原潜に炎上タンカー
 続発する中国海事まとめ

大和タケル

今回は中国関連の海事記事をまとめました

まず中国籍とみられる潜水艦を伴った
中国艦隊が現れました
現在は接続水域から出ていますが
公式発表を載せておきます

潜没潜水艦及び中国海軍艦艇の動向について
平成30年1月11日(第2報)

潜水艦,中国海軍,艦艇,接続水域,ジャンカイⅡ,フリゲート,039A型,元級,タンカー,日本,EEZ,炎上,火災,海自,事故,海難,
 1月11日(木)午後、潜没潜水艦が沖縄県
大正島の北北東の我が国の接続水域から出域するのを、
海上自衛隊第15護衛隊所属護衛艦「おおよど」
第6護衛隊所属護衛艦「おおなみ」及び
第5航空群所属「P−3C」が確認しました。

潜水艦,中国海軍,艦艇,接続水域,ジャンカイⅡ,フリゲート,039A型,元級,タンカー,日本,EEZ,炎上,火災,海自,事故,海難,
また同日午後、中国海軍ジャンカイⅡ級フリゲート
1隻が大正島の北北東の我が国の接続水域から出域
するのを、おおよど,おおなみ及びP−3Cが確認しました。
防衛省発表

一方 この軍事行動に対して中国は強硬な姿勢を
見せて開き直っています 

尖閣接続水域に中国軍艦 
 「釣魚島は中国固有の領土だ」と正当化
潜水艦,中国海軍,艦艇,接続水域,ジャンカイⅡ,フリゲート,039A型,元級,タンカー,日本,EEZ,炎上,火災,海自,事故,海難,
防衛省は11日、沖縄県・尖閣諸島の大正島周辺の
領海外側にある接続水域を、潜った状態の外国の
潜水艦と中国海軍の艦艇が航行するのを確認した。
いずれも同日午後、接続水域を出た。
防衛省は潜水艦も中国軍とみて海自が情報収集と
警戒監視に当たった。
潜航した外国の潜水艦が日本の接続水域に入ったのは
2016年2月以来で、尖閣諸島周辺では初となる

中国 日本の抗議を受け入れない姿勢

中国外務省の陸慷報道局長は11日の記者会見で、
中国海軍の艦船が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に
入ったことについて「海上自衛隊の艦艇2隻が
接続水域に入り、中国海軍が日本側の活動を監視した
釣魚島(尖閣の中国名)は中国固有の領土だ」
などと中国側の行動を正当化した。
共同より一部抜粋







潜水艦,中国海軍,艦艇,接続水域,ジャンカイⅡ,フリゲート,039A型,元級,タンカー,日本,EEZ,炎上,火災,海自,事故,海難,>
この潜水艦の正体が判明しました
最初は039A 元級あたりと思っていましたが
093型原子力潜水艦(シャン/商級)だったようです

潜水艦,中国海軍,艦艇,接続水域,ジャンカイⅡ,フリゲート,039A型,元級,タンカー,日本,EEZ,炎上,火災,海自,事故,海難,
これは中国の新鋭原潜で米空母群にとっても
脅威になるといわれていました
原潜投入とは 中国も本番想定のようで
ますます油断できません
親中派のように 一帯一路マンセーなどと
ほざいていると寝首をかかれることになるでしょう

まったく盗人猛々しいとはよく言ったものです
内閣府の調査では日本人の中国親近度たった18%程度です
国民感情がここまで悪化している上に こ うした侵略行為を
繰り返す中国の国策である一帯一路になぜ理解や協力を
する必要があるのか?
北などより よほど対話より圧力が必要でしょう



また更に気になるニュースとして 火が点いたままの
タンカーが日本のEEZ内を漂流しているというものです

上海沖で炎上のタンカー、漂流して
日本EEZ内に 中国当局が消火作業、鎮火せず
潜水艦,中国海軍,艦艇,接続水域,ジャンカイⅡ,フリゲート,039A型,元級,タンカー,日本,EEZ,炎上,火災,海自,事故,海難,
中国上海の沖合で6日に貨物船と衝突して火災が
発生したパナマ船籍の石油タンカーが、漂流して
日本の排他的経済水域(EEZ)に入ったことが
分かった。

潜水艦,中国海軍,艦艇,接続水域,ジャンカイⅡ,フリゲート,039A型,元級,タンカー,日本,EEZ,炎上,火災,海自,事故,海難,
中国の交通運輸省はタンカーの船首部分で10日に
爆発があり、救助船などが一時退避したと発表した。
現場は悪天候でしけがひどく、消火作業や行方不明の
タンカー乗組員の捜索は難航している
 

潜水艦,中国海軍,艦艇,接続水域,ジャンカイⅡ,フリゲート,039A型,元級,タンカー,日本,EEZ,炎上,火災,海自,事故,海難,
海保によると、タンカーは11日午前8時現在、
鹿児島県・奄美大島の北西約310キロ付近の
日本のEEZ内 で衝突場所から南東に約200キロの地点。 

タンカーは軽質原油コンデンセートを積んでいた。
イラン人とバングラデシュ人の乗組員計32人が
行方不明となり1人の遺体が収容された
sankei.comより一部抜粋


追記
この火災タンカーも水没が確認されましたが
魚場への影響も懸念されます
いまの時代 まさか火計でもないでしょうが
状況によっては国際的な問題の火種となりかねないでしょう
(火災だけに・・・)

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system