタンプがあったので載せときます
トリマラン,護衛艦,防衛装備シンポ,USV,UUV,多目的護衛艦,30FFM,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海戦,
このスタンプは持つところが30FFMの特徴的な
一本マストブリッジの形になってましたw
このスタンプはいいお土産になりますなぁ
ごく一部でしたが 艦艇部門はここまでとします


人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system