★日本ベトナム 防衛など幅広く連携
 米比も対中姿勢を硬化

ベトナムのクアン国家主席が訪日して
日本と包括的な交渉を行いました
防衛上でも重要な動きといえます
大和タケル

 
訪日中のクアン国家主席、安倍首相と会談
南シナ海問題で認識共有
 日本,ベトナム,南シナ海,クアン主席,防衛,外交,米軍,フィリピン,軍事,中国,領土,スプラトリー諸島,
国賓として訪日したチャン・ダイ・クアン国家主席と
安倍首相は約60分間にわたり首脳会談を行い、
二国間関係や地域・国際情勢について話し合った。
 
会談後、両首脳は日越共同声明を発出するとともに、
協力文書の署名交換後に共同記者発表を行った。
 
防衛分野での広範な協力
 日本,ベトナム,南シナ海,クアン主席,防衛,外交,米軍,フィリピン,軍事,中国,領土,スプラトリー諸島,
クアン国家主席は、防衛・安全保障の分野について
実質的な協力を幅広い分野で進めていきたいとし、
両国の防衛当局間の「共同ビジョン声明」に基づき
協力を進展させるとともに、サイバー、人材育成、
国際連合平和維持活動(PKO)、ダイオキシン除去、
海上法執行能力の強化、海洋政策の立案などでの
協力を依頼した。
 
また首相は「自由で開かれたインド太平洋戦略」の
もとでメコン首脳会議も見据えて海洋安全保障や
連結性強化の協力を一層具体化したいと述べた。






 
これに対してクアン国家主席は、地域の平和、
安定、発展に資する取り組みを歓迎するとした。
べトジョーサイトより一部抜粋
 
この他にも TPPの早期推進や円借款などの
経済分野での多岐にわたる合意もなされましたが 
ここではミリ系に絞って載せました
 
 
これに対して中国はさっそく噛み付いてきていて
 
(南シナ海問題で)日本とベトナムがまた気脈を
通じ 日本はベトナムを利用して中国を牽制しようと
していると報じた /中国海外網より
 
ですがベトナムを利用して牽制とはひどい誤解です
日本と南越は連携(日越合従/にちえつがっしょう)して
中国を牽制するんです! 
 
一方 アメリカもここのところ 太平洋域での
対中政策にやる気を見せ始めました
 
 
米軍には中国の人工島を吹き飛ばす軍事力がある
 日本,ベトナム,南シナ海,クアン主席,防衛,外交,米軍,フィリピン,軍事,中国,領土,スプラトリー諸島,
 
中国が軍事拠点化を進める南シナ海の人工島について、 
米軍には中国人工島を吹き飛ばす能力があると認識を示した。 
 
統合参謀本部のケネス・マッケンジー中将は
中国の人工島を「吹き飛ばす」 能力について質問され
「米軍は西太平洋で島々を撃破した経験が豊富にある
それは米軍がかつて実行した中核的能力だ」と語った
WW2では、太平洋の島々が戦場になり数千人の米兵が死亡した。
 国防総省高官の発言は、特に重要な重みをもつ。
 
マティス国防長官
「(中国は)これまで そこになかった兵器を持ち込んでいる
こうした国際法を逸脱した行為に対しては対峙していく」
 
マッケンジー中将
「国際法で認められた航行の自由作戦を今後も継続する
 この地域で米国と 同盟国の利益を守る用意がある」
 
日本,ベトナム,南シナ海,クアン主席,防衛,外交,米軍,フィリピン,軍事,中国,領土,スプラトリー諸島,
南シナ海をめぐって米海軍は27日、中国が領有権を主張する
諸島付近で軍艦2隻を航行させる 「航行の自由作戦」を実施、
中国の反発を招いていた。/CNNより一部抜粋
 
 また↓のように中国との訓練も止めています
 
米、環太平洋演習への中国招待を取り消し 
南シナ海情勢受け
 
さらに中国にはおとなしくなっていたフィリピンも
少しだけ風向きが変わって来ました
 
中国と戦争も辞さない、
比政権が南シナ海問題で牽制
 日本,ベトナム,南シナ海,クアン主席,防衛,外交,米軍,フィリピン,軍事,中国,領土,スプラトリー諸島,
M203付きのM16などを持ったフィリピン軍兵士 

(中国が)自国の軍隊を攻撃すればそれがレッドライン
(越えてはならない一線)になるだろう、とドゥテルテ大統領が述べた
フィリピン軍が挑発や攻撃を受ける事態になれば戦争も辞さない」
比エスペロン大統領顧問(安全保障担当)談
 ロイターより一部抜粋
 
 5月に中国軍ヘリコプターが、航行中のフィリピン海軍の艦船に
「異常接近」を行った そのヘリコプターの風圧で
艦艇のゴムボートに水しぶきがかかるほどだった
元比海軍大佐のアレハノ議員談/ wsjより一部抜粋
 
この証言からも中国軍の挑発行為は相当にエスカレート
している模様です
 
日本,ベトナム,南シナ海,クアン主席,防衛,外交,米軍,フィリピン,軍事,中国,領土,スプラトリー諸島,
この背景には 前述したように人工島に爆撃機が利用できる
滑走路や対空ミサイル ECM装置等が完備され島々の要塞化が
完全体に近づきつつあることもあるでしょう



人気の過去記事のページ

トップページへ

▲Page Top



引用文はソース元に 
キャプションは管理者に権利があります
inserted by FC2 system